クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

ドコモケータイ払い現金化でピンチは乗り越えられるか

携帯電話会社のNTTドコモには、ケータイ払いという独自の決済システムがあります。
その決済システムを利用すれば、今現金の手持ちがなくても後払いで有料のサービスを利用することができます。

後払いができるサービスなら、クレジットカード現金化に利用できるのではないかと期待が膨らみます。
実際に、ケータイ払いがカード現金化に活用できるのか詳細を見てみましょう。

こちらの記事も合わせてご覧いただくと理解が深まります。
関連:ケータイ払い(キャリア決済)の現金化は違法か?

なお、ソフトバンクでの同様のスキームを行うには以下の記事を参照ください。
関連:ソフトバンクまとめて支払いを現金化する方法

ドコモケータイ払いとは

ドコモケータイ払い
ドコモケータイ払いとは、ドコモの携帯電話料金の支払いと一緒に様々な有料サービスの料金を支払う決済システムのことです。
NTTドコモで契約している携帯電話があれば利用ができます。

携帯電話料金は基本的に後払いですね。
今月利用した分の電話料金は、来月に1ヶ月分まとめて請求がくるでしょう。
ケータイ払いを利用すれば後から請求が来るドコモの携帯電話料金と合算して、料金を支払うことができます。

例えばネットショッピングなどで買い物をするとき、通常はネットショップ側が支払いが確認できてからの商品発送となるでしょう。
クレジットカードが使えない人は前払いを選ぶしかなく、手持ちの現金が足りなければ泣く泣く買い物を諦めなくてはいけません。
でももしドコモケータイ払いで決済ができるなら、後から料金を支払うことができます。

携帯電話やスマートフォンははほとんどの人が利用しているサービスなので、ケータイ払いを活用すればクレジットカードが無くても便利に後払いが利用できるのです。
また、通話料金と合算して請求がくることから、電話料金合算払いとも呼びます。
携帯電話の料金はクレジット払いしている人も多いため、ドコモケータイ払いが現金化できればカード現金化にも繋がります。

ドコモケータイ払いを利用できる条件は?おサイフケータイとの違い

お財布ケータイ
ドコモの携帯やスマホを利用しているけど、機種がケータイ払いに対応していないから使えないのではという声も聞かれます。
しかしケータイ払いは機種を問いません。

よくケータイ払いと混同されるおサイフケータイは、携帯端末に搭載されたチップをお店に置いてある読み取り機にかざして支払いができます。
そうするとあらかじめ登録していた電子マネーの残金から料金が支払われます。

おサイフケータイは携帯端末にFelicaというチップが搭載されていなければ、使用することができません。
iPhoneもFelicaチップが入っていないためそのままではおサイフケータイが使えないのですが、オプションのおサイフケータイジャケットを装着すれば利用可能です。
でもおサイフケータイは前払い式なので、現金化には向かないのです。

しかしケータイ払いはあくまでも後日請求が来る電話料金と合算して請求するだけなので、機械の機能にはこだわりません。
だからこそドコモケータイ払いはクレジットカード現金化にも活用できるのです。

ドコモケータイ払いが利用できるには、以下の条件が必要です。
・NTTドコモと契約していること
・iモード契約、もしくはspモード契約していること

以上の条件を満たさなければ、ドコモケータイ払いは利用できません。

ドコモケータイ払いはどんなサービスが利用できる?

肝心なのは、どこでドコモケータイ払いが使えるかという点です。
ドコモケータイ払いと言うぐらいですから、ドコモ関連の有料サービスなら利用可能です。
例えばdゲーム、dショッピングといったdマーケット内の有料サービスを利用するときに、ドコモケータイ払いが利用できます。

他にもYahoo!ショッピング、DeNAショッピングなどでドコモケータイ払いが利用できます。
ケータイ払いに対応しているサイトは、ドコモのサイトでチェックしてみましょう。

利用するときに気をつけて欲しいのが、暗証番号の入力間違いです。
ドコモケータイ払いの利用方法は簡単で、お支払い方法選択画面でケータイ払いにチェックを入れるだけです。
しかしどの携帯電話料金と一緒に支払うのか確認する必要があるので、ドコモの暗証番号の入力を求められてくるのです。

ここで利用するパスワードは決してspモードパスワードではありません。
ネットワーク暗証番号という4桁の番号を契約時に登録しているはずなので、必ず正しく入力する必要があります。

万が一3回暗証番号を間違えてしまうと、ロックがかかってしまいます。
暗証番号がロックかかってしまったなら、ドコモインフォメーションセンターに電話するかドコモショップに行かないと解除できず、現金化もますます遅くなってしまいます。

ドコモケータイ払いを即日現金化に利用するには

スマホお金
ドコモケータイ払いは手持ちの現金が無くても、有料サービスを利用したり品物を買ったりすることができます。
しかし現金そのものをすぐ手に入れたいときには、どうにかしてケータイ払いで購入したものを現金化しなくてはいけません。

現金化する方法は二通り、1つ目は単純にケータイ払いで購入したものを買い取ってもらい現金を受け取る方法です。
確実に現金化できますし品物は実際手元に郵送されるので、現金化がばれる心配が少ないです。
Yahoo!ショッピングなどのショッピングサイトを利用し、現金化しやすい商品を購入するといいでしょう。
あるいはモバオクを利用し、換金性の高い商品を落札してケータイ払いする方法もあります。

しかし自分でドコモケータイ払いを使って現金化するには、非常に時間がかかります。
まずはケータイ払いで購入した商品の到着を待たなくてはなりません。
手元に商品が届いてから売却し、その後やっとで現金を調達できます。

即日現金化するには、買い物した直後に買い取ってもらえる商品でなくてはいけません。
高く買い取ってもらえる商品や買取店を探すのも非常に手間がかかります。

もう一つの現金化のやり方は、最初からドコモケータイ払いの現金化を目的とした会社のサービスを利用することです。
よくあるクレジットカード現金化を利用する方法と同じで、決済が確認できたら還元率に応じた金額が口座に振り込まれます。
まだまだサービスを行っているところは少ないですが、即日で現金化したいならこの方法が向いています。

現金化サービスを利用してドコモケータイ払いを現金化する流れ

流れ
では、具体的に現金化サービスを利用したときの流れを見てみましょう。
まずはドコモケータイ払いに対応した現金化業者を探し、そのサイトにアクセスします。

その際には、以下の点に注意します。
・利用可能枠の確認
・パソコンメールの受信許可
・URL付メールの受信許可

申込確認の連絡はメールで来ます。
携帯電話やスマートフォンのメールだと、PCメールやURL付きメールを受信拒否している場合があります。
その場合は、現金化業者からの確認メールが届きません。
申込前には必ずメール設定を確認しましょう。

申込フォームに簡単に必要事項を入力して送信したら、メールが届きます。
そのメールには申込の際の注意事項やドコモケータイ払いをするURLが記載されているので、それに従って手続きを進めていきます。

決済の画面ではドコモケータイ払いを選びます。
決済が完了したことを業者が確認できれば、指定した口座にお金が振り込まれます。
時間はおよそ30分から1時間、即日で現金化が可能です。

ドコモケータイ払いの現金化はいくらまで利用できる?

ドコモケータイ払いは、あらかじめ利用限度額が設定されています。
未成年と契約してから3ヶ月以内の人、法人契約は上限が月1万円と決まっています。
成人していれば4ヶ月以上24ヶ月以内で月3万円、25ヶ月以上だと月5万円まで上限を設定できます。
上限を越えない範囲であれば、限度額を任意で設定できます。

つまり2年を超えて契約をしている人なら、最高5万円まで利用限度額を設定できるということになります。
もし現金化サービスの還元率が80%なら、5万円利用したときに4万円が振り込まれる計算ですね。

ドコモケータイ払いの利用限度額は変更できる?

ケータイ払いの限度額は自分で設定することができるので、使いすぎが心配な人は少なめに設定するといいでしょう。
しかし、急にまとまったお金が必要になったとき、限度額も一時的に大きくしておきたくなることもあります。

利用限度額の設定はdメニュー、もしくはiMenuから行うことができます
設定できるのはもちろん上限を超えない範囲になります。
成人していて25ヶ月以上利用していれば月5万円までの範囲で、利用限度額を設定できます。
ドコモケータイ払いの上限はあくまでも月5万円なので、いくら申請したところでそれ以上の金額に引き上げてくれることはありません。

また、利用限度額の変更の反映は、即行われるわけではありません。
タイミングによっては翌々月になることもあるので注意が必要です。

ドコモのケータイ払い以外の決済方法は現金化可能?

NTTドコモにはケータイ払い以外にも、「タッチでお支払いiD」と言うサービスがあります。
タッチでお支払いiDは携帯端末を読み取り機にかざして決済を行うサービスなのですが、おサイフケータイのように前払いではありません。

後日カード発行会社に使った分の料金を支払う後払い式になります。
後払い式なので、手持ちの現金が無いときでもお買い物ができますし、現金化に利用することもできます。
つまり、携帯電話自体がクレジットカードの代わりになるようなものだと捉えていいでしょう。

タッチでお支払いiDは利用できるところが非常に多いです。
主要コンビニやファストフード店、ショッピングセンターなど、一般に馴染みのある店で多く利用ができます。
お店に「iD」のマークがあれば、タッチでお支払いiDに対応しているということになります。

ただし、タッチでお支払いiDは、手持ちのクレジットカードが「iD」サービスに対応していなくてはなりません。
Felicaチップが入っていない携帯端末の場合だと、別途カード発行が必要になります。

クレジットカード現金化にはなる?

ドコモケータイ払い現金化は、クレジットカードを持たない人でも利用できるのがメリットです。
さらにドコモの携帯電話の支払いをクレジットカードに設定していれば、結果的にカード現金化になります。
現金化自体がカード利用規約に違反してしまうので、カード現金化サービスは非常にグレーなサービスとなっています。

しかしドコモケータイ払いを利用すれば携帯電話料金を支払っているのに過ぎないので、カード会社から目をつけられにくいというメリットがあります。

ドコモケータイ払い現金化のデメリット

色々とドコモケータイ払い現金化のメリットを挙げましたが、もちろんデメリットもあります。
デメリットは以下の通りです。

・ドコモと契約していないと意味がない
・料金を滞納していたら使えない
・利用できる金額が少ない
・利用できるショップ、現金化業者が少ない
・還元率がいまいち

当り前のことですが、ドコモの携帯電話を利用していないと使えません。
ただし、auでも同じように通話料金と合算して後払いできるシステがあります。
ソフトバンクではありませんし、他のMVNO業者でも通話料金合算後払いがありません。
つまり、ドコモかauのユーザーじゃないと、利用が難しいシステムということになります。

携帯電話料金滞納でドコモケータイ払いが利用不可

ドコモケータイ払いも信用第一です。
ドコモと契約している人なら別に申込まなくても使えるのですが、未納料金がある状態だと当然使えません。
その未納が改善されれば、元通りに使えるようになります。

ただし、滞納が直近で2ヶ月続いていると、その後のケータイ払いの使用ができなくなる恐れがあります。
携帯電話料金はどうしても借金より支払いがルーズになってしまいがちですが、端末料金の分割も一緒になっていることが多いため、延滞するとブラックリスト掲載の対象になってしまいます。

カード現金化を利用しようとする人はお金に切羽詰まっていることが多く、電話料金も滞納しがちです。
しかし決して携帯電話料金の支払いを軽んじることは止めましょう。

ドコモケータイ払い現金化のまとめ

ドコモケータイ払いに対応してい業者が少ないのがネックですが、買取式を利用すれば自ら簡単に現金化が可能です。
それにクレジットカードを持っていない人にとってドコモケータイ払いは後払いができる数少ない決済方法です。
ドコモの携帯電話やスマートフォンを利用する人にとっては、現金化の裏技として十分に活用できる方法でしょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年08月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス