クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

カード現金化業者の利用規約に要注意!

新たなサービスに申し込むとき、びっしりと書かれた利用規約を渡されることが多いですね。
字がびっしりと書かれていると拒否反応を起こし、読みたくないと思う人も多いでしょう。

急いでいるときにはいけないと思いつつ、利用規約を読まずに飛ばしてしまうケースモア多々あります。
しかし利用規約は大事なもので、読まないと後から面倒になることがあるのです。
特にカード現金化は怪しげな業者も多い為、注意が必要です。

悪質な業者は読まない事を想定

利用規約は読まないといけないものですが、実際読まない人も多くいます。
読まない理由は以下の通りです。

・読むのが面倒
・時間がかかる
・どうせ書いてあることは決まりきっている
・ちゃんとした会社なら常識はずれなことは書いてないだろう

恐らくこのような理由から利用規約を読まないのではないでしょうか。
でもカード現金化は、悪質な業者が多いです。
利用者が利用規約をちゃんと読まないことを想定して、とんでもない条件を記載することあります。

サービスを利用後、思ったのと違うことが出てきたとします。
後から「こんなの詐欺だ!」とクレームをつけても、利用規約に書いてあったでしょ?と主張して突っぱねるのです。
そしてサービス利用者は利用規約を確認していないことを後悔し、泣き寝入りしてしまうのです。

悪質業者の利用規約の例

悪質業者によくあるのが、換金率や手数料についての利用規約です。
ウェブサイトには高還元率と謳っているのに、実際に利用してみたら50%以下のとんでもない低還元率になってしまたなんてこともありますね。

詐欺だと主張しても、利用規約に小さな文字で手数料や還元率について但し書きがされているのです。
消費税を理由に手数料を多く取るとこともあります。

悪質業者の利用規約は一方的に業者だけが得するものです。
amazonギフト券を取り扱った悪質業者の利用規約にも酷いものがありました。
amazonギフト券にはコード番号というものがあり、その番号を入力してチャージができるようになっているのですが、買い取ったギフト券のコード番号に一度でもエラーが出ると還元率を保証しないというのです。

コード番号はランダムな英数字の羅列ですので、時には打ち間違いなどでエラーが出ることもあります。
そんな場合でもお金が戻ってこないケースがあるのです。

また、買取率は基本15%ととんでもない低い還元率を利用規約に載せている悪徳業者もいます。
ウェブサイトに掲載しているのはあくまでも最高還元率で、実際に適用される還元率は異なってくるのです。

他にもキャンセルは受け付けない、キャンセルを申し出る場合は手数料が発生するというケースもあります。
カード決済後にキャンセルするなら、処理に手間がかかりますので多少の手数料は仕方ないでしょう。
でもサイトから申し込んだだけの段階なのに、一切キャンセルを受け付けず手数料が発生するのはおかしなことです。

そして現金は1回ではなく分割して振り込むなどといった怪しげな規約が記載されることは多いです。
分割払いも1回払っただけで後はまったく支払われない被害が多いので注意しましょう。

騙されたらどうする?

カード会社の利用規約違反という後ろめたさがあるので、現金化業者に騙されたら泣き寝入りする人が多いです。
そこに付け込んで、悪質なカード現金化業者は大胆に詐欺を行います。

騙されたらもう警察に届け出るしか、悪質業者を懲らしめる方法はありません。
しかし現金化がカード会社へばれて利用停止になるリスクは十分にあります。

変な業者に当たった時の対策

利用規約を十分に読むことも大事ですが、万が一変な業者にあたったときの対策を取っておくことも大事です。
メールで申し込んだ直後に怪しい業者だと発覚したけど、キャンセルを受け付けずしつこい業者もありますね。

そんな場合は思い切ってメールアドレスを削除してしまいましょう。
被害に遭った時にパッとメールアドレスを捨てられるように、現金化専用のフリーメールアドレスを用意しておくことも大切です。

そうすれば万が一メールアドレスが流出してスパムメールが大量に届いても、アドレス自体を削除すればいいのです。
ネット申込時にはフリーメールアドレスを使用するのは、最早常識となっています。

カード現金化だからこそ利用規約をよく読もう

利用規約は面倒だから読まない、申込時間を短縮して少しでも早く現金化したいという気持ちは十分に理解できます。
でもそうして慌てて申し込んだ結果、利用規約の落とし穴を発見できず詐欺にあってしまうのです。

人の弱みにつけ込みやすい商売だからこそ、利用規約はよく読むべきです。
少しでもおかしいと思ったら、その業者は使わないようにしましょう。

また、普段から優良な現金化業者をチェックしておけば、いざという時に慌てないですみます。
・利用規約はよく読む
・プリントアウトして証拠を残す
・普段から優良業者を選別しておく

以上を踏まえて、現金化業者を選ぶようにしましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、おひさまクレジットです。

メール問い合わせで24時間365日すぐに返信もらえます。最高金率は97%と業界でも高い水準です。 対応中の銀行が多くて夜間や、土日祝日も振込の対応してもらえます。 創業12年の実績があって、リピーターも多くてあんしんして利用できる優良業者さんです。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、おひさまクレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年05月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


最短でクレジットカードを現金化してもらえるサービスです