クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

本当は危険なクレジットカード利用と借金地獄への道

一昔前と比べるとクレジットカードの利用者は減っているとも言われますが、現金がなくても後払いで欲しいものが買えるカードはとても便利です。
しかしその便利な反面、クレジットカードが原因で借金地獄に陥る人が多く社会問題にもなっています。
いったいなぜクレジットカードで借金地獄になるのか、その理由について考えてみましょう。

ついつい使い過ぎる罠

カードが無く現金払いのみの場合、どんなに物が欲しくても現金が無くなればおしまいです。
購入を諦めるしかありませんよね。

でもクレジットカードは後払いで買い物ができるのです。
もちろん利用可能枠が決まっており、その範囲内での利用に限られています。

その利用可能枠をまるで自分の貯金だと勘違いして、使えるだけ使ってしまうのです。
最初はクレジットカードの利用に抵抗がある人でも、だんだん感覚がマヒしてきます。

でも本当は借金だから、使った分だけ後から請求がきます。
カードを使っているときは借金という感覚がなく後先考えないから、返済能力を超えた額の請求がきて慌ててしまうのです。

請求がきた分は支払わなくてはなりません。
その支払ができなければまた別の借金を作り、そこでもまた利用可能枠を自分のお金と勘違いしてお金を借りまくってしまいます。

このようにしていつの間にか多重債務となり、借金地獄に陥ってしまうのです。
クレジットカードがきっかけで借金地獄になる人は、使っているうちに借金という感覚が薄れてしまうのが原因と言えるでしょう。

リボ払いの罠

クレジットカードで借金返済が苦しくなる一つの原因が、リボ払いです。
通常分割払いだと、借金の元金が多ければ多いほど1回辺りの返済額が多くなります。

でもリボ払いは月々の支払額が定額なので、クレジットカードで利用した分が増えても1回辺り(月々)の支払額が変わらないのです。
もしリボ払いの額を1万円に設定していたらちょっと使いすぎたなと思っても、来月の請求はいつもの通り1万円だけになります。

一見するととても便利なリボ払いですが、実は恐ろしい罠が仕掛けられています。
借金が増えても支払額が増えないという事は、それだけ支払期間が延びてしまうのです。

支払期間が延びてしまうとどうなるのでしょうか。
それは支払うべき金利手数料が増えてしまう事を意味しています。

リボ払いをして元金がいつまで経っても減らなければ、毎月ずっと金利手数料を支払わなくてはいけません。
最初はリボ払いで楽だと思っても借金が全然減っていってないので、いつの間にか借金返済が苦しくなってしまいます。

複数カードの連鎖

1枚クレジットカードを作ればその便利さに慣れて、2枚・3枚と作るようになります。
複数クレジットカードを持つ事は悪い事ではありません。

VISAやJCBといった国際ブランドが使えるショップはとても多いのですが、たまにVISAは使えるのにJCBが使えないなんて事もあります。
特に海外だとそのようなシーンに遭遇するでしょう。

あるいはシステムトラブルで一時的に特定のブランドだけ決済ができないなんて事もあり得ます。
そんな時には異なるブランドのクレジットカードを数枚持っていると便利なのです。

しかしクレジットカードを多く持てば持つほど、使いすぎに繋がります。
上手に使い分けしているうちはいいのですが、利用可能枠があるだけ使ってしまうというような使い方をしてしまうと、借金が雪だるま式に膨れ上がってしまいます。

そのうち1枚のカードの支払い分を作る為に別のカードを使ったりキャッシングをしたりするなど、自転車操業状態になってしまいます。

キャッシングに手を出す

ショッピングの使い過ぎで来月の支払額が足りなくなってしまった、あるいは支払額が多すぎて現金が足りなくなってしまったなんてこともあります。
そうするとキャッシングに手を出すようになります。

クレジットカードに付属しているキャッシングなんて使うものじゃない!なんて思っていても、他のカードローンやキャッシングを借り過ぎて使えない状態になってしまったら、クレジットカードのキャンシングを使うしかありません。

クレジットカードについているキャッシング機能はあくまでもおまけ機能のようなもので、あまり枠は大きくありません。
金利も高めなので本当に一時的な利用に留めるべきなのですが、それでも手を出さざるを得ない人は要注意です。

借金地獄にならないようにするには

クレジットカードがきっかけで借金地獄にならないようにするには、まずショッピング利用も借金である事を自覚する事が大事です。
今月これだけ使ったら来月はどれくらい払わなければいけない、そうしたらどこを締めるべきなのか、しっかりと返済のシミュレーションをしなくてはいけないでしょう。

また、完済の目途が立ちにくいリボ払いは極力避けるべきです。
できるだけ一括払いか回数の少ない分割払いを指定した方がいいです。
自信が無い人は、光熱費などの支払専用のみに使用するなど利用シーンを限定しましょう。

クレジットカードはポイントも付きますし賢く使えばとても便利です。
支払が遅れてブラックリスト入りなんてことにならないように、大事にクレジットカードを使いましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年06月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


最短でクレジットカードを現金化してもらえるサービスです