クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

カードローンが利用停止!そんな時にどうすればいい?

必要な時にいつでもATMから簡単にお金を借りられるのが、カードローンの魅力です。
いつもカードローンを当てにして生活している人も多いのではないでしょうか

しかし、ある日突然カードローンが止められてしまったらどうしますか?
考えたくもないでしょうが、実際にあり得るのです。
ここではカードローンが止められてしまう理由と、対策方法について考えてみました。

カードローンが利用停止になった理由

ではなぜカードローンが利用停止になってしまうのか、その理由について考えてみましょう。
心当たりがなかった人もその理由を読む事で気付くことがあるかもしれません。

1・貸金業法によるもの

カードローンやキャッシングは、貸金業法の総量規制の対象になっており、年収の3分の1までしか借りられないという制限があります。
金融機関は利用者の借入情報を、情報機関を通して共有しています。

もし他の借入が増えて年収の3分の1を超えてしまったら、規制の対象になり借入ができなくなります。
とはいえ貸金業も新規申し込み後は逐一信用情報をチェックしていない為、総量規制をオーバーして即利用停止になるという事はありません。

ただ、どのタイミングで信用情報を照会するのかは不明なので、ある日突然利用停止になってしまう事があるのです。
金融機関によっても情報を照会する頻度は異なり、かなりこまめにチェックしている業者もあるようです。

2・返済遅延・滞納

借金の返済が滞れば、やはりカードローンの利用停止に繋がってしまいます。
返済遅延や滞納は身に覚えがあるでしょうから、利用停止になったらすぐに気付く事でしょう。

また、他の借入先でブラックリストに載るような悪質な滞納があった場合、別のカードローンであっても利用停止になってしまう恐れがあります。
借入情報は信用情報機関に記録されますから、例え他の借入先だからといって影響がないとは思わないようにしましょう。

3・不正利用

カードローンの情報が誰かに盗まれてしまい、不正アクセス・あるいはATMより不正利用されてしまう事があります。
暗証番号を立て続けに間違ったり会員サイトに不審なログインがあったりすると、カード会社は大事を取って一時的に利用停止の措置を取る事ができます。

もちろんこの場合は、利用者に何ら問題がありませんから利用解除できます。
その場合は暗証番号も変更して、不正利用がなかったか調べてもらうといいでしょう。

4・利用額がいっぱいになった

カードローンが使えない!と思ったら、単純に利用可能枠いっぱいに使ってしまっただけの場合もあります。
自分のカードの利用可能枠を把握する事は借金地獄にならない為にも、とても大事な事です。
常日頃から明細書や会員サイトでこまめに利用可能枠をチェックしておきましょう。

利用停止になったらカード会社に電話してみる

カードローンが利用停止になったら、まずはカード会社に連絡する事が大事です。
不正利用やちょっとしたトラブルであれば、連絡する事で簡単に利用解除ができる可能性もあるからです。

「どうせ返済遅延だから利用解除ができない…」
そう思っているかもしれませんが、返済をして滞納が解除できれば利用解除できる可能性は十分にあります。
自然に利用解除を待つのではなく、まずは返済が遅れた段階で素早く連絡して即支払をするのがコツです。

利用解除できない!そんな時の金策

いくら理由があってカードローンが止められたとしても、お金が無ければとても困ります。
カード会社に連絡したけど利用解除できなかった、そんな場合の金策を考えてみましょう。

・新規のキャッシング・カードローン申込

素早くまとまったお金を作りたいというなら、新規で他の金融機関へキャッシングやカードローンの申込をするのが一番いい方法です。
申込から約30分で融資してくれる消費者金融もありますし、全てネットで完結するサービスも増えました。

ただし、新規の借入申込は審査が必ずあります。
返済遅延や貸金業法による理由で利用停止になっている場合、新規の申込審査に通らない確率が高いです。

人からお金を借りる

会社の同僚、家族など、人からお金を借りる方法もあります。
これなら審査も不要なので、カードローンが利用停止になった人でも借りる事ができます。

ただし個人の場合、借りたい時に欲しい分のお金を持っているとは限りません。
借りられる人が身近にいないという人もいるでしょうし、気を使ってしまいます。

最近ではネット掲示板を使った個人間の借金もありますが、どこの誰かも分からない個人からお金を借りるのはなんとも不安が残る方法と言えます。

・不用品を売る

家にある不用品を売ってしまい、お金を作るという方法もあります。
ネットオークションやフリマアプリを利用する手もあるのですが、高還元率の可能性はあっても即日現金化は無理です。

その日のうちでお金を作りたいなら、やはり店舗に持ち込んで買い取ってもらうのが一番でしょう。
ゲーム機やAV機器、ブランドバッグであれば比較的買い取ってもらいやすいのですが、都合のいいように換金性の高い品物が家にあるとは言い難く、人によってはハードルの高い手段といえます。

・アルバイトをする

働いて賃金を得るのが、人にも気を使わないで済むし金利手数料もかからず一番いい方法です。
ただし、アルバイトをしてもすぐに給料が得られる訳ではなく、通常は翌月になってしまいます。

日払いのバイトも色々とあるものの、働ける場所や時間・仕事内容など、自分の都合に合わない事も多くうまく探せない事があります。
日払いのバイトを探すなら、複数の派遣会社に登録しておくと少しでも仕事が見つかる可能性が増えて便利です。

・カード現金化をする

もしクレジットカードのショッピング枠が残っているなら、カード現金化をしてみましょう。
自分でやるのが怖いなら、現金化業者を利用するのが簡単です。

現金化業者もネットから申込みができ、その日のうちでお金を振り込んでくれます。
手数料はかかってしまいますが、どうしても現金が必要という時には致し方ありません。

ただし、便利なカード現金化もクレジットカードを持っていなかったりショッピング枠に余裕が無かったりすれば利用できません。

どんな場合でも逃げ道は作っておこう

カードローンがあるからクレジットカードは必要ないと思っている人でも、作れる可能性があるなら1枚や2枚は作っておいた方が便利です。
なぜなら万が一カードローンが利用できなくなった時でも、カード現金化やクレジットカードのキャッシングで現金を調達する方法が作れるからです。

また、クレジットカードもカードローンもあればあるだけ使いまくってしまう人がいますが、急に利用が止まってしまった時にとても危険です。
返済が少しきついなと思っていても、常に少し利用可能枠に余裕を持たせておいた方が急なピンチを乗り越える事ができます。

もしそれが難しいような生活が続くのであれば、やはり本格的に債務整理などの方法を検討しておきましょう。
何事も早めの判断が必要です。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、ハピネスです。

最高換金率も98.8%と非常に高くて人気の高い現金化業者です。 即日プランなら最短3分で振込可能で迅速。ネットバンクで夜間の振込可能。カードトラブル0件、リピータ率88.2%で実績も十分。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、ハピネス公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年11月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス