クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

多重債務者カード現金化で乗り越えられる?メリットと注意点

多重債務とは、複数の借入先がある状態を指します。
特に3つ以上の借入先があり毎月借金返済に明け暮れている人を、多重債務者と呼びます。
既に多重債務の状態に陥っていると新規の借入が難しいので、現金のピンチがやってきたときの資金繰りに困ってしまいます。
そんな多重債務者でも、クレジットカードの現金化サービスを利用すればピンチは乗り越えられるのでしょうか。

多重債務でもカード現金化があれば安心な訳

多重債務の状態でも、カード現金化は利用できます。
資金繰りに困ればキャッシングを真っ先に思い浮かべますが、カード現金化の方が利用しやすい事があるのです。

利用するための必須条件が少ない

カード現金化はキャッシングに比べると、利用するための条件が非常に少ないです。
キャッシングに申込むときには、必ず借入審査を受けなくてはいけません。

多重債務の人は借入審査に落ちてしまうリスクも高いでしょう。
また、職場への在籍確認や収入証明書の提出など、面倒なこともたくさんあります。

既に利用しているキャッシングも利用可能枠いっぱいに使ってしまえば利用できません。
他に借入が多く年収の3分の1まで達してしまうと、例え利用可能枠に余裕があっても利用できなくなる可能性も非常に高いです。

しかし、カード現金化は借入申込ではないので、借入審査を受ける必要はありません。
クレジットカードの持ち主か確認するため身分証の提示は必要ですが、面倒な契約書への記入や収入証明書の提出、在籍確認も一切必要ありません。

必要なのは利用可能な自分名義のクレジットカードのみです。
利用可能枠に余裕があり、利用停止にされていなければカード現金化が利用できます。

総量規制にかからない

総量規制とは、借入額が年収の3分の1までに制限されるルールの事です。
キャッシングやカードローンは総量規制の対象なので、合計が年収の3分の1にまで達していたら新規利用はできません。
新たにキャッシングに申し込もうと思っても、信用情報を照会されれば借入額がすぐに知られてしまいますし、審査に通る事はないでしょう。

ただし、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象外です。
総量規制のせいで新規のキャッシングができず困っている人でも、クレジットカードのショッピング機能は利用できます。

ショッピングは通常サービス料金を支払ったり品物を買ったりするしか利用できませんが、現金化サービスを利用すればいくらか現金が手に入ります。
ショッピングではなくどうしても現金を用意しなくてはいけないという場合には、カード現金化を利用するととても便利なのです。

即日、いつでも利用できる

カード現金化は申し込んだその日に現金を調達できます。
現金化サービスには店舗型とネット型がありますが、どちらでも即日で現金化してくれる業者が多いのです。

まず、店舗型は直接店舗に出向いて手続きをする為、営業時間内であればその場で現金を受け取れます。
ただし店舗型の営業時間は店によってばらつきがあり、日曜営業しているところも多いですが遅くても夜の9時くらいまででしょう。

ネット申込の場合だと、24時間体制で受付が可能です。
日本国内であればどこに住んでいてもネットから申込ができます。

ネット申込も実際に現金を受け取るとなると平日に申込を済ませておかなくてはならないという制限はありますが、急ぎの人用に即日プランを設けている業者も多いです。
朝申し込んでおけば、ほんの数10分で現金化することも可能です。

多重債務者が現金化利用するときの注意

クレジットカードさえあれば多重債務者だろうがなんだろうが、カード現金化は利用できます。
しかしその便利なカード現金化も万能ではなく、注意しなくてはいけない点がとても多いのです。

借金は減らない

当り前のことですが、カード現金化で借金は減りません。
クレジットカードのショッピング枠を利用するのですから、むしろ借金額は増えています。
多重債務の状態になっていると自分の借金状況がどのようになっているか把握しづらく、当り前のことに気付かない事が多いのです。

ショッピング機能で利用した分を現金化業者が現金にしてくれますが、利用した分はカード会社に返さなくてはいけません。
次の支払い月には利用した分と金利手数料を併せてカード会社へ返済しましょう。

連続利用は確実に首を絞める

これまで多重債務で月々の返済が苦しい人は、現金化利用した分を翌月一括で支払うことはできないのではないでしょうか。
もし翌月一括払いできるような状態であれば、多重債務にもなっていないでしょう。

その為、支払を一括ではなくリボ払いに指定することが多いです。
リボ払いは月々決まった額を返済すればいいので楽なのですが、利用した分が増えたのに返済額が増えない為、借金が一向に減らないのです。

リボ払いで返済期間が長引き、金利手数料も多く発生します。
もし連続でカード現金化を利用すれば、確実に自分で自分の首を絞めることになるでしょう。

利用停止のリスクが高い

カード現金化は違法ではありませんが、現金化のためにクレジットカードを利用するのはカード会社の利用規約に違反します。
もし現金化だということがばれたら、カードは利用停止されてしまいます。

現金化は換金性の高い物や同じ商品の大量購入などをすると疑われてしまいます。
しかしカード会員数は非常に多く、カード会社は全ての会員の利用状況をチェックしている訳にはいきません。

多重債務者のように普段から利用可能枠ギリギリまで利用している人や他の借入が多い人は、カード会社からにらまれやすい傾向にあります。
その為、他の人よりカード利用停止のリスクが高いのです。

多重債務者は一度だけ現金化利用をしよう

多重債務者は残されたショッピング枠を現金化することで、ピンチを乗り越える事ができます。
しかしカード現金化はその場しのぎです。
来月になればまた同じように借金返済日がやってきますし、新たに利用したショッピング利用分も合わせて返さなくてはなりません。

多重債務者がカード現金化を利用するなら、一度だけのつもりで利用しましょう。
一度利用すればほんの少し問題が先延ばしできるので、次の返済日までにどのようにすればいいのか次の対策を考えなくてはいけません。

例えば知人や家族に頭を下げてお金を借り、借入先を1つでも少なくすることもできるでしょう。
要らないものを処分し、借金返済に充てることもできます。
どうしても手段がなければ、弁護士に相談して債務整理も検討しなくてはなりません。

カード現金化で借金問題が無くなると勘違いしないこと。
その点をしっかりと念頭に置いて、カード現金化を賢く利用しましょう。

高還元率でクレジットカードを現金化するなら

アンフィニクレジット
最高換金率 96.0%
特徴 24時間受け付け、即日現金化可能の現金化サービス。新規申し込みでAmazonギフトカード5000円分プレゼントキャンペーン
即日振込
夜間対応 ゆうちょ・ジャパンネット銀行・楽天銀行
土日祝日振込
評価 ★★★★★ 4.5  
このサービスを利用する
ご利用にはクレジットカードが必要になります

24キャッシュ
最高換金率 98.8%
特徴 24時間365日いつでも受け付け。最高換金率は業界トップクラスの98.8%。ネット銀行の利用で15:00以降の振込も対応可能。
即日振込
夜間対応 ゆうちょ・ジャパンネット銀行・楽天銀行
土日祝日振込
評価 ★★★★☆ 4.2  
このサービスを利用する
ご利用にはクレジットカードが必要になります

換金クレジット
最高換金率 96.0%
特徴 土日祝日や夜間の振込も対応。ネットバンクで24時間振込可能。換金率テーブルも公開されているので検討もしやすい。カードが止まるなどの事故も0で実績も十分
即日振込
夜間対応 ゆうちょ・ジャパンネット銀行・楽天銀行
土日祝日振込
評価 ★★★★☆ 4.1 ( 評価を見る )
このサービスを利用する
ご利用にはクレジットカードが必要になります

アンフィニクレジット
お申し込み

最高換金率96.0%

即日振込

振込対応土日祝○ 24時間(ネットバンク)

リボ・分割

評価★★★★★ 4.5

特徴24時間受け付け、即日現金化可能の現金化サービス。新規申し込みでAmazonギフトカード5000円分プレゼントキャンペーン  

お申し込み
24キャッシュ
お申し込み

最高換金率98.8%

即日振込

振込対応土日祝○ 24時間(ネットバンク)

リボ・分割

評価★★★★☆ 4.2

特徴24時間365日いつでも受け付け。最高換金率は業界トップクラスの98.8%。ネット銀行の利用で15:00以降の振込も対応可能。  

お申し込み
換金クレジット
お申し込み

最高換金率96.0%

即日振込

振込対応土日祝○ 24時間(ネットバンク)

リボ・分割

評価★★★★☆ 4.1

特徴土日祝日や夜間の振込も対応。ネットバンクで24時間振込可能。換金率テーブルも公開されているので検討もしやすい。カードが止まるなどの事故も0で実績も十分
>> レビューを見る

お申し込み
※ご利用の際はお手元に自分名義のクレジットカードをご用意ください。