クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

カード現金化と関係のある古物営業法

カード現金化を利用しようとしたとき、古物営業法をいう文字を目にしたことはないでしょうか。
一般的にはあまり聞きなれない言葉ですが、実はカード現金化以外にも関わることのある法律です。
では、カード現金化と関係のある古物営業法とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

古物営業法とは

古物営業法は、古物(中古品)を売買する際の法律です。
真っ先に思い浮かべるのは質屋でしょう。
でもそれだけではなく、他にも様々な業者が関わっているのです。

中古車販売、リサイクルショップ、古本屋、金券ショップも中古品の売買をするので、古物営業法とは深い関わりがあります。
また、売買だけではなく中古品をレンタルするときにも古物営業法が関わってきます。

免許について

中古品の売買を商売でするには、古物商許可を得なくてはいけません。
古物商許可は、店舗が所在するエリアを管轄する公安委員会から取得します。

最近ではネット専門で中古品の売買をするショップも多いですが、その場合は古物商許可番号をホームページに掲載しなくてはなりません。
金券ショップ、ブランド品買取を利用する際には、古物商許可番号をチェックしてみましょう。

現金化業者も取得?

現金化業者も、買取式とキャッシュバック式があります。
そのうち買取式は利用者から品物を買取り、転売することで利益を得ています。
買取式現金化業者は中古品の売買に関わるので、古物商として登録が必要になります。

店舗であれば店内をチェックすると古物商許可証があるかどうか分かります。
ネットショップであれば、ホームページを確認してみましょう。

現金化業者は詐欺業者も多いのですが、ホームページにしっかりと必要な情報が記載されているかチェックするのが選ぶポイントになります。
会社情報や古物商許可番号も、現金化業者を選ぶひとつのポイントとして覚えておきましょう。

自分でやる現金化に古物商許可は必要?

個人でも中古品の売買をすることはあるでしょう。
しかし自分が使用した品物をオークションやフリーマーケットで転売する程度だったら、特に古物商許可は必要ありません。
商売として中古品の売買をする場合に、古物商許可が必要になります。

クレジットカード現金化は転売目的で商品を購入していますが、利益を得る為ではないので、古物商許可が必要だと問われることはないでしょう。

ただし、同じ商品を何個も購入してオークションサイトなどで販売するなどの行為は、商売とみなされてしまうかもしれません。
それにカード会社から現金化行為だとばれてしまう為、同じ商品を複数購入する行為は避けましょう。

古物商許可を取得したいなら

本格的に中古品の売買をして利益を得たいと思うなら、古物商許可を取得しましょう。
輸入品を安く仕入れて転売、プレミアがつくコレクター品を仕入れて転売する場合も、商売で行うなら許可が必要です。

古物商の許可は個人でも取得できます。
店舗の所在地の管轄の公安委員会(警察署)に、申請手数料19,000円、身分証明書などの必要書類を持参して申請します。

20歳以上であれば申請できますが、一度古物営業許可を取り消しになった人は5年以上経過しないと再び申請ができません。

クレジットカードで古物商ができる?

中古品の売買をしたくても仕入れる為の資金がなければ、始まりません。
最初はクレジットカードで品物を仕入れて、転売しようとも考えるでしょう。

しかし、個人で契約したクレジットカードは事業性資金に使用してはいけないことになっています。
1回、2回ぐらいなら何も言われないかもしれませんが、定期的に仕入れにカードを利用してしまうと利用停止になってしまう恐れがあります。

もし事業性資金として定期的にクレジットカードを利用するなら、法人カードの発行を検討しましょう。
法人カードは事業資金として利用ができるクレジットカードです。

また、法人カードはカード現金化サービスも利用できます。
しかも現金化業者では法人カード専用のお得なプランがあり、還元率がアップすることもあります。
法人カードを持っている人でどうしても現金のやり繰りが間に合わないという人は、現金化サービス利用も検討してみましょう。

古物営業法とカード現金化まとめ

古物営業法は中古品売買に関わる法律なので、買取式現金化業者で許可が必要だということが分かりました。
また、もし自分でブランド品をカード購入して転売するなら、しっかりと古物商許可を得ている買取ショップへ行くのが安心です。

カード現金化を利用する側が古物商許可を得る必要は無いのですが、利益を得るために中古品売買をするのであれば今後必要になってくるでしょう。
オークションやフリーマーケットで小遣い程度の範囲内でする時には必要ないので、ほとんどの人にはあまり縁が無いかもしれません。

しかしカード現金化を業者を通す場合でも自分で行う場合でも、古物営業法は少なからず関わってきます。
信頼のできる業者選びは非常に難しいのですが、古物商許可を参考にしてみるのもいいですね。

簡単かつ高還元率でクレジットカードを現金化する方法

クレジットカードの枠を現金にする方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は専門の業者を利用することです。 特にオンラインで手続きと振込が完結する業者がおすすめです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、ハピネスです。

最高換金率も98.8%と非常に高くて人気の高い現金化業者です。 即日プランなら最短3分で振込可能で迅速。ネットバンクで夜間の振込可能。カードトラブル0件、リピータ率88.2%で実績も十分。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、ハピネス公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年12月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。