クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

現金化前にクレジットカードの限度額確認をしよう

クレジットカード現金化を利用する上で大事なのは、ショッピング枠の利用可能額です。
カード現金化の利用自体にはっきりとした上限はありませんが、ショッピング枠の利用できる範囲内でしか利用できません。

現金化したいときにはかなり切羽詰っていることが多いですが、いざ申し込もうと思ったときに利用可能枠が分からないとどれだけ申し込んだらいいのか分からなくなります。
そこで、クレジットカードの利用可能枠がどれくらい残っているのかを確認してみましょう。

利用可能枠を調べる方法

まず1つ目ですが、カード会社のコールセンターに問い合わせる方法があります。
必ず問い合わせ窓口としてフリーダイヤルがあるはずです。
しかし照会するにはカード情報が必要になってくるので、手元に必ずクレジットカードを用意しましょう。

コールセンターの営業時間外でも、自動音声で利用可能枠照会ができる場合もあります。
このとき調べなくてはいけないのはショッピング枠の利用可能枠です。
キャッシング枠ではないので注意しましょう。

もう1つの方法ですが、インターネットの会員サイトにログインするやり方があります。
会員サイトではオンラインキャッシングに申し込んだり、たまったポイントを商品に交換したりすることができます。
自分の住所や電話番号など、登録情報も確認ができますね。

あとどれくらいショッピング枠利用できるかも、会員サイトにログインすれば分かります。
カード現金化目的のために利用可能枠を調べたいなら、なんとなくオペレーターとは話したくないでしょう。
そんなときには会員サイトで情報を調べるのが便利です。

利用限度額と利用可能枠の違い

ショッピング枠の利用限度額が10万だと、カード現金化も10万円利用できると勘違いしていませんか?
それは間違っています。

利用限度額とは、その額まで使うことができる最大の金額のことです。
1ヶ月10万円まで使えるという意味ではなく、限度額の枠が上限10万円と決まっているのです。

一度その金額に達したら、返済して利用枠が復活しないと使えません。
例えば10万円の限度額があるクレジットカードで、初日に10万円全部使ってしまったとしましょう。
限度額に達したので、これ以上ショッピング枠は使えません。

でも次の請求日に返済をすれば、その分また利用できる額の余裕ができます。
もし元金1万円プラス利息を返済していたとしたら、1万円がまた使えるようになります。

利用可能枠とは、現時点でどれくらい使えるのかという金額のことです。
カード現金化で重要なのは、この利用可能枠なのです。

カード現金化業者は申込みの最低金額が決まっている?

カード現金化業者を利用する場合ですが、申込金額の上限は特に決まっていません。
でも最低金額は決まっているのです。
最低金額は現金化業者によっても異なり、1万円から申し込めるところもあれば5万円以上じゃないと受付けないところもあります。

あらかじめ自分のクレジットカードのショッピング利用可能枠を調べる必要があるのは、現金化業者の最低金額が決まっているからなのです。
最低金額が5万円の現金化業者なのに、ショッピング枠の余裕があと1万円しかなかったら当然利用ができないのです。

利用限度額は上げられる

10万円の限度額のカードで10万円使ったら、返済するまで使えません。
もっと使いたいのに限度額に達してしまった為、しばらくカードが使えないという人もいるのではないでしょうか。
でも限度額は、契約時のままではありません。
途中で上げることもできるのです。

利用限度額は自然と上がることもあります。
支払い状況も良好で優良な客だと判断すれば。
でも最近では勝手に限度額を上げるのではなく、あげることができると一度連絡してくることが多いかと思われます。

自分で限度額アップを申請する方法もあります。
会員サイトから申し込むこともできますが、直接カード会社に連絡してあげてもらうこともできます。

また、海外旅行や引越しなど特別な事情の為の一時限度額アップとして申請することもできます。
一時限度額アップは一括返済しなくてはいけないので、ボーナスが入るなど支払いのめどが立つときのみ利用したほうがいいでしょう。

これらの利用限度額アップを利用して、カード現金化の利用可能枠を一時的に多くする方法もあります。
ただしカード現金化を目的として限度額アップするのはあまりオススメはできません。
限度額アップを申し込むと、必ず審査されます。

審査とは信用情報機関に借入状況の照会を行ったり、現在の仕事や収入の状態を調べることです。
利用限度額を上げても十分に支払い能力はあると判断されれば、審査に通過します。
審査に通らなければ限度額アップはできません。

また、審査されれば現在のほかの借り入れ状況も知られてしまうこととなります。
カード現金化する人の仲には多重債務で返済に困っている人も多い為、限度額アップ申込がきっかけでカード会社に知られ、マークされてしまう恐れもあります。

利用可能枠が足りなかったら自分でやってみよう

残念ながらキャッシングの利用可能枠が現金化業者の申込み最低金額に達していなかったとします。
でもちょっとでいいから現金が欲しいというときもありますよね。
そんなときは、自分で現金化するしかありません。

小額現金化であればゲーム機でもいいですし、クレジットカードのギフト券を購入するのもいいでしょう。
amazonギフト券を購入する方法もあります。

利用可能枠がどれくらい残っていることを常日頃から把握するのは、自分の借金がいくらあるのか自覚する上でも大切なことです。
計画的な利用をする為にも、ぜひ利用可能枠は意識しておきましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年08月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス