クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

クレジットカードのスキミング被害の手口と防衛策

クレジットカードを持っている人なら、決して他人事ではないのがスキミングです。
クレジットカードはとても便利な存在で、現在の社会では欠かせない存在になりつつあります。
実際にクレジットカード決済じゃないと利用できないサービスも多くあります。

しかし、どんなに気を付けていても、完璧なセキュリティというものはありません。
クレジットカードには大事な情報が詰まっており、もし第三者に知られてしまうと大きな被害を被る可能性もあります。
特にこれからカード現金化しようと思っている人は、スキミング被害を警戒していた方がいいでしょう。

スキミングとは

スキミングには「すくい取る」という意味があります。
通常スキミングというと、クレジットカードのデータを盗み取るスキミング被害の事を指している事が多いですね。

スキミングとは、クレジットカードからデータを盗み取る事です。
データを盗み取る為のスキミングマシン(スキマー)にカードを通し、データを抜き取ります。

スキミングマシンはとても小型で、あらゆるところに仕掛ける事ができます。

今はネットショッピングでスキミングマシンを購入できますし、調べようと思ったらスキミングのやり方まで調べられるでしょう。

その盗んだデータを元にクレジットカードの不正利用へと繋がってしまうのです。
例えばネットショッピングで次々と品物を購入されたり、カードの複製をされてさらに不正使用されたりすることもあります。

使用したのは悪意のある第三者でも、請求はクレジットカードの名義の人へいきます。
スキミングされたことに気付かず、後から身に覚えのない請求がきて驚いてしまうのです。

また、すぐに不正使用に気付けばカード会社に利用をストップするなど対策も立てる事ができますが、やっかいなのがなかなかスキミングされたことに気付かないケースです。
データを盗んだ側も巧妙で、すぐに気付かれないような少額利用を繰り返すなんてこともあるのです。

毎月身に覚えのない請求があるけど金額が少なかった為、ずっと被害に気づかなかったなんてケースもあるのです。
気が付いた時には積もりに積もって、被害総額が大きくなってしまいます。

スキミングにおけるクレジットカードの種類

スキミングされるクレジットカードには、種類があります。

・磁気カード

カード裏面に黒い帯(磁気ストライプ)があるカードです。
銀行の通帳にも黒い帯が付いているのを見たことがないでしょうか?
あれが磁気ストライプです。

クレジットカードも以前磁気カードだけだったのですが、スキミングがとても用意でカード複製もよくされていました。
その為、現在は磁気タイプからICタイプへ移行されつつあります。

・IC接触型

クレジットカードにICモジュールと呼ばれるものが組み込まれているタイプで、読み取り装置とICモジュールを直接接触させることで、データの読み書きが可能となります。
海外ではICのみのクレジットカードが実現できていますが、日本では磁気テープとICモジュールの両方が搭載されているカードが多いです。

・IC非接触型

ICモジュールが搭載されているタイプのカードですが、読取機とカードを接触させる必要なく無線通信でデータのやりとりができるタイプです。
電子マネーカードに多くみられます。

また、接触型と非接触型の両方を兼ね備えたカードも存在しています。

スキミングの詳しい手口

スキミングの方法は、カードの種類によっても少々異なります。
接触型の場合、カードの読取機にスキミングマシンを取り付ける事でデータを抜き取る事ができます。

例えばATM、お店のカード読取機などがあります。
これらの読取機に誰かがスキミングマシンを取り付け、何も知らずにクレジットカードを通す事でデータが取られてしまいます。
取り付けた人がスキミングマシンを直接回収する事もありますし、マシンからデータを飛ばして抜き取る事もあります。

店外のATMならまだしも、いったいお店のカード読取機にどうやってスキミングマシンが取り付けられるのでしょうか。
それはなんとお店の主、もしくは店員である可能性もあるのです。
もちろん空き巣で忍び込んで取り付けられるなんてケースもありますが、海外だと店員が悪意を持ってスキミングする事もあるのです。

非接触型の場合、もっと簡単にスキミングができます。
わざわざカード読取機にカードを通す必要もなく、近づけるだけでスキミングができるのです。
例えば満員電車、エレベーターの中など、他人と近づく機会のある場所で思いがけずデータを取られてしまうのです。

スキミング被害にあった時の保障

クレジットカードを不正利用した人が悪いんだから、スキミング被害にあっても保障されるべきと思っていませんか?
残念ながらそれは違います。

確かにスキミングをする人が悪いのですが、不正利用されないように対策をされていないとカード会社は全く保障してくれないのです。
例えばクレジットカードの暗証番号が生年月日の並びだった場合、免許証と一緒に盗難されてしまうと簡単に不正利用されてしまいます。

この場合、所有者側の過失とみなされ、不正利用された分の料金も請求されてしまうのです。
もし何十万という大金を不正利用されてしまって後から請求がきてしまったら…
こんな恐ろしい事はありません。

他にもカードの裏面に署名がない、家族による不正利用、規約違反に関連する被害といった場合も保障の対象外になります。

自分でできるスキミング対策

カード会社で必ず保障してくれるとは限りませんので、できる限りのスキミング対策は講じるべきです。
では、自分でできるスキミング対策について見てみましょう。

まずは基本ですが、容易に推測されてしまうような暗証番号を設定していたり、忘れないようにとメモした紙をクレジットカードと一緒に保管したりする行為はいけません。
盗難されても第三者が推測できないような番号に設定しておくことで、簡単な対策ができます。

また、接触型の場合、クレジットカードを紛失しないようにしっかりと管理する事で大方被害を防ぐ事ができます。
車上荒らしによってカードを盗られてしまうなんて事もありますから、施錠はしっかり行う事が大切です。

そして海外旅行の場合、怪しげな店の利用を避けるなどの自己対策をする事もできます。

非接触型の場合は、データを抜き取られたとしても暗号化されたデータを解析するのは非常に困難なので、それほど心配する必要はないと言われています。
それでも確実とは言えませんので、電波の送受信を防止する財布などにクレジットカードを保管するなどの対策をすると安心でしょう。

また、被害を最小限に抑える為に利用明細書はこまめにチェックする事が大切です。
少額ずつ利用してばれないようにする手口もある為、身に覚えのない請求は必ず確認しましょう。

もしスキミング被害にあったら

もしスキミング被害にあったと分かったら、即カード会社に連絡をして利用を止めておきましょう。
そうしないとどんどん不正利用をされてしまうばかりです。

クレジットカードの再発行はお金がかかるかもしれませんが、それでも不正利用されるよりはましです。
そして必要に応じて、警察への届け出をする事も大切です。

スキミングとカード現金化

カード現金化業者は、残念ながら悪質な業者も多く潜んでいます。
店舗型業者は安心という意見もありますが、そのような店舗でスキミングが行われていないとは決して言いきれないのです。

かといってインターネット専業の業者が安心かといえばそうでもありません。
インターネットの場合フィッシング詐欺もありますし、還元率を偽ったり現金化詐欺だったりする場合もあります。

しかも万が一不正利用にあったとしても、それがカード現金化に関連する事だったらカード会社は保障してくれないどころか利用停止・強制退会をさせられてしまう恐れがあります。
100%安全にカード現金化を利用する方法はないのかと問われると、ないとしか答えられません。

それでも現金化しなければ困る場合は、やはり少しでも信頼できる業者に依頼するしかないのです。
これはカード現金化に関わらず、通常のクレジットカード使用に言える事でもあります。

カードのスキミング被害まとめ

安心してクレジットカードを使うには、やはりできる限りの自己対策が必要です。
カード現金化を利用するならなおさら自己対策は大事でしょう。

自分だけは絶対に被害に遭わないという過信も危険なので、万が一スキミングされたときの対策や手口についての情報は常にチェックしておきましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、ハピネスです。

最高換金率も98.8%と非常に高くて人気の高い現金化業者です。 即日プランなら最短3分で振込可能で迅速。ネットバンクで夜間の振込可能。カードトラブル0件、リピータ率88.2%で実績も十分。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、ハピネス公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年11月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス