クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

今すぐ現金が必要!即日振込でカード現金化は可能?

とにかく急いでお金を作らなくてはいけない、現金が必要という場面は突然やってきます。
そんな時の為に貯金をすべきなのでしょうが、いつでも十分な備えの現金があるとは限りません。
とにかく1分1秒でも早くお金を作らないといけないというピンチがやってきたとき、いったいどうしたらいいのでしょうか。

5分でカード現金化はできる?

数分でクレジットカード現金化ができればいいと思う人もいるでしょうが、残念ながら不可能です。
あらかじめ利用しようと思っている現金化業者が決まっていても、数分で現金化することはできません。

まず申込フォームに入力するだけでも時間がかかります。
それからデータを現金化業者へ送信、そして現金化業さから連絡がきて指定された商品を購入します。
その後にお金が振り込まれるのを待たないといけません。

現金化業者は借入審査が必要ないのでその分お金が振り込まれるまで早いと思うかもしれませんが、そうでもありません。
どんなにスピードを重視している現金化業者でも1時間近くはかかるかもしれません。

申込するのに手間取っていたらそれだけ時間はかかりますし、タイミングがずれてしまうと銀行振込の時間帯に間に合わず、翌日以降になってしまいます。

キャッシングと比較

キャッシングは審査がある分、カード現金化と比べると時間がかかるのではないかと思われています。
しかし場合によってはキャッシングの方が現金を得るまで早い場合があります。

消費者金融はスピード審査に長けている為、申込から融資までとても早いです。
初回振込が銀行振込だと銀行の営業時間の影響を受けてしまいますが、自動契約機があると融資スピードがとても速いです。
必要なものが揃っているなら、申込から30分程度で現金化できることもあります。

ただし、銀行カードローンは審査から融資まで数日かかるところもあります。
初回融資はカードを発行してからという商品の場合、審査とカード発行・発送の期間を併せると1週間近く費やすこともあります。

また、キャッシングやカードローンは審査に通るとは限りません。
審査に落ちてしまえばお金を借りることができないのです。
その点カード現金化は、クレジットカードを持っていることが前提のサービスなので、審査不要でほぼ確実にお金を手に入れることができます。

速さ重視の現金化に必要な条件

では業者を利用しスピード現金化を実現させるには、どうしたらいいのでしょうか。
速さ重視のカード現金化業者を利用する為のポイントをまとめました。

店舗型

カード現金化は、ネットで申込むか店舗で申し込むかどちらかになります。
ネットで申し込む場合どうしても銀行振込になってしまうので、平日の14時頃までに申込を完了させないと即日現金化が厳しくなります。

でも店舗型なら銀行の営業時間に囚われません。
申し込んだその場で現金化も可能なのです。
ただしカード現金化を申し込んだ後、別の店で買い物をしてくるように言われる場合もあります。
その場合は買取店と販売店の往復をしなくてならず、その分手間と時間がかかります。

即日現金化が得意

どんな現金化業者でも即日対応とは限りません。
かなり即日対応できる業者も増えていますが、急いでいるなら必ず対応可能な業者を選ぶようにしましょう。

ネット銀行に対応している

どんなに現金化が速くても、銀行の営業時間が終わっていると現金の受け取りが遅くなってしまいます。
しかし平日の14時以降の申込でも、終日振込ができる銀行もあります。

それがネット銀行です。
代表的なのが楽天銀行とジャパンネット銀行です。
他にもゆうちょ銀行だと早くお金を受け取れることもあるので、どのような金融機関の口座だと受け取れるのが早いのか確認しましょう。

リピーター

初回申込だと本人確認の為、たくさんの個人情報を伝えなくてはいけないこともあります。
ただしリピーターだとあらかじめ利用した履歴を調べることができるので、申込に掛かる時間を短縮できます。
2回目以降の申込ならスピード現金化可能という業者もあるので、チェックしてみましょう。

速さを重視するデメリット

カード現金化をしてまで現金が欲しいというときには、とにかく急いでいるときが多いです。
でも速さを重視するとその分デメリットもあります。

まず一つ目は、還元率が下がるという点です。
カード現金化業者は通常プランとスピードプランという2つのプランを用意していることがほとんどです。
スピードプランだと即日現金化が可能ですが、その分還元率が下がるのです。
通常プランだと還元率は高いですが、現金化できるまで数日かかります。

また、速さばかり重視すると危険な業者に引っ掛かり安くなります。
普段は気付くようなことでも慌ててしまうと、そのリスクを見過ごしてしまうのです。

デメリットを理解、必要なものは抜かりなく!

スピードを重視すれば、その分妥協しないといけない点もあります。
ですからデメリットをしっかり理解し、それでもスピード重視した方がいいのか考えてから申し込むことが大事です。

それから無駄な時間を省く為にも、必要なものはあらかじめ用意しておかなくてはなりません。
とはいえカード現金化ですから、用意するものはクレジットカードと身分証明書ぐらいです。
ショッピング枠に十分な余裕があるのかを下調べし、少しでも無駄な時間をかけないようにしましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年04月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


最短でクレジットカードを現金化してもらえるサービスです