クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

マスターカードでカード現金化は可能?

カード現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスです。
クレジットカードにも様々な種類があります。
マスターカードも親しみのあるクレジットカードのひとつですが、カード現金化に役立てることができるのでしょうか。

マスターカードとは

マスターカードは国際ブランドの一種です。
国際ブランドは世界中に多く加盟店がある為、海外旅行先でも決済可能なブランドです。
マスターカード本社はアメリカなのですが、自社でクレジットカードを発行している訳ではありません。

マスターカードと提携した企業が、それぞれに審査をしてカードを発行しています。
例えば三井住友カードがマスターカードを取り扱っている代表的な企業として知られています。

VISAと並んで代表的なカード

マスターカードはVISAと並んで非常にシェアの大きいクレジットカードブランドです。
VISAの方が日本国内は強いような気もしますが、国外に行けば大差はありません。

そしてカード現金化する国際ブランドも、VISAとマスターカードは代表的なカードなのです。
もし複数異なる国際ブランドのクレジットカードを持っているなら、VISAやマスターカードを選んだ方がいいでしょう。

例えば他の国際ブランドといえばJCBとアメックスがあります。
この2社は日本国内で提携しており利用できる加盟店は共通しています。

カード現金化には非常に厳しい会社として知られている為、JCBとアメックスは避けた方がいいと言われます。
アメックスユーザーでも、VISAやマスターカードを持っているならアメックスで現金化しない方がいいでしょう。

マスターカードで購入するもの

マスターカードで購入するものは何でもいいです。
金券類を除き、マスターカードの加盟店であればあらゆるものがカード決済で購入できます。

ただし、カード現金化は少しでも損失を減らしたいので、できるだけ高く売れるものを選ばなくてはいけません。
換金性が高い、売りやすくて尚且つ高い値がつくものを選びましょう。
そうでなければ転売するときに大きな損失が出てしまうので、わざわざ自分でカード現金化する意味がありません。

自分で現金化をする自信がなければ、現金化業者を利用しましょう。
マスターカードに対応していない現金化業者はありません。
現金化業者を利用するなら、どの商品を選べばいいのかと悩む必要はありません。

マスターカードのギフト券はある?

UCカードはマスターカードと提携しており、UCギフトカードがあります。
ですが発行会社によってクレジットカードで購入できるかどうかが異なっている為、マスターカードだからといって買える訳ではないようです。

マスターカードは自社でカード発行している訳ではないので、どこで発行されたクレジットカードなのかが重要です。
マスターカード付きのニコスカードなら、三菱UFJニコスギフトカードが購入できます。

マスターカードのギフト券というのはなく、それぞれの発行会社のギフト券ならあります。
銀行系のクレジットカードは現金化に厳しいという意見も聞かれますので、同じマスターカードで現金化のしやすさが変わってくるかもしれません。

旅行券、amazonギフト券の購入

JTBトラベルギフトやamazonギフト券などのギフト券を購入できます。
一般的な金券ショップでは買い取ってもらえませんが、専門的にカードタイプのギフト券を高価買取してくれる業者も増えてきました。

ギフトカードであれば90%以上の高還元率で現金化可能です。
どうしても現金化業者の利用が怖いというなら、ギフト券での現金化も考えてみましょう。

マスターカードは発行しやすいって本当?

マスターカードはVISAやアメックスより発行しやすいというイメージがあります。
でもマスターカード自体が審査して発行している訳ではないので、その情報は正しくありません。

恐らくマスターカードと提携している発行会社の審査によるでしょう。
マスターカードが発行しやすいと言われているのは、「アコムACマスターカード」の存在が影響していると思われます。
アコムといえばご存知の通り、スピード審査で有名な消費者金融です。

審査は柔軟で、収入の低い女性バイト生でも借りられたという口コミがいっぱいあります。
そんなアコムが発行しているアコムACマスターカードは、アコムが審査しています。

審査は銀行が発行しているカードとは異なる基準の為、他のカードは作れなかったのにアコムACマスターカード作れたというケースもあるのです。
つまり、発行しやすいかどうかは、発行会社によるということです。

提携している主なカード会社

日本国内でマスターカードと提携しているカード会社は、様々です。
アコムや三井住友だけではなく、楽天やライフカード、イオン銀行もあります。

また、キャッシュパスポートというプリペイドカードもあり、審査に不安があり通常のクレジットカードが持てない人でも便利です。
どうしてもクレジットカード決済が必要なときにはデビットカードやプリペイドカードは便利ですね。

現金化しやすいか、審査が柔軟かは発行会社

マスターカードをカード現金化するなら、発行会社を注意してみましょう。
銀行系、もしくは信販や消費者金融なのかをみてみましょう。

銀行系のマスターカードなら現金化利用は慎重になった方がいいでしょう。
もちろんどんなマスターカードでも、他のクレジットカードでも安全な訳ではありません。

クレジットカード現金化は利用規約違反である為、カード利用停止のリスクはいつでもあります。
せっかく発行したクレジットカードを失わない為にも、現金化する時には注意しましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、おひさまクレジットです。

メール問い合わせで24時間365日すぐに返信もらえます。最高金率は97%と業界でも高い水準です。 対応中の銀行が多くて夜間や、土日祝日も振込の対応してもらえます。 創業12年の実績があって、リピーターも多くてあんしんして利用できる優良業者さんです。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、おひさまクレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年05月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


最短でクレジットカードを現金化してもらえるサービスです