クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

PayPay(ペイペイ)のキャンペーンを利用して効率よく現金化するには

こんにちは、ハルトです。

2018年の12月4日からPayPayの100億円あげちゃうキャンペーンが始まりましたね。
20%のポイントが還元されるということで、連日ビックカメラには、キャンペーン目的の人が集まり、大盛り上りということです。

年末のボーナス時期ということもあって、電化製品を購入する人や、転売を目的にした転売ヤーなども盛んに活動しているようです。

もちろん、クレカ現金化属性の私としても、このキャンペーンは見逃せるはずもなく、詳細を調べてみましたのでご報告させて頂きます。

PayPay(ペイペイ)とは?

簡単に説明すると、PayPayはスマホで使える決済アプリで、アプリのQRコードをかざすと買い物ができるというものです。
アプリはiPhone、Androidに対応していて、スマホにアプリをインストールして、支払い方法を設定すれば利用できます。

支払い方法は、以下の3つです。

・クレジットカード
・Yahoo!マネー
・銀行口座からチャージ

PayPayはYahoo!Japanとソフトバンクグループが運営している決済アプリですが、もちろんソフトバンク以外のスマホでも利用可能です。

ちなみに、同様の決済アプリとしては以下のものがありますが、これから普及していくであろう決済アプリの分野では、競争が激化しています。

・LINE Pay(LINE)
・楽天ペイ(楽天)
・PayPay(ソフトバンク)

100億円あげちゃうキャンペーンとは?

そんな中、PayPayが一気に利用者を奪おうと行っているキャンペーンが「100億円あげちゃうキャンペーン」です。

100億円あげちゃうキャンペーンは、PayPayを使って買い物をすると、もれなく20%のポイントが還元されます。
買い物ができるお店の中に、ビックカメラなどの大手家電量販店が入っていることで、実用性の高いものや、換金性の高い商品が購入できるということで注目を集めています。

キャンペーンの概要は以下の通りです。

ポイント還元

・PayPayで買い物するともれなく20%のポイント還元
・さらに40回に1回の確率で買い物代金が全額(10万円まで)戻ってくる

ポイント付与(キャッシュバック)の時期

買い物をした翌月10日前後

上限金額

月25万円まで

使えるお店

ビックカメラ、ヤマダ電気、ファミリーマート、その他飲食店など
PayPay公式サイト:https://paypay.ne.jp/#store

開催期間

2018年12月4日9:00~2019年3月31日23:59
キャンペーンの総額が100億円に達したら終了

ご覧のように25万円分まで20%のポイント還元されるということですが、これ以外にビックカメラで買い物をする場合は、PayPayとは別にビックポイント8%をもらうことができます。
さらに、クレジットカードで決済した場合、クレジットカードのポイントも貯めることができます。

例えば、PayPayの支払いをクレジットカード(ポイント1%)にして、ビックカメラで25万円のパソコンを買った場合

PayPayポイント:5万円
ビックポイント:2万円
クレジットカードポイント2500円

となり、合計で72,500円分がポイント還元されることになります。

キャンペーンの注意点

現金化目的の側面から見た場合、キャンペーンの利用については注意点もあります。

開催期間についてですが、一応2019年3月末となっていますが、キャンペーン総額は100億円となりますので、これが尽きたら期間前でもキャンペーンは終了となります。
100億円というとかなりの金額のようにも見えますが、ビックカメラとヤマダ電機の合わせた売上高が1日100億円程度ということなので、計算だと数日間で100億円に達してしまうという味方もあります。
もちろんビックカメラの客の全てがPayPayユーザーということでもないので、一概には言えませんがキャンペーン期間終了期日を待たず終了する可能性は高そうです。

もう一点ですが、現金化目的での利用と考えた場合、真っ先に思い浮かぶのは、金券の購入です。
買取率が安定して高いので、換金にはもってこいです。
しかし、残念ながら金券類の購入はできないようになっています。

「商品券、プリペイドカード、印紙、切手、回数券は加盟店規約で取り扱いを禁止しています。」

なので、アマゾンギフト券を買って売却という方法は使えないことになります。

PayPayで効率的に現金化する方法

以上のことにを踏まえて、現金化の方法について解説して行きたいと思います。

基本的な戦略は以下の通りです。

・PayPayの支払いにクレジットカードを設定
・ビックカメラで25万円以内で換金率の良い商品を購入
・転売、買取などで現金化
・翌月に還元されたポイントでさらに商品を購入して現金化

これが一番ポピュラーな現金化方法です。

重要なのは、以下の25万円以内で換金率の良い商品を選ぶかということになってきます。

狙い目なのは、ゲーム機や一眼レフカメラやApple製品です。
ただし、店舗によっては、お一人様1点限りという制約がつく場合があるので、出来るだけ1点で25万円に近い商品がおすすめです。

MacBookProをビックカメラで購入して、新品家電買取業者に買い取ってもらう場合を試算してみます。
http://www.kadenkaitori-co.jp/category/pcmac.php

購入する商品
MacBookPro 13インチ Touch Bar搭載モデル[2018年/SSD 512GB/メモリ 8GB/2.3GHzクアッドコア Core i5]スペースグレイ MR9R2J/A

購入額:238,453円(税込)
買取額:195,000円-送料1000円

換金率は、81%程度になります。

ここまでの購入で、PayPayのポイントとして、47,690円が還元されます。
また、ビックポイントとして、19,076円が還元されます。
合計:66,766円がポイント還元されます。

このポイントを使ってもう一つ商品を購入します。

ポイントで購入する商品
iPad 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MR7J2J/A(128GB・スペースグレイ) [128GB](2018)

購入額:52,693円(税込)
買取額:44,500円-1,000円(送料)
換金率:84%

まとめると以下の通りです。

出費:
238,453円(税込)

収入:
195,000円-送料1000円
+44,500円-送料1,000円
= 237,500円

換金率:99%!

なんと、99%の換金率で現金化できてしまいましたね。

ざっくりの概算ではありますが、商品の選び方をもう少し吟味すれば、100%以上の換金率にすることも可能かと思われます。

デメリットとしては、やっぱり手間と時間がかかることでしょうね。
キャッシュバックのタイミングは、買い物をした翌月10日前後になりますので、実質ここまでの工程に1ヶ月以上かかることは止むを得ないかと思います。

また、キャンペーンはいつ終わるか分かりませんので、気になる方はお早めに、実行することをおすすめします。

簡単かつ高還元率でクレジットカードを現金化する方法

クレジットカードの枠を現金にする方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は専門の業者を利用することです。 特にオンラインで手続きと振込が完結する業者がおすすめです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、ハピネスです。

最高換金率も98.8%と非常に高くて人気の高い現金化業者です。 即日プランなら最短3分で振込可能で迅速。ネットバンクで夜間の振込可能。カードトラブル0件、リピータ率88.2%で実績も十分。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、ハピネス公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2019年04月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。