クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

簡単ではない現金化後の返済

クレジットカード現金化は審査もなく、クレジットカードさえあれば比較的簡単にお金を調達する手段のように見えます。しかし、決済額は1か月から2か月後の支払日には引落しされます。消費者金融やキャッシングなどと同様、業者などからお金を受け取ったあとはクレジットカード会社への返済をしていかなければなりません。

必ずやってくる返済

お金に困って現金化した場合、無事に現金化できたらホッと一安心ですよね。でも、そのあとには必ず返済がやってくることをお忘れなく!
消費者金融などの借入れ同様、毎月返済をしていく必要があります。一括で返済できるなら翌支払日に一括で引き落としされますが、通常ショッピング枠を使ったときと同じく分割やリボを選んで支払っていくこともできます。

決済を選択する際、自分に合った支払いを選びましょう。また、決済時一括しか選べない時もあるかもしれませんが、カード会社に連絡すればあとで分割やリボに切り替えられることが多いです。

クレジットカード現金化は、業者を使えばキャッシュバックは8割程度なので差額の2割は自己負担なのです。そしてそのあとの返済でリボを選べばまた15%前後の金利をカード会社に支払わなければなりません。

計算すると・・・
かなりの手数料や金利がかかり、消費者金融やキャッシングのほうがまだ得です。
カード現金化はとても損なのです。

けれど、審査はなく信用情報に影響しないことから誰でも利用できる方法のため、利用者が後を絶ちません。

一時のお金欲しさに現金化をして、そのあと多額の手数料や金利を含めた額を支払っていかなければならないのです。
それを考えた上で現金化していかなければならないことを忘れないようにしましょう。

猶予は最大2か月

クレジットカード現金化はクレジットカードで商品を買うような取引きに見せかけて、実際には現金を振り込んでもらう資金借入の手法です。
業者側は、取引金額の全額を振り込むことはなく、20%程度の手数料を徴収しています。
必要金額が5万円で手数料が20%なら6万円分決済しなければ5万円が手元にこないということです。

借入れで考えてみた場合、5万円借りて1万円の金利がかかるでしょうか。
借入れなら12ヶ月かけて返済したとして利息は5千円程度です。どれだけ高額な手数料がかかっているかお分かりでしょう。

そして利用後にやってくる返済ですが、1か月から2か月後にはカード決済の支払日が到来します。
一括払いにしているのであれば、全額支払いの必要があります。

支払猶予期間は最大でも2か月なのです。

クレジットカードの支払方法にはリボ払いもあります。
一括払いで決済した取引も後でリボ払いに変更することが可能です。

リボ払いに変更したら支払期日は伸びますが、クレジットカード現金化をする人の多くはリボ払いの限度額を使い尽くしている人が多いでしょう。

昔の高利貸は、お金を貸す際に先に利息を取り、返済日に元本を回収するという方法を取っていました。

この方法で貸付をすることは現在禁止されていますが、クレジットカード現金化は正にこの方法でお金を貸していることと同じです。

そして、この方法でお金を借りると割引された金額を返済日までに調達しなければならず、支払不能に陥る可能性が高いのです。

リボ払いも怖い支払い方法なのです。

支払い日まで猶予の長いクレジットカード

支払い日までに何とかお金を調達しなければなりません。
仕事をしていれば、給料日があります。猶予の長いクレジットカードであれば最大2ヶ月の時間があります。2回の給料日があれば返済するお金を準備できるのではないでしょうか。

なるべく返済までに時間のあるクレジットカードをご紹介します。

・セゾンカード
締め日:月末
支払日:翌々月4日

月初に決済すれば、支払い日まで最大2ヶ月ある。

・ファミマTカード
締め日:月末
支払日:翌々月1日

月初に決済すれば、支払い日まで最大2ヶ月ある。

・りそなカード
締め日:月末
支払日:翌々月4日

月初に決済すれば、支払い日まで最大2ヶ月ある。

・出光カード
締め日:月末
支払日:翌々月7日

調査した中では一番長いカードです。月初に決済すれば、支払い日まで最大2ヶ月以上期間がある。

・ビューカード
締め日:月末
支払日:翌々月4日

月初に決済すれば、支払い日まで最大2ヶ月ある。

クレジットカード会社は現金化を問題視している

クレジットカード現金化ですが、法による取り締まりはありませんが、カード会社は現金化行為を禁止しています。

クレジットカード現金化は、支払いができなくなる可能性が高いからです。
クレジットカード会社としては規約に違反された挙句、支払不能で貸倒にされては踏んだり蹴ったりです。

事例が多すぎて対応できない場合が多いのですが、あまりに貸倒が多い際には法的対抗措置を取ることもあります。

クレジットカード会社も、現金化に対してはかなりの危機感を持っており、ご存知の通り大々的にキャンペーンをしています。
しかし、お金に困った人が「見かけ上」はヤミ金でもない合法的にもみえる業者から無審査でお金を借りることができるのは大きな魅力です。

また、業者側も「商品決済資金」として手数料こそ引かれるものの、自分はリスクフリーで代金回収ができます。

クレジットカード会社に決済手数料を5%程度支払っても十分うまみのある商売なのです。

被害を受ける可能性

ただし、このようなクレジットカード現金化で最終的に被害を受けるのは利用者です。
ちょっと冷静に考えていただければわかると思いますが、10万円どうしてもお金が必要な人が、2割の手数料を必要とする業者から資金調達しようとすれば、12万5千円の「商品」を買う必要があります。

クレジットカード決済日までの期間が長い信販会社で、締め日翌日に申込みをしても支払日までは2か月しかありません。

年利150%の借金を背負った利用者は、2か月間で利息相当額を調達しなければいけないのです。

クレジットカード現金化を利用する際は手軽にできます。
ちょっと拍子抜けするほどです。

しかし、このような業者の中には詐欺師まがいの悪徳業者もおり、「資金が足りない」などと自分の弱みを見せると「すぐに融資できるけど、25%の手数料が必要」と言われたりすることもありますし、決済だけして資金を振り込まない業者も存在します。

実際、悪徳業者に騙されている被害も出ており、現金化をする際は慎重に行わなければなりません。
必ず優良業者を見極めて利用する必要があります。

金券ショップでも話は同じ

クレジットカード現金化の一つの方法として金券ショップを利用する方法があります。
自分で現金化する方法です。

ショッピングセンターの商品券や新幹線の回数券はクレジットカードで購入することができます。
ショッピングセンターのハウスカードは、販売促進としての意味合いもあるため審査が緩いことも多いです。

このようにして、クレジットカードで商品券や回数券を購入して金券ショップに持ち込むのです。
クレジットカード現金化の業者が手数料を2割程度取るのに対し、金券であれば割が悪くても1割程度です。

特に新幹線の回数券は、流通量が多いことから都心のショップならもう少し高い換金率かもしれません。

しかし、クレジットカードの決済日は必ず訪れます。
ハウスカードの決済日は短めであることが多いので、最大でも1か月半程度の支払猶予期間しかありません。

リボ払いを使えば支払期間を更に伸ばすことができますが、自転車操業的な資金繰りに陥る可能性が高く、問題を先送りしているだけのことになります。

金券を利用したクレジットカード現金化は、安全で安心だと言われます。

しかし、決済日がすぐ先に迫っていることは同じです。

詐欺に合う可能性はないとしても、支払不能になる可能性は高く、自分自身の信用問題になりかねないことは覚えておくべきでしょう。

また、自分で現金化する場合、上手くやらないとカード会社に現金化がバレる可能性があります。
バレれば、クレジットカードは利用停止になります。もう使うことができないということです。この罰を受ける可能性もあり、自分で現金化するにもリスクが伴います。

現金化をする前に!!

クレジットカード現金化にもメリットはありますが、デメリットのほうが多いと考えたほうがいいでしょう。
多くの手数料を払わなければならず、計画的な返済も考えておかなければなりません。

きちんと前もって毎月いくら返済していけるのか考えておく必要があります。
軽い気持ちで現金化するのはやめましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年09月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス