• トップページ
  • カテゴリ
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問
  • トップページ
  • カテゴリ
  • 自分でやる現金化
  • 基礎知識
  • 良くある質問
  • 裏技
  • 詐欺トラブル
  • その他
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問

Amazonギフト券を高価買取してくれる換金方法4選

Amazonギフト券を使った現金化をする時、できるだけ高く売りたいと思うのは当然ですよね。
どのような売却方法があるのでしょうか。高く売ることができるのでしょうか。

Amazonギフト券を使った現金化は主流になりつつあります。
現在では様々な売却方法がありますので、特徴や換金率などとご紹介します。

ギフト券専門の買取サイト

Amazonギフト券を換金するには専門の買取サイトを利用する方法があります。

買取サイトは、オンラインで買取しており、ギフト券番号だけでやりとりできるから、ギフト券の配送などの必要もなく、現金は自分の口座に振込みしてもらうことができ、即日現金化ができます。

買取サイトで現金化する手順

  1. Amazonギフト券買取サイトにある申込みフォームから買取の申込みをする
  2. 申込み内容の確認と本人確認
  3. Amazonギフト券の確認が取れ次第、自分の口座に現金が振込みされる

買取サイトはたくさんあって選定するのが大変ですが、中には悪質な買取サイトもあります。
そのようなサイトに申込みしてしまうと、ギフト券だけ取られて現金が受け取れなかったり、業者と連絡がつかず個人情報だけもっていかれてしまうケースなど様々な被害がでています。

必ず身元のハッキリした運営実績のある業者を利用しましょう。

換金率

買取サイトにより様々ですが、Amazonギフト券は、85%~95%ほどで換金できます。
額面によって換金率が変わります。

メリット

  • 面倒な作業が一切なく、申込みすれば簡単に現金化できる
  • オンラインだから家にいながら即日現金化できる
  • 換金率が良い
  • 24時間営業の買取サイトも

デメリット

  • 悪質な業者がいる

デメリットは一点だけですが、悪質なサイトに申込みしないよう注意しましょう。
事前に利用者が多く、評判の良いサイトであるか調べておきましょう。

Amazonギフト券の転売サイト

Amazonギフト券など電子ギフト券を売買できる転売サイトというサービスもあります。

転売サイトはヤフオクやフリマアプリのように、個人で出品して落札されれば現金が入金されるシステムです。
例えば「amaten」や「アマオク」などがこれにあたります。

転売サイトで現金化する手順

  1. 転売サイトに新規会員登録をする
  2. 「売る」または「出品する」から、Amazonギフト券を選択し、ギフト券番号や額面、有効期限、販売価格を入力する。
  3. 購入され、取引が確定すると、自分のアカウントにチャージされる。
  4. 会員メニューから出金申請をすると口座に入金される。

サイトにより手順は異なりますが、概ねどこも同じようなシステムになっています。

換金率

換金率はサイト内での需給によってきまりますが、概ね86%~98%ほどです。

販売価格を自分で設定できます。
安く販売すれば早く売れるし、高く売ればなかなか売れないということになります。

このような出品者と購入者の価格調節によって買取金額が変わってきます。

メリット

  • 自分で販売価格を設定できるから、高い換金率で現金化できる
  • オンラインで取引できる

デメリット

  • すぐに売れるとは限らない。時間がかかることもある。
  • 出品手数料がかかる
  • 自分の口座に出金するときに手数料がかかる
  • 自分で出品したり、相手とやり取りしたりするのが少々面倒
  • 取引相手とトラブルになることがある

転売サイトでは、換金率が高いというメリットがある一方で以下のようなトラブルの事例も増えています

購入したAmazonギフト券がアカウントに登録できなかった
お金を払ったのにAmazonギフト券番号が送られてこない
詐欺に利用されたAmazonギフト券だった
アカウントに登録したら、アカウントがロックされた

個人間での取引なので必然的にトラブルも多くなりますが、このようなトラブルはAmazon側にも多数の報告がされているようで、Amazonサイト内にも注意喚起が記載されています。

amazontyui

このようにトラブルが多いため現時点ではあまりおすすめは出来ません。
ただし、換金率が高くなりやすいので、Amazonギフト券を高く換金してもらいたい場合の選択肢の一つとして知っておいて損はないかと思います。

オークションサイトやフリマ

ネットのオークションサイトやフリマアプリでAmazonギフトを換金できるのかというと、

ヤフオクはAmazonギフト券を出品して売却することができます。

メルカリは金券類の出品が禁止されているため、Amazonギフト券も出品できません。

その他、ほとんどのフリマアプリで金券類の出品は禁止されています。
それは貸金法や出資法に該当する恐れがあるからです。

金券類はお金の代わりに支払いに使えるものです。
お金と同じ価値があるため、それを簡単に売買できてしまうと、貸金に該当してしまうかもしれません。

このようにグレーゾーンであるため、お金の代わりになるような金券類は全て出品禁止としています。

ヤフオクで出品する場合、転売サイトのように、自分で販売価格を設定することができるので、高く売ることもできます。
少しでも安くお得に購入したいという人が落札しにくるので、95%以上で出品しても落札される可能性が高いです。

また、今までたくさんの出品履歴があり、評価の高い出品者であれば落札されやすくなります
取引相手からの評価は重要で、悪い評価の多い人は落札されにくくなります。

初めての出品は落札まで時間がかかるかもしれません。
でも誠実な対応を心掛け、誠実に取引することで高い評価を稼ぐことができます。

ヤフオクでは金券類の出品を禁止していません。
カテゴリに「チケット、金券、ギフト券」がきちんとあるため、出品することができます。

ただ、AmazonではAmazonギフト券の転売を禁止していますから、もしAmazonに発覚すると残高の無効化やアカウント停止などの措置が取られる可能性があります。

ヤフオクで現金化する手順

  1. ヤフオクのアカウントがない場合は、アカウントの登録をする
  2. 登録後、「出品」から商品説明文、画像、金額、オークションの終了時間、決済方法等の設定をします。金額は落札最低金額と即決金額が設定できます。
  3. 落札されたら、落札者から連絡がくる。支払いについて連絡し、決済の確認がとれたらAmazonギフト券の券番号を送る。

ヤフオクは出品手数料はかかりませんが、落札されると販売金額から手数料が引かれます。

換金率は?

ヤフオクを使ってAmazonギフト券を換金する場合の換金率は、90%~98%ほど期待できます。

少しでも安く買いたい人にとっては98%でもお得と感じますので、このレートでも取引が成立する可能性が十分あります。

ただし、高換金率の設定で出品した場合は売り切るのに多少時間がかかるというのと、アカウントの信頼性(ヤフオクの評価)が必要になります。

同じAmazonギフト券ならより安い方から売れて行きますし、同じ価格ならヤフオク評価の高い出品者から売れていきます。

もし、早くお金が必要な場合は落札されやすいように低い価格設定や低い即決価格で出品するのも良いかと思います。

ヤフオクでのAmazonギフト券の換金は、時間と手間を惜しまずにじっくりと取引するならかなり高い換金率での売却が期待できます

ただし、落札価格から別途、落札手数料8.8%〜10%が引かれるため、その点は計算に入れておきましょう。

メリット

  • 価格を設定することができるから高い換金率が期待できる
  • ギフト券番号を伝えるだけの取引で済む

額面以上の金額設定をしても売れることがあります。
それは、ヤフオクではTポイントが使えるからです。

Tポイントの使用期限は1年なので、使い道がなく期限が切れる前にヤフオクでAmazonギフト券を購入したいという人が意外と多いのです。

ですから、ヤフオクの場合、少し高くても売れることもあります。

また、Amazonギフト券のような電子ギフト券の良いところは、ギフト券番号をメールで簡単に送るだけで転売ができます。
ヤフオクに出品しても、発送の必要がないため手間もなく配送料もかからないのもメリットの一つです。

デメリット

  • 出品に手間がかかる
  • いつ落札されるか分からないため、即換金できるとは限らない
  • 悪質な人もいる

最初に出品するための登録が必要です。それに少し手間と時間がかかりますが、あとは落札されるのを待つだけです。
ただ、いつ落札されるかは分かりませんし、ずっと落札されない可能性もあります。

そのため即換金とはいきません。

また、中には悪質な人もいます。お金を払わずギフト券番号だけをもっていかれてしまうといった事例もあります。
また、使用不可のAmazonギフト券だったなどと嘘をつかれ返金要求してくる人もいます。

ヤフオクにも悪質な人がいますので慎重な取引が必要になります。

Amazonで売られている商品の転売

Amazonギフト券を使ってAmazonで販売されている換金性の高い商品を購入して転売し、現金を手に入れる方法です。

Amazonでは基本的にギフト券や商品券の販売がありません。

ですからそれ以外の高く売れる商品で現金化する必要があります。
例えば、以下のようなもです。

  • プリペイドカード
  • ゲーム機、ゲームソフト等
  • QUOカード(高額なレアなカードも販売されています)
  • 図書カード(高額なレアなカードも販売されています)

上記のようなものは、高い換金率で売ることができます。
QUOカードや図書カードはレアなものも多く販売されています。

非売品も販売されており、買取してもらう際は専門の買取店に依頼しましょう。

普通のリサイクルショップでは高値で買い取ってもらえません。
とても損してしまいますから、専門のショップで、まずは見積りを出してもらいましょう。

現金化する手順

  1. 金券ショップなど専門のカード買取店、中古ゲーム専門店などそれぞれの専門のショップで買取の依頼をする。店舗でもネット買取でも良い。
  2. いくつかのショップで見積りを出してもらう。
  3. 買取額に納得できたら、正式に申込みする。
  4. ショップの手順に従って買取してもらう。

換金率

換金率は商品によります。
ゲーム機類は新品で人気のゲーム機だと80%ほどの換金率で売ることができます。
プリペイドカードは85%から90%、レアなクオカードや図書カードは物によります。

メリット

  • クレジットカード現金化ほどのリスクがない
  • 購入額より高く売れることもある

デメリット

  • 換金率が低い
  • 商品知識や目利きが必要

以上、Amazonギフト券を高価買取や売却できる方法をご紹介してきました。

ざっくり言うと換金率と利便性(即金性)のバランスで方法を選ぶことになるのだと思います。

一番おすすめの方法は、ギフト券専門の買取サイトを利用する方法です。
換金率もそこそこ良くて、かつ手間が掛からないからです。

もし、キャッシング・カードローンなどの金融サービス以外で現金調達方法を探しているのであれば、クレジットカード現金化業者を利用するのもおすすめです。

クレジットカードのショッピング枠を即日現金化して振り込みしてもらうことができます。

Amazonギフト券を自分で効率良く現金化したい方は「Amazonギフト券現金化を自分で効率よくする方法」も併せてご覧ください。

クレカを使って即日現金を調達する方法

通帳

クレジットカードのショッピング枠で現金を作ることもできます。

やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。

30分くらいで現金を振り込んでもらえます。

仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。

業者にやってもらうと、カード利用停止のリスクが軽減されるのと、不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。

もちろん「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。収入がない無職の人や、専業主婦でも利用できます

返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。

闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。

私がおすすめする現金化業者は「アースサポート」です。

土日祝日も営業していてい即日振り込み可能で、最高換金率は98.8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。


アースサポート

金額はカードにもよりますが、私の楽天カードでは30万円まで行けました。

無料見積もりも出来るので、気になる方は是非公式サイトから申込してみてください。