クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

年金受給者でもクレジットカードを持つ事はできる?

多くの人は歳を重ねるとやがて定年を迎え退職、そして年金を受給しながらの隠居生活へと移ります。
しかし会社を定年退職して字年金受給者になったからといって、お金が必要じゃないなんて事はありません。

人との付き合いは続きますし、生活費以外にも交際費やレジャー費など様々なお金が必要になります。
そんな年金受給者でもクレジットカードがあれば、手持ちの現金が足りなくなったときに支払ができて便利ですよね。

ここでは年金受給者でもクレジットカードが持てるのかを考えてみましょう。

年金受給者でもクレジットカードが作れる

クレジットカードは収入がないと作れないのでは?それだと年金受給者はカードが作れないんじゃないかって疑問に思う人も多いでしょう。
しかし、年金も立派な収入として捉えられて、クレジットカードを作れる可能性があります。

年金は定期的に安定して手元に入ってくる収入です。
申込と審査方法は普通と変わりません。
ただ、収入欄に年金受給者である事をしっかりと明記する事が大事です。

収入は月収ではなく、年収を聞かれる事が多いでしょう。
年金以外の収入があれば、その収入も併せて申告します。

年齢制限に注意

年金は安定収入と言えるので、日雇いなどに比べるとよほど審査面では待遇がいいはずです。
でも気を付けないといけないのが、年齢制限です。

いくら年金収入の額が多くて安定していても、年齢制限を超えてしまうとクレジットカードは作れません。
例えば上限が70歳であるクレジットカードの場合、70歳を超えると作れなくなります。
年金受給者は高齢者でしょうから、上限に引っかかってしまう可能性が高くなります。

ただし公開している年齢制限は、新規申込の時のみと考えられます。
継続利用の場合だと即解約という事にはならないかもしれないので、継続可能な年齢はいつまでなのか前もって確認しておくといいでしょう。

・障がい者年金でも可能?

高齢になって受給できる国民年金でもクレジットカードを作れるのですから、障がい者年金でも同様の事が言えます。
若ければ年齢制限も心配せず、クレジットカードに申し込めるでしょう。

審査に落ちてしまう理由

年金受給者でもクレジットカードに申し込める事が分かりましたが、作れる可能性はあっても審査に必ず通るという訳ではありません。
やはり現実は厳しく、審査に落ちてしまう事が多いのです。

まず考えられるのが、単純に高齢だという点です。
高齢だと転職・就職は困難になります。
年金受給の身で収入アップは望めないでしょう。

そして高齢だとこの先健康に対する不安点も大きくなり、借金が回収できなくなるリスクがあるのです。
金融機関はそういった点を懸念して、高齢者の借金審査をより厳しくしています。

他の借入の存在も影響してきます。
他にキャッシングカードローンがあれば、会社勤めの人よりもさらに審査面で厳しくなります。

申し込み後に掛かってくる金融機関からの連絡に、しっかりと対応できるかもポイントとなります。
受け答えがはっきりせずクレジットカードの借入への理解が乏しいと捉えられてしまうと、審査で落とされてしまうでしょう。

また、逆に今まで借入れ実績が無い人も、審査面で疑問視されるのではないかと言われています。
これはいわゆるクレヒスの問題です。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの事です。
クレジットカードや他のカードローンを利用すると、信用情報に記録が残ります。
これがクレヒスです。

まったくクレジットカードの利用歴がない人は、クレヒスがまっさらな状態です。
クレヒスがまっさらなのは一見するといい事だと思われがちですが、長い人生で借入のひとつやふたつ有ってもいいもので、例え借入があってもしっかり返した実績があればいいと判断されます。

まっさらな状態だと金融機関は何も判断はできません。
何もないクレヒスを見て、もしかして自己破産したのではと思われる事もあります。

家族カードという選択もあり

もし自身の名義でクレジットカードを作る事ができなければ、家族カードを持たせてもらう事も考えてみましょう。
家族カードとは、安定した収入がある本会員を元にして契約し、その家族にクレジットカードを持たせる事ができるサービスです。

審査は本会員のみで、支払も本会員が行います。
分かれているのはクレジットカードのみです。

旅行先などでも、この家族カードがあればいちいち本会員のサインや承諾を必要とせず買い物ができます。
同居している家族にクレジットカード所有者がいるなら、自分の利用分は年金から支払うからと家族カードの作成を掛け合ってみるといいでしょう。

クレジットカードがあるならカード現金化が便利

既にクレジットカードを持っている人なら、年金受給者になったからといって解約される事はないでしょう。
もちろん支払がキチンとされている人に限ります。

サラリーマン時代に作ったクレジットカードを持っていても、難なく更新できる可能性は十分にあります。
でもいざ現金が必要となった時、キャッシング利用は年金受給者にとって厳しいものとなります。

キャッシングやカードローンは、総量規制によって制限されています。
年金受給が少ない場合、新たにキャッシングしようと思っても審査が通らないかもしれないのです。

そんな時にはクレジットカード現金化が便利です。
カード現金化は審査不要で、ショッピング枠の現金化ができるサービスです。
ネットから申し込んで、誰にも合わず現金を調達できます。

だからこそ年金受給者がほんの少し現金が必要となった時には、カード現金化が重宝するのです。

年金受給者がクレジットカード現金化をする注意点

誰にでも共通する注意点ですが、年金受給者は高齢者が多いので特に詐欺に注意する必要があります。
歳を取るとどうしても変化に疎くなり、詐欺情報を上手に得られなくなります。

ネットに不慣れなら利用は避け、自分でやるか店舗型を利用した方が無難です。

また、現金化した後は必ずクレジットカード会社から請求がある事も忘れてはいけません。
限られている年金ですから無駄にせず、必要最小限の現金化だけに留めておくといいでしょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年09月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス