クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

ケータイ払い(キャリア決済)の現金化は違法か?

ケータイ払い(キャリア決済)というのは、ネットショッピングをするときの支払いを携帯の通話料と一緒にして支払うことができる決済サービスです。

今のところドコモ、ソフトバンク、auの3キャリアどれでも利用できますが、それぞれ携帯会社によって呼び方が違っています。

docomo → ドコモケータイ払い
softbank → ソフトバンクまとめて支払い
au → かんたん決済

厳密には、ケータイ払いというのはドコモサービス名です。
呼び名は違えどサービスの内容は一緒なのですが、これらを総称してキャリア決済と呼んでいます。

ケータイ払い(キャリア決済)とは?

キャリア決済の特徴としては、クレジットカードと同じように一時的に支払い代金を携帯会社が立て替えておいてくれて、翌月の携帯の支払いの時に合算して支払うという仕組みになっています。

つまり、今お金がなくても月末には給料が振り込まれるという状況であれば、買い物をすることが可能になります。
利用限度額は、人によって違いますが月に5万円~10万円くらい使えるようです。

さて、この決済方法は、通常であれば買い物での支払いを想定しているのですが、買い物ではなく現金としてほしいと考える人がいるかもしれませんよね。

この行為をケータイ払い(キャリア決済)の現金化というのですが、なにやら怪しい行為のような気もします。

違法性はないのでしょうか。

もしこの行為をした場合どのようなリスクがあるのかなどを調べてみました。

キャリア決済の現金化の仕組みと違法性

キャリア決済を現金化する方法はいくつかあるのですが、基本的に仕組みはほとんど変わりありません。

要するに換金性の高い商品を購入して、買い取ってもらって現金にする

ということです。

何を買ってどこに売るのかとか、どのくらいの換金率になるのかなどの詳細は個別のページが詳しいのでこちらを参照ください。

関連記事:
ドコモケータイ払い現金化でピンチは乗り越えられるか
au WALLETは新しいカード現金化の裏技となるのか
ソフトバンクまとめて支払いを現金化する方法

この行為の違法性がどうなのかということですが、結論から言うと違法性は無いと考えられています。

例えばあなたがゲームソフトを購入したとします。
すぐにクリアしたか、もしくは気に入らなかったので近くの中古ショップやネットオークションで売却したとします。
そして売却の代金として購入額よりは少ないですがお金を受け取ったとします。

この行為に違法性が無いことは明白です。

そして、仮に購入方法が現金であっても、クレジットカードであっても、キャリア決済であっても同じことと解釈されます。
これを違法とするには世の中の買取ビジネスの多くを違法とすることになってしまいます。

このような観点からキャリア決済の現金化は違法性が無いと考えられています。

業者を通す場合の違法性

業者を通す場合も、基本的には同じやり方を通るので考え方は同じです。

しかしかつてクレジットカードで同じようなサービスを提供していた業者が逮捕されたことがありました。

2011年8月、警視庁生活経済課はショッピング枠を悪用し闇金融の営業をしていたとして、東京都台東区上野の貴金属販売会社の代表者を逮捕した。

この時の容疑は出資法違反となっています。
この業者の行ったサービスが金融サービスの一種として解釈されて違法性が疑われたということです。

金融サービス(お金の融資)と考えると利息の制限法や、貸付の条件など様々な法律が絡んできてそのうちの何かに抵触すると違法ということになります。

このケースでは、そこを突かれて逮捕されたということです。

逮捕される可能性は?

この例をとらえると可能性がゼロではないようです。

しかしこの一件について以降の調査では、はじめは買取サービスの体裁をとっていたけど、後から管理がずさんになってお金のやり取りだけを行うようになってきていたということが言われています。

これ以降も出資法違反の容疑で逮捕された業者があるのですが、やはりこちらも買取で商品の受け渡しの実態が無かったということです。

ただし、これらの事件は営業していた業者に対するもので、利用者が逮捕されるということは今のところ一度も無いようです。

また、現時点でちゃんとした方法で営業している分には問題ないのですが、今後法整備が進んで違法になる可能性はあります。

規約違反にはなる可能性は高い

違法性は無いと言いましたが、キャリア決済のサービスとしての利用規約はまた別です。

キャリア決済の利用規約では、換金目的の利用を禁止しています。

ドコモケータイ払い

spモード利用規約 > 4. コンテンツ決済サービスについて > (10)-7
お客さまは、現金等を得る目的で、コンテンツ決済サービスを利用してはなりません。

auかんたん決済

auかんたん決済 規約 > 5.本サービスの利用の制限、停止等
6.換金を目的とした商品等の取引の疑いがある場合等、会員の本サービスの利用状況が不適当である、又はそのおそれがあると当社が判断した場合

ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクまとめて支払い利用規約 > 第10条(本サービスのご利用)

1.お客さまが次のいずれかに該当する場合は、本サービスの全部もしくは一部の提供を停止し、または既にご利用を受け付けたものについても取りやめることがあります。

(6)現金類に換金することを目的として商品等の購入にご利用可能額を利用していると当社が判断した場合

つまり初めから換金するつもりで商品を購入することは、利用規約違反となりますので、キャリア決済の現金化行為は、各携帯会社の利用規約に違反していることになります。

規約違反になるとどうなる

規約違反になると、まずキャリア決済が利用できなくなります。

そして、場合によっては支払い額を全額一括で支払うことを求められる場合もあるようです。

しかし、実際には支払いさえしていれば現金化行為が携帯会社にばれるということは無い様で、大抵の場合支払いが滞って明るみにでるというパターンがほとんどのようです。

それでもキャリア決済を踏み倒すとどうなるの?

キャリア決済を利用して、返済が滞った場合「振込通知書」のハガキが送られてきます。

この時遅延していた分の遅延延滞金(年利14.5%)が合わせて請求されることになります。

それでも支払わない場合は、「利用停止書」が届き、利用停止から1か月後に強制的に解約となります。

ここで終わればいいのですが、この続きもあります。

強制解約後に督促状が送られてきて、そこから債権が裁判所に移ります。

そこから3か月以内に裁判所からの通知が届くのですが、これを放置すると最終的には差し押さえが行われます。

振込通知書

利用停止書

強制退会

裁判所から通知

差し押さえ

流れをまとめると上記の通りですが、支払いを踏み倒すのは無理です。
悪質は場合は、刑事的な責任を取らされる可能性もあります。

キャリア決済を使う際は、決して踏み倒すことを前提とするのは無謀な考えであることが分かるかと思います。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年10月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス