クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

メルカリで商品券・金券を換金することはできるか?

商品券はお金に近い使い方ができます。

だから転売する時に価格があまり下がらず、高い買取率で換金する事ができます。
その為カード現金化に活用したいと考える人は多いのではないでしょうか。

しかし商品券のように換金性の高い商品は、クレジットカード会社も警戒しており現金化目的の購入が難しくなっています。

どうにか商品券をカード現金化に利用するには、どこで商品券を購入してどこで売るかの判断が重要です。

そこで注目したいのが、メルカリです。
メルカリという名前を耳にする機会も多いですが、どうやって商品券の換金に利用できるのかを考えてみましょう。

メルカリとは

メルカリとは、2013年にスタートしたスマホ用フリマアプリです。

メルカリを利用した事が無い人には、オークションサイトの一種と思うかもしれません。
でもオークションではなく、ネット上でフリーマーケットに参加できるサービスなのです。

主に個人間でのやり取りが多く、通常のフリーマーケットと同様に出品者が要らなくなったものに自由に値段を設定し、アプリ上で販売します。
そして希望者が購入するのです。

入札が重なりどんどん値が上がったりする事はありませんが、割と早めに買い手がつき即現金化する事も可能です。

メルカリの最大の特徴は、出品されている品物の種類、そして品数が豊富という点です。
ヤフオクなどではなかなか落札されないような中古品でも出品され、そして買い手がつくのです。

また、利用者の年齢層がとても若いという点も特徴です。
その為若い人に人気のアイテムが多く出品されています。

だからといって、メルカリは若い人専用という訳でもありません。
カード現金化が必要な世代の人でも利用する人は少なからずいます。

メルカリでも現金化が話題

ネット上で品物の売買ができるサービスは、外に出るのが億劫な現金化ユーザーにとってとても便利なサービスです。
品物を売る場としてオークションサイトが利用される事も多いです。

クレジットカードで購入したものをオークションに出品して売る場合もあれば、クレジット決済で落札料金を支払い、その後買取ショップで換金するという方法もあります。

メルカリもクレジットカードでの決済は可能です。
高額で転売できそうな商品に目星をつけて購入、その後転売して現金化する方法も有効です。

あるいはクレジットカードで購入した商品をメルカリに出品して、現金化する方法もあります。

クレジットカードの現金化の手段として、メルカリを活用しようとする人が増えています。

メルカリで現金が出品されていた?

報道で目にしたことがある人もいるでしょうが、メルカリでは現金そのものが出品されていたことがあります。
現金をクレジットカードで購入すれば、カード現金化が実現できます。

他のオークションサイトではありえない事ですが、やはりメルカリでも問題視されて削除対象になりました。
今ではもちろんメルカリで現金の出品はできません。

ただし、コレクション対象になるような旧札や旧硬貨であれば、出品可能になる可能性はあります。

別のオークションサイトやネットショップでも記念コインなどは出品されている事が多いです。
そのような捉え方で、メルカリも現金を出品できる抜け道はあるのではないかと考える人もいます。

ヤフーオークションと比較

カード現金化ならやっぱりヤフオクが便利と考える人も多いですね。
そこで、ヤフオクとメルカリを比較してみました。

まず、ヤフオクとメルカリではオークションとフリーマーケットという大きな違いがあります。
ヤフオクは入札の状況によって価格が上昇し、思いがけず利益を生む可能性を秘めています。

メルカリはそれに対し、価格が上昇する事はありません。
一見するとメルカリの方が損なのではないかと思われがちですが、手堅く売るにはメルカリがいいと感じる人も少なくありません。

そして手数料でも比較してみましょう。
メルカリは販売手数料が10%、振込手数料が210円です。
ヤフオクは販売手数料が8.64%、月額手数料が498円、振込手数料はありません。

例)1万円の商品を販売した場合
・メルカリの手数料合計:1210円
・ヤフオクの手数料合計:1362円

ヤフオクはプレミアム会員の月額手数料がかさみます。
しかし販売手数料が低く振込手数料はありませんので、出品が多ければ多いほどお得になります。

さらにヤフオクにも無料会員がフリマ出品できるサービスもあります。
その場合はメルカリと同様に手数料が10%に跳ね上がってしまいます。

オークション形式だと価格が上昇する可能性がある為、ある程度商品の転売に自信があるならヤフオクの方がいいのかもしれません。

メルカリなら何でも売れる?
メルカリなら何でも売れると考えている人もいるでしょう。
ましてやヤフオクでも出品されている商品券であれば、メルカリで容易に出品で来て買い手がつくのではないかと期待できます。

しかし、メルカリでの商品券出品は規制対象になり、アカウント停止や強制退会の対象になります。

残念ながら、メルカリに商品券を出品してお金に換える行為は規制対象なのです。

でも出品している人いるのでは?
メルカリで商品券の出品が禁止されているというけど、実際に出品している人たくさん見たことがあるという意見も多くあります。

確かにメルカリで商品券の出品を見かける事がありますが、その場合は以下の事が考えられます。

1.単に運営の注意が行き届かないだけ。
2.出品の商品名を偽っている。その為運営側が気付かない。

メルカリはまだ運営歴の浅いサービスなので、管理が行き届かない部分もあります。
指摘があればその都度改善され、年々良くなってきている印象もあります。

商品券を商品券と言わず偽って出品されれば運営側も気づかずスルーしてしまうかもしれませんが、必ずしも安全という訳ではありません。

基本メルカリでも商品券をカード現金化の手段として利用する行為は規制対象なので、カードのみならずサイトアカウントの解除というリスクがある事を理解しましょう。

メルカリで商品券換金のまとめ

メルカリに商品券を出品して換金できる可能性はもちろんあります。
うまく監視の目をすり抜けられるかもしれないという事です。

それを狙えば現金化は可能です。
ただし商品券の出品はメルカリでルール違反なので、いつ見つかるか分かりません。

1回の違反をしても厳重注意・出品の削除ぐらいで済むかもしれませんが、数回違反が続くとアカウント停止をくらうかもしれないので要注意です。

メルカリも商品券の高換金の可能性を秘めているかもしれませんが、安定しているのは買取率が下がっても結局、金券ショップで買取する方法が最良策と言えるでしょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年08月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス