クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

コンサートチケットを使ったカード現金化のやり方と問題点

人気のアーティストのコンサートチケットは入手するのも競争率が激しく、ファンの間では喉から手が出るほど欲しいものでもあります。
欲しい人がいれば売ってお金にすることも可能なので、カード現金化に利用する方法もあります。
しかし、コンサートチケットの転売は色々と問題点も山積みです。

クレジットカードでコンサートチケットを購入する方法

コンサートチケットは、一般的にはプレイガイドを通して購入します。
プレイガイドとはチケット販売専門店の事で、ウェブから購入申し込みが可能です。
支払方法は数種類から選べ、クレジットカードでの購入も可能です。

プレイガイドのウェブサイトからチケット購入手続きをすれば、申込番号を持ちコンビニで発券します。
オンラインでクレジット決済が済んでいれば、コンビニでチケット代を支払う必要はありません。

また、いい席を取るには先行発売を狙わなくてはいけません。
ファンクラブ先行発売やCD購入者限定先行発売、プレイガイド会員先行発売など色々とあります。
人気のチケットは発売すると同時に完売する恐れがあるので、素早く予約する必要があります。

コンサートチケットを買い取ってくれるところは?

クレジットカードで購入したコンサートチケットを売却すれば、カード現金化ができます。
コンサートの売却方法はいくつかあります。

・知人へ直接売る
・SNSを利用してチケットが欲しい人を募る
・当日コンサート会場でチケットを欲しがっている人に売る
・オークションに出品する
・チケット買取専門店に買い取ってもらう

たまたま周囲にチケットを欲しがる人がいたらいいのですが、いるとは限りません。
カード現金化目的のためにチケット売却をするなら、オークションやチケット買取店を利用するのが無難でしょう。

コンサートチケットを売る場所は、普通の金券ショップではダメです。
もちろん金券ショップでも買い取ってくれるところはありますが、コンサートチケットを専門的に取り扱っているところがいいでしょう。

コンサートチケットでカード現金化することの問題点

コンサートチケットは新幹線回数券に取って替わるカード現金化の手法になりうるのではないかと思いがちですが、色々と問題点もあります。
カード現金化するに当たって、コンサートチケットにはどんな問題点があるのか考えてみましょう。

転売を禁止しているアーティストが多い

チケット転売自体は法で禁止されている行為ではないものの、転売を禁止しているアーティストも多いです。
あまりにもチケット転売目的の買い占めが横行したため、入場する時には本人確認をするコンサートもあります。
購入した人と入場する人が異なる場合、会場へ入場できないのです。

そうなると、わざわざ他人からチケットを購入した人はコンサート会場へ入場できなくなります。
そういった対策が取られているコンサートのチケットは、購入する人も少ないでしょう。

仮に購入する側が本人確認の事を知らずに売買が成立したとしても、会場に入れないチケットを売ってしまうのはモラル的にも問題がありトラブルの元です。

違法行為になることがある。

チケット転売自体は違法ではないと言いましたが、転売目的でチケットを買い占め、価格を吊り上げて高値で売る行為はダフ屋行為に当てはまり、違法になります。
ダフ屋はネットが無い時代からあり、コンサート会場の周囲で高値でチケットを売りさばく怪しげな人がいたものでした。

今はダフ屋もネットの時代で、ネットオークションで人気アーティストのコンサートチケットが多く出品されて高値が付けられています。
しかし定価以上で販売で利益を得る行為はダフ屋なので、注意しましょう。

売れる保証がない

ネットオークションなどを利用した場合、必ずしも入札する人がいるとは限りません。
せっかくクレジットカードで購入したチケットも、売れなければ現金化ができないのです。
残される手段としてはやはりチケット売買の専門サイトですが、こちらでも興行の内容によっては買い手がつかない可能性もあります。

期間が限られている

コンサートチケットは、売れる期間が限られています。
興行日が過ぎてしまったらチケットは何の価値もない紙切れと化します。
ですからコンサート日までに、確実に売らなくてはいけません。

目当てのチケットが購入できるとは限らない

すぐ買い手がつきやすい人気のチケットは、それだけ競争率が高く入手困難です。
狙い通りにはいかず、結局買えなかったという事にもなりかねません。

定価で売っても100%還元にはならない

チケットガイドで購入してコンビニで発券する場合も、手数料がかかります。
チケット売買サイトやネットオークションでも手数料がかかりますね。

諸々の手数料合計が約1,000円になったとき、8,000円のコンサートチケットを定価で売ったとしても還元率は87.5%です。
定価以上で売るとダフ屋行為に引っ掛かる為、金券ほど還元率の高い品物という訳にはいかないのです。

コンサートチケットでカード現金化するときの注意点まとめ

もしクレジットカード現金化をする為にコンサートチケットを購入するなら、以下の点に注意しましょう。

・本人確認がない興行を選ぶこと
・コンサートチケットを専門に売買、買取しているサイトを利用すること
・定価以上で販売しないこと
・手数料についても忘れないこと

他に現金化する品物が思い付かないという時にコンサートチケットを選ぶのはアリですが、あまり詳しくないものに手を出すのは避けた方が賢明です。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年07月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス