• トップページ
  • カテゴリ
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問
  • トップページ
  • カテゴリ
  • 自分でやる現金化
  • 基礎知識
  • 良くある質問
  • 裏技
  • 詐欺トラブル
  • その他
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問

iPhoneを分割購入方法する5つの方法を金利・審査基準で比較

iPhoneは新機種が発表になるたびに話題となり、発売日には並ぶ人もいます。
ただ欲しいと思ってもiPhoneは高額なので一括で購入できないという人もいるでしょう。

そこでiPhoneを負担なく分割で購入する方法を教えます。

iPhoneは以下のような分割の購入方法があります。

  1. Appleローン
  2. 携帯キャリアの分割購入
  3. 家電量販店のショッピングローン
  4. クレジットカードの分割またはリボ
  5. 金融機関のフリーローン

以下で詳しく説明します。

Appleローン

Appleオンラインストアで、好きなApple製品が分割(Appleローン)で購入できます。最大24ヶ月が分割金利0%で購入できます。

Appleローンは、オリコが提供しており、Appleオンラインストアの商品購入を分割払いで支払うことができるサービスで、申込みは、オンライン上で完結できるため、スムーズに手続きできます。

AppleオンラインストアとOrico Webクレジットの決済システムを利用し、購入者とAppleオンラインストアの代金の決済手段として、現金に変わってクレジット制度を利用するものです。

最大60回払いまで対応していますが、24回を超える分割の場合は、以下の金利がかかります。

分割回数 30回 36回 48回 60回
金利 6.59% 7.90% 10.60% 13.30%

AppleオンラインストアでiPhoneを購入すればSIMフリーで使えるため、格安SIMを使えば月々の通信料金は安くすみます。
本体代は高いですが、Appleローンを使って分割払いすれば初回支払いの負担は軽減できます。

審査基準

Appleローンは18歳以上(高校生不可)であれば申込みできます。

パートやアルバイトの学生や主婦、未成年など親権者や配偶者に安定した収入があれば審査に通ります。

Appleローンは、オリコが提供していますが、オリコカード自体が主婦や学生でも審査が通りやすいカードですから、収入よりも信用性を重視しているカードと言え、Appleローンも収入よりも信用性を重視して審査を行っています

利用条件

Appleローンは、30,000円(税込)以上のApple製品の購入から利用でき、満18歳以上の方(高校生不可)だけが使えます。

ただし、未成年でも親権者の同意書があれば申込みできます。

携帯キャリアの分割購入

ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯キャリアの分割を使って購入ができます。

キャリアショップでも、家電量販店や携帯屋でも、iPhone購入時に分割手続きが可能です。

以前は審査らしい審査がなかったのですが、現在はローンと同じ扱いで審査があります。
CIC信用情報参照しているので過去に支払い遅延などがあれば、分割払いができないこともあります。

また、以前は2年縛りというのがあり、2年間使うことで審査がなく誰でも分割払いで使えており、審査が通らず機種変更できないということはなかったのですが、現在では、その縛りはなくなりましたが、審査が通らずに分割払いでの機種変更ができないというケースも増えています。

特にiPhoneは端末代が高額なため、審査落ちする人がAndroidよりも多いようです。

各携帯キャリアの分割回数は以下の通りです。

12回 24回 36回 48回
ドコモ
au
ソフトバンク

お得な分割プランが出ており、一括よりもお得になることもあるようです。
携帯会社も顧客離れを防ぐため、できるだけ長く使ってもらおうと様々な企画やサービスを展開しています。

審査基準

携帯キャリアによって審査基準の違いはほぼありません。
しかし、ドコモの審査はNGでauは通った、ソフトバンクは審査に通りやすいなど様々な噂はあります。

それは、審査基準自体は携帯キャリアによって違うということはないのですが、その携帯キャリアでどのくらい利用しているか、月々の料金額、その支払いは延滞や滞納がなかったかなど、利用状況によって、各キャリアの判断で審査結果が出るため、そのあたりでの判断で審査結果は変わります。

利用条件

iPhoneを購入する際には誰でも申込みできますが、未成年の場合は、親権者の同意が必要です。

家電量販店のショッピングローン

家電量販店のショッピングローンを使って、iPhoneを分割購入する方法があります。
家電は高価なものもあり、一括で購入するのが難しいこともありますから、どこの家電量販店もショッピングローンを扱っています。

信販会社から家電量販店に代金を支払ってもらい、お客は信販会社と分割の契約を結び、毎月分割で信販会社に支払っていくことになります。

家電量販店によって金利も様々なので、支払い回数に応じてお得なところを選びましょう。

3回 6回 12回 24回 36回 48回 60回
ビックカメラ
コジマ(Orico)
無料 無料 無料 無料 9.5% 9.5% 9.5%
ヤマダ電機(JACCS) 9.45%

9.5%
9.45%

9.5%
9.45%

9.5%
9.45%

9.5%
9.45%

9.5%
9.45%

9.5%
9.34%
ヨドバシカメラ(セディナ) 8.98% 10.21% 10.9% 10.85%

11.13%
10.85%

11.13%
10.85%

11.13%
10.85%

11.13%

ビックカメラとコジマは、24回まで金利手数料が無料なのですが、家電量販店がこのように負担してくれるケースもあり、クレジットカードの分割払いに比べると低金利で支払うことができるためお得です。

審査基準

どの家電量販店もそれぞれ信販会社がやっていて、同じように信用情報機関を参照しているので審査基準にほぼ差はありません。

毎月安定した収入があって返済能力があること、また、重視されるのはクレジットカードの支払い、その他ローンの支払い履歴です。

クレジットカードやローンの支払いが延滞しがちであれば、審査は通らない場合もあります。

利用条件

家電量販店ごとに条件等は少々異なります。

ビックカメラ
コジマ
ヤマダ電機 ヨドバシカメラ
信販会社 オリコ ジャックス セディナ
条件 未成年、海外在住者は
利用不可
未成年、無職の方は
利用不可
18歳未満(高校生含む)、
65歳以上は利用不可
金額条件 15,000円以上(税込)から 30,000円以上(税別)から 30,000円以上(税別)から

クレジットカードの分割またはリボ

iPhoneを販売している店舗やネットなどで自分が持っているクレジットカードを使って購入することができます。
支払い方法を選択する際に、分割やリボを選択するだけです。

ただし、クレジットカードの分割やリボは利息が高めで、支払い回数が多いと損してしまいますから、できるだけ回数を少なくするか繰り上げ返済をお勧めします。

審査基準

クレジットカードを持っていれば、誰でも分割やリボ払いができますので、特に審査はありませんが、クレジットカードを持っていなければ作る際に、勤務先や勤続年数、家族構成、持ち家などの項目で審査があります。

審査の緩いカードに申請をすれば発行されやすいですね。

利用条件

クレジットカードを使える店舗やサイトであれば、誰でもクレジットカードを使って購入できます。

ただし、本人名義でカードブランド(VISA、JCB、Mastercardなど)も該当するものでないと使えませんから、自分のカードが使えるか確認してから購入しましょう。

金融機関のフリーローン

各金融機関にはフリーローンが用意されています。
このフリーローンは使い道が自由で、様々な用途に利用できます。

もちろんiPhoneの購入資金に使うこともできます。

最近は手続きが簡単で担保や保証人も不要のところもあり、借りやすくなっています。

金融機関ごとに金利や特長、借入れ限度額などが違いますが、iPhone購入用の10万円程度のローンであれば年利で15%〜18%くらいの利率になります。

消費者金融会社など審査が早くところは比較的金利が高く、逆に銀行など審査に時間がかかるところは金利が安くなる傾向があります。

審査基準

今まで金融事故などを起こしたことがなく、普通に働いている人なら問題なく借りられるはずです。

審査基準は金融機関ごとに違いますが、

  • 信用情報に傷のある人は審査が通りづらい
  • 年収は高くなくても毎月安定した収入があることが大事
  • ローンや他の借入れが多いと審査が通りづらい

といったことはあります。

フリーローンは目的がフリーなだけに、他のローンに比べて審査に時間をかけています。1週間〜2週間くらいは見ておいたほうが良いでしょう。

すぐにiPhoneを購入したい人には向かないかもしれません。

利用条件

金融機関によってこちらも多少異なりますが、

  • 満20歳以上であること(上限年齢も決まっている金融機関もあり、満69歳以下、満60歳未満、満75歳未満と様々です。)
  • 毎月安定して、継続した収入があること(年収200万円以上などと決められていることもあります。)

安く済むのはAppleローン

一番安く済み、使いやすいのはAppleローンではないでしょうか。また携帯キャリアの分割も利用しやすいといえます。
どちらも金利がかかりませんから得です。(Appleローンは24回まで無料)

そして、クレジットカード払い以外は利用するのに審査がありますので、その審査通過がカギとなるでしょう。

クレカを使って即日現金を調達する方法

クレジットカードでお金を作る

クレジットカードで現金を作ることができます。

やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。

30分くらいで現金を振り込んでもらえます。

仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。

業者にやってもらうと、カード利用停止のリスクが軽減されるのと、不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。

もちろん「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。収入がない無職の人や、専業主婦でも利用できます

返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。

闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。

私がおすすめする現金化業者は「アースサポート」です。

営業時間は7:30〜22:00と遅くまでやってくれているし、土日祝日も営業していてい即日振り込み可能です。

最高換金率は98.8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。


アースサポート

金額はカードにもよりますが、私の楽天カードでは30万円まで行けました。

無料見積もりも出来るので、気になる方は是非公式サイトから申込してみてください。