クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

知っておきたい!クレジットカード現金化をするデメリット

金策に困った時の裏ワザとして便利なカード現金化ですが、おいしい話ばかりではありません。
むしろおいしい話だからこそ、デメリットは多くなるものです。
これからクレジットカード現金化を考えている人にはぜひ知ってほしいデメリットをまとめました。

カード会社の規約違反

クレジットカード現金化は法律違反ではないが、規約違反とよく言われます。
規約違反とはどういうことでしょうか。

実は現金化行為は、クレジットカード会社、つまりカード発行会社の規約で禁止されているのです。
例外のカード会社はありません。

ショッピング枠は買い物をする為のものです。
最初から換金目的で商品を購入し、転売する行為は禁止されています。

ではもし禁止行為がカード会社にばれるとどうなるのでしょうか。
カード強制解約、残高一括請求という事になりかねません。

ただしショッピングの利用が本当に現金化行為なのかどうかは、はっきりと判断しづらい点でもあります。
同じようにブランドバッグを購入した場合、ある人はちゃんと自分で使用しているがある人はすぐに買取店に持って行ってしまう事もあります。

クレジットカード会社も会員一人ひとりの行動を細かく監視していられないし、購入した後商品がどうなっているかなんて調べていたら業務に支障をきたします。
だからカード会社が分かりにくいように現金化をする、これが裏ワザなのです。

しかし困ったときの裏ワザとしてカード現金化が有名になり、利用者が増えてきました。
利用者が増える事でカード会社の目につきやすくなり、規約違反を理由にカード利用停止されてしまう人も増えています。

詐欺に遭う、悪徳業者につかまる

ネットには架空の詐欺業者が多く存在します。
特にカード現金化を利用する人は切羽詰まっており、慌ててサービスを利用するも詐欺に遭ってしまったというケースが多いです。

例えば現金化を申し込んだところ、カードが止められている為現金化ができないと断られてしまいます。
金策に困っている人に対し「お金を貸してくれる業者を紹介する」と持ちかけて闇金業者を紹介する業者もいます。

申し込んでみても音沙汰がなく、個人情報だけ盗まれてしまう事もあります。
あるいは最初とは全く異なる低い還元率でしか現金化してくれない事もあります。

訳の分からない手数料をあれこれ引かれてしまうケースもよく聞かれますね。
カード現金化業者にまつわる被害例を簡単にまとめると、以下のようになります。

・闇金をあっせんされる
・個人情報が抜き取られる
・まったくお金が振り込まれない
・話とはまったく違う低い還元率だった
・断ろうとしても強引に現金化をさせられる
・カード情報を聞かれた

現金化業者を装った詐欺業者、あるいは現金化は行っているものの悪徳業者も多いです。
どうしてもお金に困った人たちが多く利用する為に、足元を見られてしまいがちです。

普段の冷静な判断だとおかしな業者だと分かっても、切羽詰まっている時は騙されやすいです。
慌てているときこそ、その業者のやり方はおかしくないか一度確かめるべきでしょう。

カード情報の漏えい、不正利用

悪徳業者がカード情報を聞きたす事もありますが、本来カードの大事な情報は第三者に教えるものではありません。
カード番号、使用期限、シークレットコードを聞かれたら、絶対に教えないようにしましょう。
カードのコピーを取ろうとする業者も悪徳業者と思って構いません。

でもここまでは、気を付ける人も多くいます。
問題はこっそりカード情報を抜き取ったり、セキュリティが甘くて情報が漏えいしてまったりするケースです。

利用者が見てないところでこっそりとカード情報をコピーしたり、スキミングしたりするケースもないとは言えません。
これらは実店舗で起こりうる被害です。

ネットでもセキュリティが甘く申込情報が漏えいしたために、カード情報が第三者に知られてしまう事となるケースがあります。
もし第三者にカード情報を知られてしまうと、不正利用されてしまいます。

これらの被害は現金化業者利用ではなく、クレジットカードを利用する限り付きまとう問題です。
リスクを減らすにはより信頼できる業者を利用するという他ないでしょう。

借金苦が悪化

カード現金化は、一時的にはとてもいいサービスです。
しかし必ず支払はやってくる事を忘れてはいけません。

多重債務のせいで毎日のように支払に追われ、そんな時にカード現金化を利用したとします。
なんとか支払ができてほっと一安心するでしょう。
でも今現金化で使った分の請求は、後からかカード会社から届きます。

一括払いだと金利手数料もかかりませんが、金策に困っている人の場合はリボ払いになりがちです。
数か月後にボーナスなどまとまったお金が入ってくる予定がある人ならいいですが、そうじゃない場合はほんの少し問題が先延ばしになっただけで、何の解決にもならないのです。

問題を先延ばしにした結果支払う金利手数料は増え、余分に現金化業者へも手数料を支払っています。
出費が増え延々とリボ払いの金利手数料を支払い、さらに借金苦が悪化する事となります。

現金化業者は手数料が高いし、自分でやるのも難しい

悪徳業者につかまるのが怖いからといって、自分で現金化する行為も注意が必要です。
換金性の高いブランドバッグを購入したところで、高還元率で買い取ってもらえるところは少ないでしょう。
80%以上はまれで、60%を下回る事も少なくありません。

オークションの場合もなかなか入札がなかったり、時間がかかったりします。
早く確実に現金化するなら詐欺業者に当たるリスクを考えても、現金化業者を利用する方がいいという人も多いです。

ところが悪徳業者でもなんでもないごく普通の現金化業者も、手数料は高いです。
80%から90%である事も多いです。

90%でもかなり良心的ですが、10万円利用すれば1万円の手数料がかかる計算になります。
これはかなりの出費ではないでしょうか。

利用停止になったらどうなる?

カード現金化自体は借入ではないので、信用情報にも乗りません。
しかし現金化行為がばれると強制退会になり、一括請求されてしまうかもしないでしょう。
そうなった時には信用情報に掲載されてしまうかもしれません。

カードを強制退会されてしまった事が信用情報に記載されたら、今後の借入審査に影響を及ぼしなかなかお金を借りられないという事態になってしまいます。
また、一度解約してしまったクレジットカード会社では二度とカードが発行できないでしょう。

強制退会の前に一時的な利用停止が起こる場合もあります。
これは現金化じゃなくても、何かしら不正利用が疑われる時にカード会社が被害を防ぐために一時的に措置を取ります。
この段階であればカード会社に連絡をし「現金化でも不正利用でもない」という事を主張して認められれば、何事もなく利用開始できます。

※なぜカード会社に現金化がばれるの?

カード会社も暇ではありません。
監視していると言っても、隠しカメラで会員の行動を監視している訳ではありません。

でも会員のカードの利用状況で、現金化しているのではないかと分かってしまうのです。
そのようなシステムがカード会社に独自にあり、そのシステムに引っかかった場合は現金化が疑われ、自動的にカードの利用がストップしてしまいます。

まずは換金性の高い商品を購入しているという点です。
カード会社では商品のカテゴリがすぐに分かるように番号を割り振っているようです。
より換金しやすいもの、まあまあ換金しやすいものというように、その番号で大体の購入状況が分かります。

そんな換金性の高いものを数個も同時購入すれば、カード会社のシステムに引っかかりカード利用停止されてしまいます。
もっとも換金性の高い商品券等はクレジットカードで購入さえできませんが、新幹線の回数券は購入可能です。

今まで新幹線の回数券をした事が無い人がいきなり高額購入しようとすると、カード決済ができないどころかカードの利用さえ止められてしまう事があります。

また、換金性の高いものではあるがカード購入が完全に止められていない新幹線の回数券の商品の場合、カード決済ができるカードが限られていたり、利用できる金額が決められてたりする事もあります。
そんな事とは知らず対象外のカードで購入しようとすると、決済できず慌ててしまう羽目になります。

そして換金性の高い商品を短期間で何度も購入する行為もいけません。
1ヶ月のうちに何度もカード会社のギフトカードを購入しようとしていた、毎月同じ時期にゲーム機を購入している、などといった使い方は怪しすぎます。

他にもキャッシング枠を限度額いっぱいに使っている、他社での借入がいっぱいあるという人は要注意リスト入りしている可能性があり、より監視が厳しくなっているかもしれません。
そういったケースの場合、少しでも怪しい行動をすれば即カード利用停止という事になりかねません。

つまり、カードの利用者によってリスクの高さは異なるという事です。

カード現金化で自己破産できない可能性もあり

度重なるカード現金化でより返済苦が悪化、行き着く先が自己破産というケースもあります。
自己破産は借金苦に困る人の最終手段で、破産が認められば返済義務が一切なくなり、人生の再スタートができます。

しかし、どんな人でも自己破産が認められる訳ではありません。
自己破産には免責不許可事由というものがあります。

借金の理由がギャンブル、過度な浪費といった場合は免責不許可事由に当たり、自己破産できないかもしれないのです。
もし自己破産ができなければ無職であっても、借金は変わらず返済し続けなくてはいけません。
カード現金化もカード会社の利用規約を違反していますから、免責不許可事由に当てはまる可能性は十分にあります。

もちろんギャンブルや浪費起因であっても今後の生活態度が改善される可能性があると認められ、免責が下りる事もあります。
しかしカード現金化が免責不許可事由に当たるかもしれないという点は、絶対に知っておかなくてはなりません。

それでもカード現金化しかない!

そこまで切羽詰まってなくキャッシングもカードローンも利用できる人なら、何もこんなにリスクを負ってまでカード現金化する必要はないと思うでしょう。
でも、それでもカード現金化しかないという人は多いのです。

クレジットカードのキャッシング枠も空いておらず、すでに多重債務の為カードローンの審査にも通らない…
それなのに支払日が迫っており、早急に現金を作らないといけない。

そんな時にショッピング枠にいくらか余裕があれば、カード現金化してでも現金を手に入れたいと思いませんか?
カード現金化は、そういった人の為の裏ワザなのです。

もちろん今回まとめたデメリットはしっかりと知った上で、必要最小限を利用する事が原則です。
まずはカード現金化でピンチを乗り越え、次の対策を早急に考えるようにしましょう。

簡単かつ高還元率でクレジットカードを現金化する方法

クレジットカードの枠を現金にする方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は専門の業者を利用することです。 特にオンラインで手続きと振込が完結する業者がおすすめです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最低額3万円〜100万円以上まで対応で買取率も高くて、決済できれば最短5分で入金されます。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

自分のクレジットカードさえあれば主婦や無職の人でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2019年07月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。