クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

JTB旅行券でカード現金化

自分でやる現金化なら、どんな商品を選んで買ったらいいのか悩みどころですね。
現金化業者利用なら指定された商品を購入するだけなのに、自分でやる場合は換金性の高い商品を自ら選ばなくてはいけません。

そんな時には旅行券もお勧めです。
旅行券でも色々ありますが、代表的なのはJTB旅行券です。
では、JTB旅行券を利用したカード現金化方法についてみてみましょう。

JTBのギフト券の種類

JTBとは旅行会社で、「Japan Travel Bureau(日本交通公社)」の略です。
JTBが発行しているギフト券は色々とあり、金券の一種として人気があります。その1つにJTB旅行券があります。
JTB旅行券も人気のギフト券です。

JTBトラベルギフト

JTBトラベルギフトはカード型のギフト券です。
あらかじめ用意されたデザインだけではなく、メッセージや写真のプリントをオーダーすることができます。
その為、様々なシーンのお祝い事にピッタリです。

額面は5千円から50万円の間で自由に金額設定ができます。
実家の両親に旅行をプレゼントしたいけど旅行先は自由に選んで欲しい、でも現金を渡すのはそっけない…そんな時にJTBトラベルギフトが便利です。

ナイストリップ

JTBナイストリップは、昔からJTBの旅行券と呼ばれているものです。
お札ぐらいの大きさの紙でできており、1千円、5千円、1万円と3種類の額面があります。

こちらもギフトに利用することは可能で、熨斗紙を付けて大切な人に贈る人も多いでしょう。
別料金を支払って、メッセージを入れることも可能です。
切符やツアー代金支払いに使え、有効期限もありません。

利用する方が多い旅行券です。

その他の商品

他にもナイスギフトやハーモニフトという商品があります。
ナイスギフトはJCBギフトカード加盟店で使えるギフトカードの事で、旅行券ではありません。
お店で普通の買い物をするときに支払いに利用できます。
ハーモニフトはカタログの中から好きな旅行先を選んでもらうギフト券です。

こちらはショップによっては買取りしていないところもあります。

クレジットカードで買える条件

クレジットカードでJTBのギフト券を購入するなら、JTBのサイトにアクセスしなくてはいけません。
クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードの他、場合によっては3Dセキュアの認証パスワードが必要になります。

利用できるクレジットカードはVISA、マスターカード、JCB、アメックスで、日本国外で発行されたカードは使えません。

しかもクレジットカードで購入できるのが、JTBトラベルギフト(カードタイプ)とハーモニフトだけです。
JTBトラベルギフトは10万円まで、ハーモニフトは14万円までと上限金額が設定されています。

また、ネット申込をすると送料が500円かかります。
支払方法は一括払いのみなので、十分に注意して購入しないと後から多額の請求がきて慌てることになります。

現金化目的だと支払いは分割にしたいと思うことも多いでしょうが、翌月に一回払いの請求がきますから要注意です。

買取価格は?

昔からある紙のJTB旅行券の場合、95%から98%とかなりの高還元率で買い取ってくれる金券ショップが多いです。
しかし、JTB旅行券はクレジットカードで購入できません。

クレジットカードで購入できるJTBトラベルギフト(カード型)ですが、買取ができないショップも多いのです。
カードタイプは未使用なのかどうかぱっと見で分からないので、買取に対応していないショップもあるのです。

もしカード現金化が目的なら、「JTBトラベルギフト・買取」と検索して買い取ってもらえるショップを探しましょう。

JTBトラベルギフトを買い取ってくれるところなら、90%以上になります。
ハーモニフトは買い取ってもらえるところは少ないので、現金化するならトラベルギフトを利用するほうが良いでしょう。

JTB旅行券以外の旅行券で現金化

JTB旅行券はJTBが発行している旅行券ですが、JTB以外の旅行会社などで発行されている旅行券で現金化するのはどうなのでしょう。
買取率はJTB旅行券と同じくらいで買い取ってもらえるものもありますから、他の旅行券で試してみるのも良いでしょう。

びゅう商品券

こちらはJR東日本、JR北海道系列で使うことができます。
主に乗車券、旅行商品、旅館やホテルなどの宿泊券、入園券及び観光券として使うことができます。

ただやはりクレジットカードで購入することができないため現金化に向きません。ですが、買取率は旅行券の中でもトップクラスです。
クレジットカード購入ができるネット営業している金券ショップなどで購入し、手に入れられれば高い還元が期待できます。

全日空旅行券

こちらはANA系列で使うことができる旅行券です。旅行代金の支払い、ホテル、レジャー、レンタカーなど様々な場所で使えます。
この旅行券ですが、ANAのカードなら使うことができます。購入上限はあるかもしれませんので問い合わせてみましょう。

ホームページから購入できますが、登録が必要になります。

買取率はこちらも90%以上が期待できます。

VISAトラベル旅行券

今は「VJAトラベルギフトカード」という名称になっており、こちらは旅行代金専用の商品券です。
小田急トラベル、近畿日本ツーリスト、京王観光など14の旅行会社の旅行代金の支払い時に使うことができます。こちらは「三井住友VISAカード」でのみ決済ができます。

買取率は95%前後ですから、とても換金率は良いといえます。
インターネットから購入することができます。

その他、各旅行会社から旅行券が発行されているものの、クレジットカードで決済することができません。現金または銀行振り込みになっています。
旅行券は金券ですから、クレジットカードで決済することができないものが多くなっています。

けれど、ネットからクレジットカード決済で購入できる金券ショップなどもありますから、そういった方法を利用するのも良いでしょう。

JTBでカード現金化のまとめ

JTBのギフト券類でカード現金化をするなら、JTBトラベルギフトを選びましょう。
JTBのサイトから10万円までカード購入が可能です。
ただし送料が500円かかることを忘れてはいけません。

買い取ってもらえるショップは多くないですが、インターネットで探すことは可能です。
10万円のトラベルギフトの買取率が92%だと、92000円を現金化できます。

500円の送料を引いたら91500円、つまり8500円の手数料を支払うことになります。
単に92%の還元率の現金化業者と同じだという訳ではありません。
これだけの損失があると理解した上で、カード現金化をしましょう。

また、一括払いであれば金利はかかりませんが、後からリボ払いに変更してしまうとおよそ18%の金利手数料をカード会社に支払わなくてはいけません。
金券を購入した分の支払いをリボ払いに変更できるかどうかは、カード会社によります。
金券購入履歴で現金化が怪しまれるリスクもあるということもしっかり理解しましょう。

他の旅行券も調べてみるのもありです。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年08月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス