クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

nanacoの残高をキャッシュバック!クレジットカード現金化への活用

nanacoといえばセブンイレブンで活用できる電子マネーですね。
2009年からサービスが開始されていますが、最近加盟店も増えており利便性も高まっているので、クレジットカード現金化への活用が気になるところです。
そこで気になるnanacoの現金化方法について調べてみました。

nanacoについてのおさらい

nanacoはセブン&アイホールディングスが発行している電子マネーで、2018年8月には利用可能な店舗数が33万店をを超えています。
セブン&アイホールディングスはセブンイレブン、イトーヨーカドー、セブン銀行を傘下に持つ流通グループです。
nanacoはこれらグループ会社でお得に使える電子マネーなのです。

例えばコンビニのセブンイレブンでのメリットを見てみましょう。
セブンイレブンでの支払いにnanacoを使用すれば、買い物金額100円につきnanacoポイントが1ポイント貯まります。
1ポイントは1円の換算で、支払いにも使用する事ができます。
イトーヨーカードーでも同様で、買い物価格の1%の還元率でnanacoポイントが付与されます。

ポイントカードの中には200円で1ポイントの還元率である事が多いので、ポイントの点でも非常にお得なカードと言えます。

nanacoの申込方法と条件

nanacoに申し込むのに特別な条件は要りませんが、15歳以下の場合は親権者の同意が必要です。
申込方法は店頭もしくはウェブの2通りです。
セブンイレブンなどの店頭に申込書があるので、必要事項を記入しレジやサービスカウンターで受け付けてもらいます。

ウェブの場合、nanacoのサイトからウェブ申込作成ページへと移り、必要事項を入力して送信します。
その後受付完了メールを受信するので、カード入会を受け付けている店頭でメールを提示してカードを受け取ります。

年会費は無料ですが、初回のみ発行手数料が300円かかります。

nanacoの最大のメリット

nanacoはポイントの還元率がいいという点もメリットなのですが、グループ企業でサービスを利用すると1%の還元率でポイントが付与されるのは、特に珍しい事ではありません。
でも他の電子マネーとは異なるメリットがnanacoにあるのです。

それは、nanacoは他の電子マネーでは買えない物が買えるという点です。
通常タブーとされている金券や切手・ハガキ、ネット予約分の航空券、税金の電子マネー支払いが、nanacoでは可能となります。

もちろん自社グループでの利用に限っての事ですが、この点がnanacoがカード現金化に活用できるキーポイントになっているのです。

通常のnanacoとnanacoモバイル

nanacoにはカード以外にもnanacoモバイルというタイプがあります。
nanacoモバイルは携帯電話・スマートフォンを電子マネーのカードのように読み取り機にかざして、決済する事ができる機能です。
利用できる機能は通常のnanacoカードと変わりませんが、携帯・スマートフォンと一緒だと忘れにくいというメリットがあります。
サイフの中に入れるカード類を減らしたいという人にも、nanacoモバイルは向いているでしょう。
申込書類も不要で、アプリをダウンロードして登録するだけで簡単に使えます。

ただし、スマートフォンはアンドロイドのみでiPhoneには対応していません。
nanacoモバイルは機種変更しても残高を引き継いで使えますが、アンドロイドからiPhoneに変更すると使用できなくなるので注意しましょう。

nanacoへのチャージ方法

nanacoへチャージする方法は、現金、クレジットカード、nanacoギフトカードからの3通りがあります。
さらにnanacoポイントを電子マネーに交換する方法があります。

1)現金でチャージ

現金でチャージする方法は至って簡単です。
店員に「チャージ希望」と伝え、希望金額のお金を渡してnanacoカード、もしくはnanacoモバイルをかざします。
セブンイレブンやイトーヨーカドーはもちろん、ドラッグストアやファミリーレストラン、ガソリンスタンドなどでもチャージに対応している店は多くあります。

現金でチャージする方法は他にもセブン銀行ATM、nanacoチャージ機を使う方法があります。
nanacoチャージ機はイトーヨーカードー、アリオ、ダイイチなどに設置されています。
チャージ機はお釣りが出ないので、注意が必要です。

2)クレジットカードでチャージ

自分名義のクレジットカードでnanacoへチャージする事も可能です。
クレジットカードチャージは、その都度チャージする方法と、買い物時に残高が足りなくなった時に紐付されているクレジットカードから自動でチャージされるオートチャージがあります。

その都度チャージは初回のみnanaco会員メニューでクレジットカードの事前登録が必要です。
事前登録はnanacoカードに入会してから10日以上経過しないとできません。
店舗でも事前登録ができないので、あらかじめウェブで済ませておきましょう。

事前に登録を済ませておけば、nanaco会員メニューからチャージができます。
残高確認は店舗でも可能です。オートチャージも事前にクレジットカード登録が必要ですが、一度済ませておけば後は残高が足りなくなった時に勝手にチャージしてくれます。

オートチャージする金額は設定が可能です。
例えばオートチャージを実行するnanaco残高を1000円にした場合、残高が1000円を下回るとオートチャージしてくれます。
チャージ金額も5000円から10000円の間で1000円単位で設定ができます。

登録できるクレジットカードには国内ブランドが数多くありますが、セブンカードプラス、セブンカード、クラブオン、ミレニアムカードなどはチャージでもカードポイントが貯まってお得です。
ただしオートチャージに設定できるクレジットカードは少なく、セブンカードプラス、セブンカードとなっています。

クレジットカードでのチャージは1回のチャージは5000円以上1000円単位で30000円までで、上限は50000円までです。
クレジットカードでチャージすれば、nanacoとカード会社のポイント二重取りが可能です。

3)nanacoギフトカードでチャージする方法

nanacoへのチャージ方法といえば現金かクレジットカードのどちらかと思われていますが、実はnanacoギフトカードでチャージする方法もあります。
nanacoギフトカードとは、ネットショッピングやオンラインゲームでの支払いに使える他、nanacoカードへのチャージも可能です。

nanacoギフトカードは、セブンイレブンやイトーヨーカドー、富士薬品ドラッグストアグループで購入できます。
額面は1000円から選べ、最高50000円のタイプがあります。
通常クレジットカードでのチャージは1回につき30000円までと制限がありますが、nanacoギフトカードを購入してからチャージすれば最高50000円のチャージが可能となります。

どうしてもnanacoで3万円以上のクレジットカード現金化を早くやりたいという人は、直接クレジットカードからnanacoへチャージするのではなくギフトカードを利用するのもいいでしょう。

ただしnanacoギフトカードには有効期限があります。
購入してから2年を過ぎると、nanacoギフトカードは使えなくなります。
人からもらう事もあるでしょうが、nanacoギフトカードは即nanacoへチャージする事をお勧めします。

4)nanacoポイントを電子マネーに交換が可能

毎日のお買い物にnanacoを使用すれば、自然とnanacoポイントが貯まります。
その貯まったポイントは電子マネーへ交換が可能です。

交換方法は簡単で、レジで店員にポイントを電子マネー交換したいと伝えるだけです。
その後nanacoカードもしくはnanacoモバイルを読み取り機にかざせば、完了です。
nanacoモバイルを使用している人は、アプリを使用する事で自分でポイント交換作業ができます。

nanaco残高の現金化方法とカード現金化について

nanacoも他電子マネー同様に、一度チャージした分を引き出す事ができません。
その為、何か物に換えてから現金化する必要があります。

nanacoを使ってセブンイレブンでアマゾンギフト券やiTunesカードを買えば、売ってお金にする事ができます。
ハガキ、切手でも同様に現金化ができます。

クレジットカードでいったんnanacoにチャージをしてからアマゾンギフト券やiTunesカードを購入・売却すれば、より安心してカード現金化ができると思われます。

※nanaco解約ではどうなる?

nanacoは残念ながら現金を引き出す事ができませんし、解約しても残高が戻ってくる事はありません。
仮に1000円残った状態で解約してもお金は戻りません。
発行時に使用した300円も戻ってきません。

チャージ分を使い切るのは簡単で、セブンイレブンなどで買い物する時に使えばいいでしょう。
半端な少ない金額でも、現金と併せて決済ができます。
チャージ残高だけではなくnanacoポイントも勿体ないので、解約するなら事前にポイントを電子マネーに交換してから使い切りましょう。

金額が少なければこの方法でいいですが、誤って多額のチャージをしてしまった場合にはアマゾンギフト券などを購入して現金化した方がいいでしょう。

nanacoまとめ・最大限活用する方法

nanacoを最大限に活用する方法と、現金化についての情報を簡単にまとめたのでおさらいしましょう。

・セブン&アイホールディングスのサービス利用でお得
・クレジットカードとnanacoのポイント二重取り
・セブンカード、クラブオン、ミレニアムカード利用だとチャージでポイント付与
・最大50000円までチャージ可能
・金券類も店頭で購入可能!

また、nanacoは提携先のポイントと相互交換ができます。
ANAマイルやニコスのポイントをnanacoに交換できますね。
カード現金化にも便利なnanacoカードですから、その他ポイントを全てnanacoに集約してみるのもいいのではないでしょうか。

簡単かつ高還元率でクレジットカードを現金化する方法

クレジットカードの枠を現金にする方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は専門の業者を利用することです。 特にオンラインで手続きと振込が完結する業者がおすすめです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、ハピネスです。

最高換金率も98.8%と非常に高くて人気の高い現金化業者です。 即日プランなら最短3分で振込可能で迅速。ネットバンクで夜間の振込可能。カードトラブル0件、リピータ率88.2%で実績も十分。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、ハピネス公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2019年04月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。