クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

クレジットカード現金化の仕組みと流れを分かりやすく説明

急な金欠にも対応できるとして、今クレジットカードの現金化が話題になっています。
でもクレジットカードの現金化の仕組みがいまいちよく分からないという意見もよく聞かれるものです。

お金のピンチを乗り越えられるなら、クレジットカード現金化を知っておいて損はありません。
ここではクレジットカード現金化の仕組みや流れをサッとおさらいしてみましょう。

カード現金化はショッピング枠の現金化

カード現金化というとクレジットカードの買取?担保にして借金するのでは?なんて誤解をしている人がまだまだいるものです。
しかしそれらは間違い、全然異なります!

カード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事です。
クレジットカードにはキャッシングとショッピングの2つの機能を持っています。

ATMから現金を引き出して借りられるキャッシングとは違い、通常クレジットカードのショッピング枠は、品物を購入したりサービス料金を支払ったりするものです。
現金で引き出す事はできません。

しかし現金化という方法を使えば、ショッピング枠を現金にする事ができるのです。
「ショッピング枠を現金化」と聞いても、やはり使った事が無い人にとって説明されてもなんだかよく分かりませんよね。

では一つずつ流れを追って、現金化の仕組みを見てみましょう。

業者を使う場合

実はクレジットカード現金化サービスの専門業者がいます。
「カード現金化 業者」と検索したらたくさんヒットするでしょう。

現金化業者も買取式キャッシュバック式と方法が分かれますが、現在主流である買取式について説明していきます。

1・現金化業者にサービスを申し込む

もし現金化業者の店舗が近くにあれば直接来店するのが簡単ですが、そうでなければサイト上から申込しましょう。
現在はネット申し込みが主流となっており、公式サイトがある業者がほとんどです。

申込前に用意するものは、以下の通りです。

・身分証明書(免許証など)
・クレジットカード
・お金を受け取る為の口座番号(店舗であれば不要)

申込フォームにメールアドレスや電話番号などの連絡先を記入し、折り返しの連絡を待ちます。

2・現金化業者からの連絡

サイトから現金化に申し込んだら、その後現金化業者より申込確認の連絡が来ます。
この時に還元率、振込のタイミングや手数料などについて説明があるので注意して聞きましょう。

内容に間違いがない、条件に納得いけば本格的にサービス申込となります。
もし遠方からの申込であればFAX・もしくはメール添付で身分証明書のコピーを提出します。

身分証明書の提示はクレジットカードの不正利用防止の為に必要とされています。
間違ってもクレジットカードのコピーを提出してはダメです。

クレジットカードの表面には大事な情報が記載されているので、第三者に渡してはいけないのです。
もし現金化業者からクレジットカードのコピーを提出するよう求められたら、怪しい業者だと思ってサービスを断っても構いません。

3・カード決済をする

本格的に現金化申込みが済んだら、何を買いなさいと業者から指示があると思います。
それから現金化業者から指定されたもの(サービス)をカード決済で購入します。

店舗であればその場でカード購入する事もありますし、指定された場所に行かされて品物を買わされる事もあります。
この時購入する物は、希望の現金化額に合わせた金額の品物となります。

4・品物を受け取る

カード決済したものが品物の場合、いったん手元に引き取る必要があります。
ネット申し込むだと郵送で2日程度、それから送り返す必要があります。

送料は利用者負担である場合もあるので、要注意です。
法外な送料を上乗せして利益を得ようとする悪質業者もいるので、適正な送料なのかも併せてチェックしておきましょう。

5・お金が振り込まれる

クレジットカードで購入した品物は、現金化業者がそのまま買い取ります。
その買い取ったお金を支払う形で、指定された口座へ料金が振り込まれます。
店舗型だと振込ではなく、手渡しになります。

この時手数料は差し引かれます。
10万円の品物をクレジットカードで購入、9万円で買い取ってもらうとします。

すると9万円の現金化が実現したとことになりますね。
差額の1万円は現金化業者の手数料という事になるのです。

キャッシュバック式という方法もある

買取式は一度カードで購入したものを買い取ってもらう為、手元に品物は残りません。
ネット申込だとその品物を郵送で受け取り、また買い取ってもらう為に送り返すという手間が発生します。

しかしキャッシュバック式は異なり、手元に品物が残ります。
元々キャッシュバック分を含めた商品価格を提示してカード決済してもらい、決済後に即上乗せした金額分を利用者にキャッシュバックする事で現金化ができます。

買取式と比べると商品を送り返す手間がないというメリットがあり、その品物も保管するか処分するかは自由です。
しかしほとんど価値のない品物に、現金化目的で10万20万という価格を設定するのは景表法という法律に違反しているのではないかとの指摘があり、現在はこの方法を取る業者が少なくなっています。

自分でカード現金化をやる場合

クレジットカード所有者自ら現金化する事もできます。
自分でカード現金化する場合も流れ・仕組みは現金化業者利用時と大差ありません。

まずはクレジットカードで換金性の高い品物を購入します。
ゲーム機やブランドバッグが一般的ですね。

そして少しでもそれらの品物を高く買い取ってくれる専門ショップに持っていき、買取をしてもらうだけです。
街のリサイクルショップのようなところだと、どんなに状態のいいものでも買取額が大幅に下がってしまうので気を付けましょう。

ゲーム機ならゲームの専門、ブランドバッグならちゃんと査定ができるブランド専門の買取ショップへ持っていくことが重要です。
最近では買取もネットで行っている業者が増えている為、地方に住んでいても高額買取が実現できます。

どのくらいで現金化ができるのか

ネットから申し込む場合でも、その日のうち即日現金化が可能です。
申し込んでから30分以内で現金化できる業者もありますね。
amazonギフト券のように商品の郵送がいらない商品の買取であれば、即日現金化が可能なのです。

ただし、現金化業者を利用する場合は即日プランと通常プランの還元率の差に注意しましょう。
申し込んでからお金が振り込まれるまで2、3日かかる通常プランの方が、還元率は高いのです。
自分にとってどちらのプランの方がいいのか、しっかりと確認する必要があります。

忘れてはいけないカードの支払

現金化業者からお金を受け取ったら終わりではありません。
現金化自体は借入申込ではないし、新たに審査を受ける必要はありません。

でもクレジットカードを使って買い物をしているのですから、後からカード会社に支払う必要があるのです。

一括払いであれば手数料はかかりませんが、リボや分割にしていればまたカード会社へ支払う金利手数料が別途発生します。
その手数料も必ず忘れずに計算に含め、返済計画を立てていきましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年06月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


最短でクレジットカードを現金化してもらえるサービスです