クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

自分でやるカード現金化!家電は換金性が高い?

自分でやるカード現金化のコツは、何といっても換金性の高い商品を選んでできるだけ高く転売することです。
最近では色々と裏技も増えていますが、シンプルなのはやはりカードで物を買って転売、この買取式が一番でしょう。

自分で買取式を使ってカード現金化するなら、どの商品を選ぶかが重要なのですが、家電を利用する人もいます。
身近な存在である家電をいかにカード現金化に利用するのか、その仕組みを見てみましょう。

なぜ家電を選ぶのか

他にも色々と商品がある中、なぜ家電を選ぶのでしょうか。
それは家電が転売しやすいからです。
家電は生活に密着した商品で、中古でもいいから購入したいという人も多くいます。

掲示板にも個人間の売買情報が多くのっていますし、リサイクルショップでも積極的に買い取っています。
それだけ家電は転売しやすい商品なのです。

また、家電はクレジットカードでも簡単に買えます。
家電をクレジットカードで買うのは、とても自然な行為です。
ブランドバッグに縁がない人でも家電は必要です。
どんな人でも買う商品だからこそ、自然にクレジットカードで購入できるのです。

どんな家電がいいのか

家電なら何でもいい訳ではありません。
やはりできるだけ換金率、買取金額が下がらないものがいいでしょう。

色々とありますが、パソコン、テレビ、携帯端末は特にカード現金化でも人気があります。
他にも美容・健康家電やゲーム機なども家電転売で利用されます。

美容・健康家電は意外だと思われるかもしれませんが、種類も多く女性・男性向け問わず人気商品があります。
人気の製品は高値で取引されることもある為、狙い目と言えるでしょう。

家電はどこで購入すればいいのか

まず家電を購入するなら、やはり家電量販店が一番です。
家電量販店は安売りするときにチラシが入るので、その情報をチェックしましょう。
また、店員との交渉で安くできる商品もある為、まずは値引きができるか掛け合ってみましょう。

家電量販店はライバル店と価格競争を行っています。
ライバル店ではこの価格だったという事を店員に告げると、価格を下げてくれることもあります。

家電量販店を利用するメリットは他にもあります。
それはお店独自のポイントシステムがあるからです。

ポイントが貯まれば割引にも使えるので、クレジットカードとダブルで貯めることができ非常にお得です。
最近ではポイントもあらゆる業種で共通して貯めることもできるので、自分がよく利用するポイントカードに狙いを定めてお店を選ぶのもいいでしょう。

家電量販店はローンも利用可能?

家電量販店で高額な買い物をすると、ローンを利用することもあるのではないでしょうか。
クレジットカードではなく家電ローンで冷蔵庫、液晶テレビを購入する人も多いですね。

もしカードのショッピング枠がいっぱいでどうしようもないという場合、ローンの申込をする方法もあります。
家電ローンで液晶テレビを購入し転売すれば、クレジットカードがなくても現金化ができます。

ただし家電ローンは信販会社の審査を受けなくてはいけません。
多重債務者、クレジットカードの利用もキャッシング利用額もパンパンな人は審査に通らない可能性があるので注意しましょう。

家電を買い取ってもらえるところはどこ?

家電量販店で買った商品は売らないと意味がありません。
家電を買い取ってもらえるところは多くあります。

・リサイクルショップ
・個人売買
・オークション
・家電買取専門店

オークションに慣れている人ならオークションでもいいのですが、売れるまで時間がかかるしいい値がつかない可能性も高いです。
リサイクルショップも買取は簡単にしてくれるのですが、買取価格がとても低くなってしまうことが多いです。
個人売買はリサイクルショップに売るより高く売れることもありますが、思うように買ってくれる人が見つかるとは限りません。

そこでお勧めなのは、やはり家電を専門に買い取ってくれる業者を利用することです。
家電専門業者はネットで買取情報を公開していることも多く、事前に狙い目商品を知ることもできます。
また、ネットで買取受付をしてくれることもあるので、近くにいい買取ショップがない人でも気軽に利用できます。
ぜひネットで、「家電・買取」と検索してみましょう。

簡単ではない家電転売

ここまで家電転売によるカード現金化の良いところばかり挙げましたが、デメリットもあります。
それはだれもが簡単に高換金率を選べる方法ではないからです。

家電はクレジットカードで購入して転売するのは簡単ですが、高く買い取ってもらえる商品を見極めるのが難しいです。
事前に下調べしていても、狙い目の商品が売り切れていたり、転売タイミングがずれて買取率が下がったりします。

家電は新型が出るサイクルがとても早いので、値崩れも起きやすいです。
そこが金券類と比べるとネックになります。

また、いくら家電がクレジットカードで購入しやすいとはいえ、カード会社に絶対に睨まれないとは限りません。
どんな商品でもカード現金化を目的としている以上、カード利用停止のリスクはあると理解しましょう。

家電を使ったカード現金化の注意点まとめ

どうしても他の商品ではなく家電を利用してカード現金化したいなら、以下のことに注意しましょう。
・同じ商品を何個も同時に買わない
・事前に情報はしっかりとチェック
・値下げ交渉をする
・苦手なジャンルには手を出さない

同じ商品を何個も同時に買うと、カード会社から現金化を疑われやすくなります。
どうしても高額現金化をしたいというなら、複数の商品を組み合わせて購入する方法もあります。
以上のポイントを押さえつつ、上手にカード現金化を行いましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年10月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス