• トップページ
  • カテゴリ
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問
  • トップページ
  • カテゴリ
  • 自分でやる現金化
  • 基礎知識
  • 良くある質問
  • 裏技
  • 詐欺トラブル
  • その他
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問

Tポイントは現金化可能?より効率よく換金する方法

Tポイントを現金化することはできますか?どんな方法で現金化すればいいでしょうか?

Tポイントは現金化することができます。
この手の共通ポイントサービスとしては換金の選択肢が多い方かもしれません。

公式の方法から裏技までいくつか方法がありますので具体的に解説していきます。

Tポイントを現金化して銀行口座へ振り込み

共通ポイントは本来買い物で使うもので、もし現金化しようと思ったらポイントで買い物をして、その品物を売るしかありません。

しかし、Tポイントはダイレクトに換金することができます。

Tポイントを換金するには、ジャパンネット銀行の口座が必要です。

ジャパンネット銀行は、日本初のネット専業銀行ですが、現在ヤフーの子会社となっていて、ヤフーショッピングやヤフオクとの連携もしやすくなっています。

直接Tポイントを換金できる銀行は、ジャパンネット銀行だけです。

ジャパンネット銀行を使ってTポイントを換金する条件と方法

Tポイントはジャパンネット銀行の口座があれば、現金に換えることができますが以下のような条件があります。

Tポイント現金交換条件

Tポイントが1,000ポイント以上あって、Yahoo!ウォレットの受取口座にジャパンネット銀行を登録しているYahoo! JAPAN IDが必要です。

また、ジャパンネット銀行の口座がない場合は開設し、Yahoo!ウォレット受取口座の登録も必要です。

この条件をクリアしていれば、以下の手順で、Tポイントを現金に換えることができます。

  1. ヤフーにログインし、交換可能なポイント数を確認する
  2. (1,000ポイント以上10ポイント単位で交換できます。)

  3. Yahoo!ウォレット受取口座情報にジャパンネット銀行口座を登録してあること
  4. (※Tポイントを現金交換する際の申し込みには、ジャパンネット銀行の口座開設を行い、Yahoo!ウォレット受取口座登録が必要です。)

  5. 現金への交換条件を満たしていると、こちらの「Tポイントを現金に交換」ページに「手続き開始」ボタンが表示されている
  6. (表示されていない場合はログインできていないか、条件を満たしていません。)

  7. 手続き開始をクリックする
  8. 「Tポイント交換(現金)の重要事項」を確認して、「同意する」を選択する
  9. 現金に交換したいTポイント数を入力する
  10. 入力したTポイント数および交換される金額を確認する
  11. 入力内容を確認後、「申し込む」ボタンをクリックすると申し込み完了

交換単位は1000ポイント以上100ポイント単位で、期間固定ポイントは交換できません。

交換レートはTポイント100ポイントにつき85円となっています。

申請してから約2週間でジャパンネット銀行口座に振り込まれます。

Tポイントから交換できるポイント

Tポイントは現金以外に、「Yahoo!JAPANサイト」「Tサイト」で以下のポイントへ交換できます。

それぞれのサイトによって、交換できるポイントの種類は違います。

Yahoo!JAPANで交換できるポイント

Yahoo!JAPANで交換できるポイント

Tサイトで交換できるポイント

Tサイトで交換できるポイント

期間固定ポイントの使い道

ポイントをジャパンネット銀行口座に振り込む、もしくは提携先ポイントへ交換できるのは通常ポイントのみです。

残念ながら期間固定ポイントは、換金も他ポイントへの交換もできないのです。

期間固定ポイントとは、ポイント毎に有効期限と利用先が限定されているTポイントです。

ヤフーでもらった期間固定のTポイントはヤフーショッピングやヤフオクでしか使えず、ファミリマートやガストなどでの支払いに利用できません。

しかも意外と有効期限が短く設定されており、すぐに失効してしまいがちです。

慌てて使おうと思っても、使い道がなかなか見つからないなんて事もあるのではないでしょうか。

もしヤフーでもらった期間固定のTポイントであれば、取りあえずアマゾンギフト券を購入するというのも一つの手です。

ヤフオクではアマゾンギフト券が多く出品されています。
実は落札金額の支払いに期間固定のTポイントが使えるのです。

アマゾンギフト券にしておけば有効期限も伸びますし、失効させてしまうよりは多少手数料がかかってもいいという事で利用する人が多くいます。

証券会社を使ってTポイントを換金する方法

証券会社を使ってTポイントを換金する方法があり、例えば以下のような方法で換金できます。

SBI証券で投資信託をして換金する

SBI証券は、投資信託の購入にTポイントを利用することができます。

SBI証券とTポイント

1ポイント1円として、1ポイント単位、上限なしで使えます。
大量にポイントが貯まっていれば全てのTポイントを使うことができます。

国内の債券で、手数料無料の投資信託を選んで購入し、すぐに売れば損失は最小限で済みます。ただし金額指定のものが対象で、口数での購入、積立、ジュニアNISAは対象外です。

SBI証券の口座の開設は無料で、口座維持費等の手数料もかかりません。また、住信SBIネット銀行の口座開設も無料です。

ポイント投資 サービス概要

口座を開設し、Tポイントで投資をする流れです。

Tポイントで投資手順

詳しい口座開設手順は以下の通りです。

口座開設手順

ネオモバでETFを使って換金する

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)でTポイントを投資に使って換金することができます。

ネオモバ

ネオモバ株

投資だけでなく、TポイントでFXもできます。

ネオモバFX

まずは、以下の手順で口座をつくりましょう。

ネオモバ口座開設

お金がたくさんないと投資はできないと思っている方も多いと思いますが、このようにポイントを投資として使うことができるのです。

Tポイントは1ポイントから気軽に投資することができ、少額ポイントでも利用できます。

ただ月額利用料が以下の通り最低でも220円かかります。

月額利用料

Tポイント換金のまとめ

Tポイントはジャパンネット銀行を利用すれば直接換金も可能です。

ただし少額であればあえて換金は選ばずアマゾンギフト券に換えておくのがお勧めです。

この方法なら少ないTポイントでも期間固定ポイントでも価値を落とす事なく、有効活用ができます。

クレカを使って即日現金を調達する方法

クレジットカードでお金を作る

クレジットカードで現金を作ることができます。

やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。

30分くらいで現金を振り込んでもらえます。

仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。

業者にやってもらうと、カード利用停止のリスクが軽減されるのと、不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。

もちろん「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。収入がない無職の人や、専業主婦でも利用できます

返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。

闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。

私がおすすめする現金化業者は「アースサポート」です。

営業時間は7:30〜22:00と遅くまでやってくれているし、土日祝日も営業していてい即日振り込み可能です。

最高換金率は98.8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。


アースサポート

金額はカードにもよりますが、私の楽天カードでは30万円まで行けました。

無料見積もりも出来るので、気になる方は是非公式サイトから申込してみてください。