• トップページ
  • カテゴリ
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問
  • トップページ
  • カテゴリ
  • 自分でやる現金化
  • 基礎知識
  • 良くある質問
  • 裏技
  • 詐欺トラブル
  • その他
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問

クレジットカードが止められた!不正の疑いとは?利用の再開は可能か?

突然、クレジットカードの利用が停止されたら驚きますよね。
一体自分が何をしてしまったのか・・・。

カード会社に問い合わせてみると保留になっている決済があるとのこと。
このような場合、どのように対処したら良いのだろうか。

クレジットカードが利用停止になることや不正検知システム、どのようなケースで不正利用が起きるのか、不正対処法とともに説明します。

不正利用でクレジットカードが利用停止になる

今やクレジットカードは1人1枚は持っている時代となってきました。
多くの人が利用するこのクレジットカードが犯罪に使われることも増えています。

フィッシング詐欺やスキミングによってクレジットカードが不正に利用される被害が急増し、それを防ぐため、疑わしい決済があった場合、カード会社の不正検知システムにより、決済が一旦保留となり、カードも1度利用が停止されます。

その後、カード会社はすぐに本人が決済を行ったものかどうか確認をします。そこで初めて被害に気付くこともあります。
カード会社の不正検知システムに引っかかることができれば、カードが被害に遭う前に食い止めることができます。

しかし、この不正検知システムは、完璧ではなく、自分自身で行った買い物であっても不正として判定されてしまう場合があります。

不正検知システムはどんな取引をチェックしているのか

どのような利用をした場合に、不正検知システムは働くのでしょうか。

例えば、あり得ない頻度で高額決済が続いた場合や利用場所や利用時間から本人の利用とは考えにくいと判断された場合、海外で高額な決済があった場合などに不正検知システムにより、カードの利用は一時停止します。

その後、本人が決済した確認が取れればカードは再開されます。

不正利用が発覚した場合、そのカードはどうなるのか

もし不正検知システムによって不正が発覚したら、カードはそのまま利用停止になり、その後無効処理が行われます。
そして、新しいカード番号によってクレジットカードは再発行されます。

クレジットカード払いにしているものがあれば、新しいカードでの支払いに変更しなければなりません。

もし、カードを紛失していたり、怪しいお店でカードを決済したなど、見に覚えがあれば、すぐにカード会社に連絡し利用停止にしてもらいましょう。
場合によっては、警察に被害届を出します。

補償がある

ほとんどのクレジットカードには盗難保険が付帯しています。
もし、不正に利用された場合は、その補償によって不正利用された分は支払う必要はありませんが、中には補償されないケースもあるので要注意です。

例えば自身の過失によって不正利用されてしまった場合、暗証番号が誕生日や車のナンバーになっている、カードの裏面に暗証番号を記載している、家族に渡していたなど、こういった場合が補償対象外ですので注意しましょう。

どのようなケースが考えられるか

不正利用はどのように行われるのでしょう。
ネットショッピングではカード番号と有効期限、カードの名義人氏名があれば決済できてしまいます。

ですからスキミングされてしまった場合は、あっという間にカードが利用できてしまいます。
ネットショップのようなECサイトから情報が流出してしまうこともあります。

自分が信頼できるサイトで利用するようにしましょう。また、自分でカードを落としてしまい、不正に使われてしまうこともあります。

これは自分の不注意が原因です。このようなことがないよう気を付けましょう。

また、心当たりのない怪しいメールは開かないようにしましょう。有名企業を名乗ってメールを送ってくることもありますが、メール内容に心当たりがなければ無視しましょう。

不正利用の対処法

カードの裏面に必ず署名をしておくこと

カードが届いたら裏面の署名に必ず名前を書いておきましょう。
これも不正利用されないため、本人かどうか確認のためです。

暗証番号推測されにくいものにする

暗証番号は分かりやすいものにしてはいけません。
誕生日、電話番号などはやめ、第三者から推測されにくいものにしましょう。

カードの管理はしっかりと行う

クレジットカードはお金に替わる大切なものです。
必要のないときは持ち歩かないなど、管理はしっかりと行いましょう。
誰かに預けるようなことはしてはいけません。必ず自分で管理しましょう。

利用明細はチェックする

毎月の利用明細は必ず確認しましょう。
月末だけでなく半ばあたりでも1度確認しておくと不正があった場合、早期発見に繋がり被害が最小限で済みます。

クレジットカードに関する怪しいメールがきても開かない

カード会社を装ってメールが届くことがあります。偽のメールでも気付かず開いてしまいそうですが、添付ファイルに誘導するような怪しい内容や心当たりのない内容であれば開くのはやめましょう。

迷った場合、1度カード会社に確認してから開きましょう。

ネットショップは信頼できるサイトを使う

ネットショップは信頼できるサイトを使いましょう。
セキュリティに心配がある場合や海外のサイトではクレジットカード登録は慎重に行いましょう。

カード会社へ連絡

もし、不正利用があったらすぐにカード会社に連絡をしましょう。

警察へ相談

カード会社へ連絡後、警察へも被害に遭ったことを相談しましょう。

セキュリティの高いクレジットカード

クレジットカードの種類やクレジットカード会社によってセキュリティの高いカードがあります。
アメックスはステータスが高いだけでなく、セキュリティも高く、サービスも充実しています。ただ年会費が高く、一般の人が持つには少々をハードルが高いカードです。

また、三井住友カード、楽天カード、JCBカード、エポスカード、セゾンインターナショナルカードはそれぞれ独自のセキュリティを備え、不正利用を厳しくチェックしています。不正利用された際も迅速に対応してくれるから安心できます。

クレカを使って即日現金を調達する方法

クレジットカードでお金を作る

クレジットカードで現金を作ることができます。

やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。

30分くらいで現金を振り込んでもらえます。

仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。

業者にやってもらうと、カード利用停止のリスクが軽減されるのと、不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。

もちろん「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。収入がない無職の人や、専業主婦でも利用できます

返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。

闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。

私がおすすめする現金化業者は「アースサポート」です。

営業時間は7:30〜22:00と遅くまでやってくれているし、土日祝日も営業していてい即日振り込み可能です。

最高換金率は98.8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。


アースサポート

金額はカードにもよりますが、私の楽天カードでは30万円まで行けました。

無料見積もりも出来るので、気になる方は是非公式サイトから申込してみてください。