クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

PASMO(パスモ)を使ってカード現金化する方法はある?

乗り物に乗るときにPASMOを持っているととても便利ですよね。
切符替わりに使用できるPASMOですが、クレジットカード現金化に活用できないのでしょうか。
そこで、PASMOを使ったカード現金化の方法について調べてみました。

PASMO(パスモ)とは

PASMOは乗車券の代わりに使用できるICカードです。
電車やバスの乗り降りの際に読み取り機にPASMOカードをかざせば、手間取ることなくサッと決済ができます。
関東地方を中心とする鉄道・路線バス事業者の101事業者が加入しています。

PASMOは首都圏で利用できる交通系ICカードですが、相互利用を行う全国の鉄道・バス路線でも利用可能です。
また、電車やバスだけではありません。
PASMOにチャージされた金額を利用してショッピングすることもできるのです。

PASMOの種類

PASMOには大人用(無記名・記名)、小児用(記名)、PASMO定期券があります。
購入する際にはそれぞれデポジット500円が必要となりますが、カードを返却するときに戻ってきます。

記名PASMOは個人情報を登録しないといけないという面倒な点がありますが、紛失した時に再発行が可能です。
残額がある状態で紛失しても、再発行できれば残額が戻ってくるので無駄にはなりません。

ただし再発行する時にはさらにデポジット500円と再発行手数料510円が必要なので、チャージした金額が少額な場合は新たに購入し直した方がいいでしょう。

PASMOにクレジットカードでチャージはできる?

PASMOへのチャージは、駅やバス営業所、お店でチャージする方法があります。
1回の操作でチャージできる金額は事業者によって異なりますが、残額20,000円以上はチャージできません。

クレジットカードでチャージしたいなら、オートチャージを利用するしかありません。
駅やお店でチャージするには現金を用意しなくてはいけない為、残額が足りなくなったときにはモタモタしがちです。
でもあらかじめクレジットカードによるオートチャージを設定しておけば、自動的に入金されるため便利です。

初期設定の場合だと、改札機にタッチした時点でPASMOの残額が2,000円以下だったら、3,000円が自動的にチャージされます。
この設定は駅で変更することも可能です。

PASMOにオートチャージ登録できるクレジットカード

駅やお店でチャージする場合は現金のみですが、オートチャージならクレジットカードが利用可能になります。
ただし、オートチャージ対象となるクレジットカードはパスタウンカードのみです。

パスタウンカードもVISAやMasterCardの国際ブランドがつき、海外旅行保険も付帯できるなど立派にクレジットカードとして活用できます。
年会費がずっと無料なのもいい点ですね。

PASMOで買い物ができるお店

交通系ICカードで支払いができるお店は増えており、全国でPASMOが利用できます。
コンビニや家電量販店、ディスカウントストアなどもあります。
SuicaとPASMOは相互利用が可能なので、Suica加盟店で難なく買い物ができるでしょう。

ただし、残念ながら金券類はPASMOで購入できないので、カード現金化を考えているなら他の商品を狙うしかないでしょう。
ビックカメラではPASMOも利用可能なので、電化製品を狙うのもいいかもしれません。

PASMOで払い戻しは可能?

同じ交通系ICカードのSuicaの場合、払い戻しで現金化をする裏技がありました。
PASMOも同様に払い戻しができます。
本人確認書類とPASMOを持ち、駅やバス営業所に持っていって手続きをすれば、デポジット500円と残額を合わせた金額が戻ってきます。
ただし、この場合だとカードを返却しなくてはなりません。

PASMOでカード現金化のメリット・デメリット

カード現金化は違法ではないものの、クレジットカード会社の利用規約に違反してしまいます。
ダイレクトにクレジットカードで換金性の高いものを複数購入してしまえば、カード会社にも睨まれやすくなります。

でも間に電子マネーのチャージを挟む事によって、カード現金化を分かりにくくすることが可能です。
PASMOを利用することで、カード会社に睨まれにくくなるということになります。
買い物で利用できるエリアも広がっている為、利用は首都圏のみに限られていないのです。

ただしPASMOを購入するには、駅やバス営業所に行かなくてはいけません。
普段から首都圏の駅やバス営業所を利用している人なら購入するメリットは十分にありますが、あまり利用しない人にはありません。
わざわざPASMOを購入するよりは、他の電子マネーを利用した方がいいでしょう。

また、PASMOにチャージできるクレジットカードはパスタウンカードだけというデメリットもあります。
他のクレジットカードを持っている人は紐づけができません。
パスタウンカードも年会費無料で非常にいいクレジットカードなのですが、わざわざ現金化目的のために発行するほどではないでしょう。

パスタウンカードで現金化利用は可能?

PASMOと連携することで様々なメリットを得られるパスタウンカードは、首都圏の交通機関を利用する人なら持っていても損はありません。
選べる国際ブランドはVISAとMasterCardです。

パスタウンカードで現金化は利用可能です。
自分で品物を購入して転売する方法もありますが、カード現金化業者を利用する方法もあります。
PASMOを利用するのが面倒くさいというなら、パスタウンカードを利用するのもアリでしょう。

PASMOユーザー・パスタウンカード所有者なら利用価値あり

PASMOでカード現金化するのは、元々PASMOユーザーの人に限られるでしょう。
さらにパスタウンカードを持っている人なら、利用価値はあります。
PASMOを使って買い物をし、高価買取してもらえるショップで現金化してもらえれば急なピンチの時にも現金を調達できます。

ただしPASMOで購入できるものは限られていますし、チャージ金額も20,000円までです。
ほんの少し現金が足りなくて困っているという時には活用できますが、多額現金化には向かないでしょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年04月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


最短でクレジットカードを現金化してもらえるサービスです