クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

スマートフォンを利用したカード現金化とは

中古のスマートフォンは機種変更の際に携帯ショップで下取りしてもらうこともできますが、中古品ショップやオークションでも売りに出されていることがあります。
人気の機種は中古品でも人気があり、買い取ってもらえるのです。
ではスマートフォン端末本体転売を利用してカード現金化はできるのでしょうか。

スマートフォンはクレジットカード購入可能

スマートフォン端末本体の購入金額を、クレジットカードで支払うことは可能です。
その場合、販売店がクレジットカードの加盟店であることが重要です。

携帯ショップ以外なら、家電量販店でスマートフォン購入ができるでしょう。
大手家電量販店はあらゆる国際ブランドに対応しているので、ほとんどのクレジットカードでスマートフォンが購入できます。

携帯ショップで分割払い契約・転売で現金化?

携帯ショップでも、もちろんクレジットカードでスマートフォンを購入できます。
一括払いで購入もできますが、分割払いにしている人も多いでしょう。
スマートフォン本体は非常に高価で、一括払い購入はかなり負担になります。

中には分割払いでスマホ購入し、すぐに転売し現金化している人もいるようです。
ただし、分割残債がある状態で転売すると、何かと問題が多いです。

分割払いを順調に支払い続けていたら問題ありませんが、支払が滞ってしまったら通信利用にロックがかかってしまいます。
そしてもし回線契約を解約したとしたら、残債一括払いを求められる可能性もあります。

現金化目的で、新規契約後に即解約することを繰り返していると、新たに携帯電話会社と契約しようとしたときに拒否されてしまうリスクもあります。
ですからスマートフォンを中途解約して転売しカード現金化する行為は、むやみに手を出さない方がいいでしょう。

0円携帯や乗り換えボーナス

携帯電話の契約をする代わりに機種本体価格を0円にする、いわゆる0円携帯というものがありましたね。
その0円携帯・スマホを契約後転売し、現金化している人も多かったです。

また、携帯ショップは顧客を獲得するため、独自にキャッシュバックサービスを付けていました。
そのキャッシュバックを目的とし、携帯電話会社を渡り歩く人もいたものです。

今では0円携帯も過度なキャッシュバックも制限された為ありません。
携帯電話会社を乗り換えたり0円携帯を転売したりして現金化する行為は、現在は現実的ではないでしょう。

入手困難新型スマホ

iPhoneは根強いファンやコレクターが多い為、新型が出ると予約が殺到します。
発売日にはアップルストアに行列ができるほどの人気です。

新型iPhoneもしばらく経てば入手可能になるのですが、早く入手したいと思う人も多いのです。
その為、発売したばかりの新型iPhoneがオークションや中古ショップで売られることがあります。

このように、入手困難でみんなが欲しがるスマートフォンをクレジットカードで購入し、転売すれば現金を入手することができます。

中古スマホはどれくらいで売れる?

2016年12月現在、iPhone7プラス(256gb)は最大73,000円で買い取ってくれるところがあります。
新品の販売価格は約10万円から11万円ぐらいですね。

つまり、もしiPhoneでカード現金化しようと思っても、70%は切ってしまうことになります。

ただしオークションで個人間の売買をする場合には、もう少し還元率が高くなる可能性はあります。

中古スマホを売買する時の注意

一度購入したスマートフォンを転売して現金化する際には、必ず付属品も付けましょう。
1つでも付属品が欠けていたら、どんなに状態のいい端末でも買取査定が下がってしまいます。
新品により近い状態で付属品が全て揃っていれば、スマートフォンの買取額は高くなります。

また、一度でも自分で使用したことのあるスマートフォンを転売する時には、データ消去に気を付けて下さい。
アプリの削除だけではなく、電話帳や画像をしっかりと削除します。

特に気を付けたいのはおサイフケータイや電話帳です。
データが残っていたら不正利用や個人情報漏洩に繋がるので注意しましょう。

また、他の端末にデータを移したいならバックアップが重要です。
失くしては困るデータは、必ずSDカードなど他記憶媒体へバックアップして下さい。

クレジットカード現金化目的でスマホ転売はアリ?

人気機種のスマートフォンは中古ショップでも直ぐに買い取ってもらえますが、買取額は高くても70%を切ってしまうと思っていた方がいいかもしれません。

現金化業者はまともなところなら、85%以上の還元率が狙えます。
現金化目的でスマートフォンを購入するのは、あまり効率がいい方法とは言えないでしょう。

ただし、スマートフォン購入後にどうしても現金が必要になってしまった時は、最後の手段として使えるかもしれません。
ただし分割料金一括払いや中途解約のペナルティなど、リスクを伴うことは十分に理解しましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年10月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス