クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

ブラックリストでもクレジットカードを持つ事はできる?

過去に借金をした事がある人、あるいは現在進行形で借金をしている人は、ブラックリストという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

いざクレジットカードを作ろうとした時に、自分がブラックリスト入りしているのではないかとびくびくしている人もいるでしょう。
今後の生活に大きな影響を及ぼす可能性のあるブラックリスト、クレジットカード利用に問題はないのでしょうか。

ブラックリストとは

いわゆるブラックリストとは、過去に金融事故を起こし信用情報機関にその重大な情報を記録されてしまった人の事を指します。
ブラックリストというリストは無いと言われますが、該当する情報が記録されている人は借入審査に通らないと言われています。

信用情報機関とは、クレジットカードをはじめとする全ての借入情報が登録される第三者機関の事です。
日本にある信用情報機関は、以下の通りです。
・CIC(クレジットカードや信販会社)
・JBA(銀行、信用金庫、協同組合)
・JICC(信販会社、消費者金融)

では具体的にどのような事が金融事故と言われるのかを見てみましょう。
・長期に渡る支払遅延(約3か月)
・利用者以外が返済したケース
・債務整理情報

利用者以外が返済するケースとは、保証会社が変わって返済するような事を指します。
このような事柄に該当すると、信用情報機関には異動と記録されるようになります。

借入利用情報はクレジットヒストリーと呼ばれますが、そのクレジットヒストリーに異動を意味する「A」の文字が記載されてしまうと、ブラックリスト入りしたという事になります。

ブラックリストに載った場合の新規申込

銀行の借入で金融事故に起こしてブラックリスト入りをすると、JICCに登録されます。
クレジットカード会社ならCICに登録しているはずだから、クレカを作るならJICCの情報は関係ないんじゃないかと思う人もいるようですが、残念ながらこの3つの期間は情報を共有しています。

だから過去に銀行の金融事故がある人がクレジットカードに申し込むと、ブラックリスト入りがばれて審査に通らなくなるのです。
借金の審査は最初仮審査といって、オンラインで信用情報機関にデータ照会する事があります。
ブラックリストだと瞬時に情報がはじかれ、ものの数秒で審査落ちしてしまう事もあるでしょう。

ブラックリストだけどカードを持っている!

「でも自分はブラックリスト入りしているけど、クレジットカードを持っているよ」
そんな人もいるでしょう。
確かにブラックリスト入りしても、クレジットカードを使う事ができます。

でもそれは新規ではなく、過去に作ったクレジットカードをそのまま使い続けているだけに過ぎないのです。
例えばある消費者金融で3か月以上滞納し、ブラックリスト入りしたとします。
その消費者金融ではキャッシングができなくなりますが、だからといって他の借入も連動して解約させられる事はないのです。

あるいは債務整理でも任意整理の場合、整理をする借金を選ぶ事ができます。
消費者金融は全て任意整理して、クレジットカードだけ残すという事もできます。
そのような場合は、残したクレジットカードを使い続けられます。

ただし、クレジットカードの更新時期には要注意です。
この時期にカード会社は信用情報機関にデータを照会する可能性があるからです。
信用情報機関にデータを照会されてしまったら、一発でブラックリスト入りがばれてしまいます。
そうなると即時にクレジットカードも利用停止を食らってしまう恐れがあります。

もう永遠にクレジットカードは作れないの?

ブラックリスト入りの恐ろしさを立て続けに聞いてしまうと、なんだか悲しくになってきます。
もう永遠にクレジットカードを作れなくなってしまうのでしょうか。

でも信用情報機関に情報が保管されるのは、永遠ではありません。
情報の種類によって、保管期間が決まっているのです。

保管期間は情報機関によっても異なっており、CICだと自己破産が5年で消えるのに、JBAは10年も残ります。
借金を申し込んだという事だけでも、半年間は保管されてしまいます。

つまりどんなに重要な金融事故でも、10年も経てば情報が消されてまっさらになるという事です。
JBA以外ならほとんどが5年で消えてしまうので、3か月以上延滞しクレジットカード強制退会になった事実も5年で消える事でしょう。

ただし、いくら5年で情報が消えるからといって、クレジットカードが作れるかどうかは別の問題です。
まず金融事故を起こした同じカード会社に申し込んだのであれば、10年以上経過しても審査に通らないと思われます。
そして5年から10年で情報が消えてしまった後に全く別のカード会社に申し込んでも、まっさらな情報を怪しまれてしまう事もあります。

カード会社はあらゆる顧客の情報をチェックしているので、何もない信用情報を見て「自己破産した事があるのでは?」ピンとくるようです。
そのような場合はもちろん審査に通りません。

信用情報をチェックしてみよう

自分がブラックリストなのかどうか分からないという人は、一度情報を照会してみるといいでしょう。
本人であれば、金融機関じゃなくても信用情報の開示を求める事ができます。

信用情報の開示請求は、オンラインで行う事もできます。
ほかには郵送、窓口などで開示請求をする事ができます。
詳しくはそれぞれの信用情報機関のホームページをチェックしてみましょう。

また、まれに誤った信用情報が記録されててしまう事や消し忘れなんてケースもあります。
誤った情報である事が証明できれば、消してもらう事ができるでしょう。
おかしな情報が記録され続けていないか確認する為も、自分の信用情報を照会するのはとてもいい事です。

カード現金化とブラックリスト入りは隣り合わせ

キャッシングはすでに借りまくって借りられない、他の借入先の返済が滞ってしまっているので新規申し込みができない…
そんな人でもクレジットカードのショッピング枠に余裕があれば、カード現金化をして支払いする為のお金を作る事ができます。

でも1ヶ月2ヶ月後には、クレジットカードの返済日がやってきます。
その時の返済分のお金を作る事ができなければ結局延滞するしかなく、クレジットカードも利用停止せざるを得なくなります。

延滞が長引けばもちろんブラックリスト入りの対象になるので、カード現金化しなくてはお金が作れないという人はブラックリスト入り予備軍と言えるでしょう。

絶対にブラックリストに載ってはダメ

ブラックリストであっても永遠に情報が保管され続ける訳ではないので、数年辛抱すればまた新たにクレジットカードを持つ事ができます。
でもいくら信用情報が綺麗になったといっても、以前に比べれば審査に通る確率が低くなります。

一度ブラックリスト入りしてしまうと、その後の借入にずっと影響を及ぼしてしまうので、絶対に載らないように気を付けて借金返済しましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年07月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス