クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

Tポイントは現金化可能?より効率よく換金する方法

ポイントの中で最も知名度が高いのは、Tポイントではないでしょうか。
多くの人がおサイフの中にTポイントが貯まるカードを入れているでしょう。

そんなTポイントですから利用方法も多いのですが、気になるのはやはり現金化についてです。
果たしてTポイントを換金できるのか、その辺りについてまとめてみました。

Tポイントが貯まる方法は多い

TポイントはもともとレンタルビデオショップのTSUTAYA利用で貯まるポイントサービスでしたが、今では多くの提携先を利用する事でポイントが貯まります。
有名なところだとファミリマート、吉野家、ガスト、バーミヤンなどです。
その他不動産関係でもTポイントシステムを適用している所があります。

また、インターネットや通信関係でも貯まるポイントとして知られています。
ヤフーショッピングやソフトバンクユーザーはTポイントを活用している人が多いでしょう。

このようにTポイントが貯まる提携先はあらゆるところにあります。
また貯まったポイントは支払いに利用する事が可能です。

ポイントシステムの中には最低500ポイント以上貯めないと使えないというものもあるのですが、Tポイントは1円からでも使えます。
例えば昨日ファミリーマート利用で付与された1ポイントを、今日ガストの支払に1円分として使う事もできるのです。

ポイントの還元率はキャンペーンや店によっても多少異なりますが、基本200円につき1ポイントです。
あまり還元率はいいように思えませんが、キャンペーンやボーナスポイントなどのサービスも多いので、工夫次第で貯まりやすいポイントです。

Tポイントが貯まるカードは種類がたくさんあります。
※ポイント付与のみのTカード
※TSUTAYAレンタル機能付きのTカード
※クレジット機能付きTカード(Tカードプラス、ファミマTカード、TSUTAYA・Wカードなど)

どこで発行されたカードでも、Tポイント提携先であればポイントを貯める事ができます。

Tポイントは現金化が可能!

通常、買い物で貯まるポイントの場合、商品に交換するか支払に充当させるかのどちらかしかなかったでしょう。
もし現金化しようと思うなら貯まったポイントで買い物をして、その品物を売るしかありません。

しかしTポイントはダイレクトに換金ができるポイントなのです。
Tポイントを換金するには、ジャパンネット銀行の口座が必要です。

ジャパンネット銀行といえば日本で初めてのネット専業銀行です。
現在ヤフーの連結子会社となっており、ヤフーショッピングやヤフオク利用でも非常に便利な銀行です。
直接Tポイントを換金できるのは、ジャパンネット銀行だけです。

※ジャパンネット銀行を使ってTポイントを換金する条件と方法

まず、Yahoo!ウォレットの受取口座にジャパンネット銀行の口座を登録する必要があります。
それにはヤフーのアカウントも必要となります。
Yahoo!ウォレットの「登録情報の確認・変更」というところから、受取口座の登録ができます。

あらかじめジャパンネット銀行の口座登録が済んでいれば、Yahoo!アカウントにログインしTポイントのページに移りましょう。
「たまる・使える」というページを開いたら、その中に「Tポイントを提携先ポイントに交換」という箇所があるので、そこからジャパンネット銀行を選びます。

交換単位は1000ポイント以上100ポイント単位で、期間固定ポイントは交換できません。
交換レートはTポイント100ポイントにつき85円となっています。
申請してから約2週間でジャパンネット銀行口座に振り込まれます。

Tポイントに集約する方法もあり

Tポイントはジャパンネット銀行を通じた換金以外にも、suicaポイントに交換する事もできます。
逆にさまざまなポイントをTポイントに交換できます。
例えばオリコポイント、アメリカンエキスプレスポイント、その他アンケートサイトなどのポイントもあります。

ちりも積もれば山となるといいますが、Tポイントに交換できる提携先サービスに集中して利用すれば、意外と1ヶ月でTポイント貯める事ができます。
上手にTポイントに集約できれば、ちょっとしたお小遣いになるかもしれません。

期間固定ポイントの使い道

ポイントをジャパンネット銀行口座に振り込む、もしくは提携先ポイントへ交換できるのは通常ポイントのみです。
残念ながら期間固定ポイントは、換金も他ポイントへの交換もできないのです。

期間固定ポイントとは、ポイント毎に有効期限と利用先が限定されているTポイントです。
ヤフーでもらった期間固定のTポイントはヤフーショッピングやヤフオクでしか使えず、ファミリマートやガストなどでの支払いに利用できません。

しかも意外と有効期限が短く設定されており、すぐに失効してしまいがちです。
慌てて使おうと思っても、使い道がなかなか見つからないなんて事もあるのではないでしょうか。

もしヤフーでもらった期間固定のTポイントであれば、取りあえずアマゾンギフト券を購入するというのも一つの手です。
ヤフオクではアマゾンギフト券が多く出品されています。
実は落札金額の支払いに期間固定のTポイントが使えるのです。

アマゾンギフト券にしておけば有効期限も伸びますし、失効させてしまうよりは多少手数料がかかってもいいという事で利用する人が多くいます。

ジャパンネット銀行を使わない場合

ジャパンネット銀行の口座を元々持っている人ならいいですが、持っていない人はこれから口座開設となるととても時間がかかってしまいます。

ジャパンネット銀行を使わないのであれば何か品物を提携先で購入するか、suicaポイントに交換しておくのもいいでしょう。
もしくはアマゾンギフト券に換えておけば高還元率で売る事もできて便利です。

Tポイントでカード現金化はできる?

Tポイントはチャージするものではなくサービス利用に応じて付与されるポイントなので、クレジットカード現金化に活用するのは無理があります。
ただし貯まったTポイントを直接換金できるのは、とても魅力的に思えます。

でも通常の買い物などの利用で付与されたポイントを換金しようと思っても、無駄があり過ぎます。
ジャパンネット銀行口座への振込だと100ポイントが85円に減ってしまいますが、Tポイントのまま買い物に使用すれば100円分として使えます。

これが1万や2万といった多量のTポイントだと多少手数料がかかっても、換金の方がいいと思うかもしれません。
不動産サービス、証券会社口座の開設などでプレゼントされるポイントは結構大きいので、万単位で貯まる事もあります。
でも少額であれば、そのまま提携先の支払いに使った方がいいでしょう。

Tポイント換金のまとめ

Tポイントはジャパンネット銀行を利用すれば直接換金も可能、ただし少額であればあえて換金は選ばずアマゾンギフト券に換えておくのがお勧めです。
この方法なら少ないTポイントでも期間固定ポイントでも価値を落とす事なく、有効活用ができます。
ヤフーのアカウントを持っている人は、ぜひTポイントと連携しておきましょう。

簡単かつ高還元率でクレジットカードを現金化する方法

クレジットカードの枠を現金にする方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は専門の業者を利用することです。 特にオンラインで手続きと振込が完結する業者がおすすめです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最低額3万円〜100万円以上まで対応で買取率も高くて、決済できれば最短5分で入金されます。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

自分のクレジットカードさえあれば主婦や無職の人でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2019年07月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。