クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

総量規制いっぱいに借りているのにクレジットカードは利用できる?

お金を借りている人にとって他人事ではないのが、総量規制です。
総量規制があるせいで、現金が作りたくても作れないという困った現象が起きています。

でもそんな人でもクレジットカードの現金化は利用できると言います。
いったいなぜ総量規制いっぱいに借金があってもカード現金化が可能なのかみてみましょう。

総量規制とは

総量規制とは、年収の3分の1までしか借入ができない規制の事です。
2010年の改正貸金業法施行により、総量規制が敷かれました。
それまでは年収の3分の1という制限は無かった為、派遣社員やアルバイトといった低収入の人でも数百万の借金をする事ができていました。

例えば年収300万円の人であれば、100万円までしかお金が借りられないという事です。
これは1か所からの借入金額ではなく、総額になります。
3社からお金を借りているなら、その3社の借入合計が100万円に達してしまったら年収300万円の人はもう借金ができなくなります。

総量規制は多重債務・借金地獄の悪化を防ぐべく敷かれたルールなのですが、これまで自転車操業をしていた人にはいきなりキャッシングが一切できなくなる事で、お金が回らなくなるという悲劇を生みました。

借金が多いと審査に通らない理由

金融機関同士は、第三者機関である信用情報機関を通して借金をしている人の情報を共有しています。
新規の借入申込があれば必ず審査が行われるのですが、その時に信用情報機関のデータを紹介して借入状況をチェックするのです。

もしブラックリストの人はすぐに金融機関にその事実を知られてしまい、融資を受ける事ができません。
他の金融機関で借りた借金の額も信用情報の照会で分かるようになっているので、借金が多ければ借入審査に通らないのです。

審査は新規借入申込時以外にも、クレジットカード更新時などにも行われます。
あるいは抜き打ちで行っている金融機関があるかもしれません。

総量規制いっぱいの借金を抱えていてもカード現金化が利用できる理由

借金地獄が悪化しないように敷かれている総量規制ですが、何かと不便を感じる人もいます。
総量規制の為お金が借りられず困っている人は、クレジットカードの現金化が便利です。

でもクレジットカードも借金なはずなのに、どうして現金化ができるのでしょうか。
それはショッピング枠が総量規制の対象外だからです。

クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象になるのですが、ショッピング枠は例外とされています。
だから既に借入がいっぱいでキャッシングが利用できなくなっている人でも、ショッピング枠に余裕があればカード現金化ができるのです。

クレジットカードのショッピングをたくさん使っていても総量規制には含まれませんので、それ以外の借入が年収の3分の1以下の借入であれば、キャッシング利用の可能性もでてくるという事が言えます。

キャッシング利用が多い人こそ現金化利用は便利

クレジットカードのキャッシング枠は多少少な目に設定されています。
すぐに利用可能枠がいっぱいになってしまってキャッシングが借りられず、消費者金融からも数社借りてしまうとあっという間に総量規制に引っかかってしまうのです。

その状態だとお金を借りたくて消費者金融に申し込んでも、審査に落ちてしまうでしょう。
でもショッピング枠さえ残っていれば、たとえ総量規制いっぱいにお金を借りていてもカード現金化ができるのです。

カード現金化業者は金融機関ではないので、借入審査を行う事はありません。
ショッピング枠に余裕があるという条件を満たしているなら、カード現金化でピンチを切り抜ける事ができます。

クレジットカード以外の総量規制対象外は?

総量規制の対象外になるのは、クレジットカードのショッピング枠だけではありません。
住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、使用目的が限定されているローンも総量規制の対象外になっています。

そして、銀行のカードローンも総量規制の対象外です。
なぜなら総量規制は貸金業法のルールだからです。
銀行は貸金業ではないので、銀行法という法律で制限され貸金業法とは関係ないのです。

だからこそ専業主婦でも借りられる銀行カードローンがあるのです。
ただし銀行の審査は厳しく時間がかかる為、急いでいる多重債務者の場合都合のいいように銀行カードローンの利用ができないケースも多くあります。

対象外でも安易な利用は禁物

いくらショッピング枠が総量規制の対象外だからといって、安易にカード現金化を利用するものではありません。
ショッピング枠も使い過ぎれば支払が苦しくなります。

クレジットカードショッピングは一括払いだと金利もゼロに抑えられますが、リボ払いにすればキャッシングと変わらない金利手数料になります。
カード現金化する事で月々の支払がかさんできたら、一括払いが苦しくリボ払いに変更してしまう人も多くいるでしょう。

ショッピング枠が総量規制の対象外でも支払計画はしっかりと立て、安易なリボ払い設定はせず少しでも早く返済できるように努力しましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年07月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス