• トップページ
  • カテゴリ
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問
  • トップページ
  • カテゴリ
  • 自分でやる現金化
  • 基礎知識
  • 良くある質問
  • 裏技
  • 詐欺トラブル
  • その他
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問

クレジットカード購入した商品の返品で現金化はできる?

クレジットカードで買った商品の返品をして現金化することはできますか?

クレジットカードで購入したものを返品した場合、現金で返金されると思っている方もいるようですが、購入後すぐに返品をするとカードのキャンセル処理だけで済んでしまい、現金で返金されることはありません。

返品するタイミングによってカードのキャンセル処理になるか現金での返金になるかが変わるのです。

また、最近では現金で返金されないことが増えています。

この記事では、

  • 返品を利用した現金化のタイミングについて
  • 最近の返品処理方法
  • 返品を利用した現金化の違法性

などについて解説します。

返品を利用した現金化について

返品を利用した現金化について

クレジットカードを使って買い物をした場合でも、「サイズが合わなかった、気が変わった、不良品だった」というような理由で、商品を返品したいこともあるかと思います。

クレジットカードで購入しても返品やキャンセルはできます。

ただキャンセル受付は店舗側に不備がある場合のみで、客都合の返品は一切受付けないという店舗もあるので返品を使って現金化ができるかは店の方針によります。

キャンセル・返品ではなく、商品交換なら受付可能となっていることもあります。

返品はもちろん商品を購入した店舗で行います。
クレジットカードを使って商品を購入したからといってカード会社に直接連絡しても返品や返金処理をすることはできません。

カード会社とクレジットカード契約を結んでいる店舗で返品処理手続きを行う必要があります。

以前の返品処理方法

以前はクレジットカードで購入した商品を返品した場合、現金で返金されることが多かったため、返品を使った現金化として利用する人もいました。

  1. クレジットカードで商品を購入した後、翌日以降に店舗側に返品を申し出る
  2. 翌日以降だとカード会社に情報を送った後なので端末でのキャンセル処理ができず、現金で返金処理される

購入直後であれば店舗側の端末操作でクレジット決済をキャンセルすることができるため、クレジットカードのキャンセル処理だけで済みます。

店舗によっては翌日に返品を申し出るとカードのキャンセル処理になってしまうこともあるため、数日後くらいに申し出るとカード会社に確実に情報が送られているため、現金で返金されていました。

この方法を利用すれば全額返金されるので100%での現金化が実現します。

ネットショップで返品した場合、振込手数料が利用者負担になることもありますが、それでも高還元率になります。

この方法で現金化した場合、後日カード決済した分がカード会社から請求されることを忘れてはいけません。

返品時の注意点:

  • 返品手続きは商品を購入した店舗のみ
  • 決済に利用したクレジットカード、レシート、購入した商品が必要
  • 商品のパッケージは開封せず、購入した時の状態のままで持ち込む

店舗ごとに返品のルールがあります。

購入後のキャンセルするまでの日数に制限を設けてたりすることもあり、購入してから1週間以上経つと受け付けてくれない店舗も多いので、あまり日数を置き過ぎず2、3日中に返品を申し出るのが無難でしょう。

この方法はクレジットカードだけでなく、電子マネー決済のときにも用いられることがあります。

ただ現在では決済手数料の関係もあり、現金での返金ができる店舗は少なくなっています。

現在の返品処理方法

最近は現金での返金ができる店舗が少なくなっています。

クレジットカードで商品を購入すると店舗側はカード会社へ決済手数料を支払います。
店舗側が返品された分を現金で返金してしまうとクレジットカード決済分はそのまま請求されるため、店舗側は決済手数料分を損したことになってしまいます。

ですから、現在ではこの返品を使った現金化は利用できないのが現状です。

最近の返品処理は、店舗側がカード会社に返金手続きを出すと手数料が戻ってくるシステムになっていて、翌月のクレジットカード利用代金から相殺されるようになっています。

このようなことから現金で受け取ることはできないのです。

クレジットカードに付いたポイントは?

クレジットカードで支払いすると、一般的にはカードにポイントが付与されますが、返品やキャンセルをした場合、この付与されたポイントは、もちろんマイナス処理されます。

返品した分のポイントは返金(または相殺)処理をされるときに取り消されてしまいます。

返品処理してもタイミングによっては請求がきてしまう

返品しても現金で受け取ることができず、カードでの返金処理が行われてもタイミングによってはカード会社から請求がくる場合もあるようです。

それは、店舗側がカード会社へ連絡するタイミングにあります。
次回の請求に返金処理が間に合わなかった場合、一旦請求が行われます。

カード会社に連絡しても一旦支払うよう言われるでしょう。

この返品分はその次のカードの利用代金から相殺されることになります。

ですから長いと2ヶ月くらいは返金処理に時間がかかります。それでも返金処理がされない場合は、商品を購入した店舗またはカード会社へ申し出ましょう。

返品を利用した現金化には問題点がある

返品を利用した現金化には問題点がある

もし、現金で返金してくれる店舗を見つけて現金化する場合、様々な問題があります。

まず、店舗側に迷惑をかけるという点です。

店舗側はクレジットカード決済を行う際の手数料を負担していますから、現金化目的で商品を購入してしまえば、その分の手数料が無駄になってしまいます。

何度も返品を繰り返せば店舗側にマークされ、出入り禁止になるかもしれません。
そうならないまでも、少なくとも良心の呵責は感じるでしょう。

店舗によっては返品のタイミングで確実に現金で返金できないかもしれませんし、受け付けてもらえない恐れもあります。

店舗側に問題があればもちろんキャンセルは受け付けてくれるでしょうが、現金化目的で購入した商品を返品するなどという言い訳は通用しないでしょう。

返品を利用した現金化は確実性がありませんし、リスクも伴います。

他のクレジットカード現金化を利用したほうが良いでしょう。

返品を使った現金化の違法性とは?

返品を使った現金化の違法性とは?

現金化という言葉から、違法なのではないかとも考えられますが、普通にクレジットカードを使って商品を購入した場合に「サイズが合わなかった、気が変わった、不良品だった」という理由から返品することはよくあることです。

店舗側でも返品はできるとしているところが多く、返品期間としては

  • 1週間以内
  • 1ヶ月以内
  • 3ヶ月以内

このように店舗や商品によって返品期間が異なりますが、1週間以内と定めていることが多いです。

中には、商品の開封後や使用済みでも返品できることもあります。

心配な場合は以下の点について確認しておくと良いでしょう。

  • 開封後でも返品できるか
  • タグを外しても返品できるか
  • 使用済みでも返品できるか
  • レシートがなくても返品できるか

違法性の話に戻りますが、このように返品はよく行われていることですから珍しいことではありません。
お店ごとにルールは異なりますから、そのルールに則って返品すれば何ら問題はないことです。

ただし、カード会社では「クレジットカード現金化」は認めておらず、規約にも禁止と謳われています。

返品による現金化行為は、以下の規約に当てはまるでしょう。

ショッピング枠を利用して現金化を目的とした商品購入をしてはならない
カードの利用状況が不適当または不審があると判断した場合、会員資格取り消し
第6条(カードの貸与と取扱い)
2.カードの所有権は当社に属し、カードおよびカード情報はカード表面に印字された会員本人以外は使用できないものとします。また、会員は現行紙幣・紙幣の購入、または現金化を目的として商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を使用してはならず、または違法な取引に使用してはなりません。

第23条(会員資格の取消)
1.(4)換金を目的とした商品購入の疑い等、会員カードの利用状況が不適当または不審があると当社が判断した場合

返品がNGと記載されているわけではありませんから、カード会社にバレてしまう可能性は低いですが、同じ店舗で繰り返し返品をしているとカード会社へ通報されてしまう可能性はあります。

そうすれば現金化が疑われ、カード会社から確認の連絡が来ることもあります。

場合によっては問答無用でクレジットカードの利用停止になることもあります。

1回2回であれば使えるでしょうが、同じお店で何度も使える行為ではありません。

また、返品のタイミングに失敗すればカード会社へ決済情報が届き、短期間に何度もキャンセル行為を繰り返せば怪しまれるのは当然です。

返品を使った現金化にもリスクが伴うことを忘れないようにしましょう。

他の現金化方法を使ったほうが無難

他の現金化方法を使ったほうが無難

現在では様々な現金化方法や現金化サービスがあります。
返品を使った現金化ができれば100%の還元率ですが、お店側に迷惑をかけることやリスクも伴います。

自分でクレジットカードで換金性の高いものを購入して転売したり、現金化業者を利用して現金化するほうが得策といえます。

ただ全ての方法にメリットデメリットがありますから、良く調べたうえで利用しましょう。

電子マネーの返品処理

電子マネーを使って商品購入をして返品した場合の返金処理はどうなるのでしょう。
それぞれ電子マネーの種類や使うお店によっても対応は違うようですが、公式サイトには以下のように記載されています。

WAON返金

イオン銀行より引用
nanaco返品

nanacoより引用

WAONは現金で返金されず、WAONに返金されますが、nanacoは現金での返金になると記載されています。

また、お店の決済サービスによっては以下のように、多くの電子マネーが現金で返金されることもあります。

楽天pay返金

楽天Payより引用

このようにクレジットカードの返品よりも電子マネーの返品のほうがはるかに現金で返金される可能性が高いです。

ただ、電子マネーはクレジットカードよりも上限額が低いため、高額な商品は購入できませんが、返品を使った現金化をするならクレジットカードより電子マネーのほうがやりやすいといえます。

クレカを使って即日現金を調達する方法

クレジットカードでお金を作る

クレジットカードで現金を作ることができます。

やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。

30分くらいで現金を振り込んでもらえます。

仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。

業者にやってもらうと、カード利用停止のリスクが軽減されるのと、不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。

もちろん「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。収入がない無職の人や、専業主婦でも利用できます

返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。

闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。

私がおすすめする現金化業者は「アースサポート」です。

営業時間は7:30〜22:00と遅くまでやってくれているし、土日祝日も営業していてい即日振り込み可能です。

最高換金率は98.8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。


アースサポート

金額はカードにもよりますが、私の楽天カードでは30万円まで行けました。

無料見積もりも出来るので、気になる方は是非公式サイトから申込してみてください。