クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

クレジットカードの締め日と支払日を把握しよう

カード現金化する前に、計画的な返済を考えておく必要があります。
現金化したお金を受け取ってつい忘れがちですが、のちに必ずカード会社からの請求がやってきます。

けれどその前に、今日クレジットカードを使った分は、いつどれくらいの金利手数料を含めて支払えばいいのか分かっていますか?
カード現金化じゃなくてもクレジットカードを利用しているなら、絶対に知っていて欲しいのが締め日と支払日です。
ここではクレジットカードの締め日、支払日について見ていきましょう。

締め日と支払日の違い

中にはクレジットカードの締め日と支払日の区別がよくできていない人がいますね。
締め日とは、カード請求額が決定する日付で、1ヶ月分の請求金額が決まる日です。
支払日とは、その決定した請求金額が銀行口座から引き落とされる日です。要するに、お金を支払う日です。

クレジットカードの場合、自動引き落としが多いでしょうから、口座から引き落とされる日が支払日になります。

例えば月末締めの場合、1日から月末までの1ヶ月の利用分合算され、次の支払日に請求されます。
15日締めなら、前月の16日から締め日である今月15日までの1ヶ月間の利用分を合算し、次の支払日に請求されます。

月末の31日に締めても計算に数日かかる事もあり、請求額のお知らせは締め日の数日後になるでしょう。

例)5月末締め翌27日払いの場合
・5月31日に締め、5月1日から5月31日までの利用金額を合算
・6月10日頃に請求額が確定
・6月27日に口座から請求額が引き落とされる

支払日の27日が土日祝日に当たれば、翌営業日に引き落とし日が伸びます。
また、31日締めであるものの、クレジット加盟店からカード会社へデータが送られるのに数日間かかる事もあり、31日利用分は締めに間に合わない事があります。
その場合は、翌月の利用分に合算される事となります。

カード会社によって異なる

クレジットカードの締め日と支払日は、カード会社や契約・カードの種類によっても異なります。
クレジットカードは月末締め翌月27日支払日の場合が多いように感じますが、毎月15日締めの翌月10日支払日であるDCカードのようなクレジットカードもあります。

また、支払日は一緒でも、キャッシングとショッピングで締め日が異なる事もあります。
自分のクレジットカードの契約はどのようになっているか、今一度契約内容を確認してみましょう。

主なカード会社の締め日支払日一覧

下記のようにカード会社により締め日と支払い日はバラバラです。下記を参考に把握しておきましょう。

カード種類   締め日   支払日
三井住友VISAカード 15日または月末 翌月10日または翌月26日
ダイナース 20日 翌月10日
アメックス 20日 翌月10日
JCBカード 15日 翌月10日
セゾンカード 月末 翌々月4日
イオンカード 10日 翌月2日
ニコスカード 5日 当月27日
楽天カード 月末 翌月27日
ライフカード 5日 当月27日または翌月3日
オリコカード 月末 翌月27日
セディナ 月末 翌月27日
ファミマTカード 月末 翌々月1日
セブンカード 15日 翌月10日
ビューカード 月末 翌々月4日
ヤフーカード 月末 翌月27日

給料日に合わせて支払日は設定できる?

自分の会社により給料日も様々ですが、給料日に合わせて支払日や締め日が変更できればとても便利ですね。
消費者金融のキャッシングであれば比較的自由に支払日を設定できるのですが、クレジットカードはあらかじめ決まっています。先ほど紹介したようにカードごとに決まっていますから、自分で調整して返済していくしかありません。利用者側から指定はできません。

でも2種類から選べる三井住友VISAカードもあります。
このように支払日を選べるなら、自分の給料日に合わせて設定するといいでしょう。

カード現金化と締め日・支払日

カード現金化が無事にできると安心してついクレジットカードの支払日を忘れがちになります。けれどしっかりと締め日・支払日を把握しましょう。
基本的な考えは普段のクレジットカードの利用と何ら変わりはありません。

まず、カード現金化を依頼してカード決済をした日が重要です。
そのカード決済をした日が締め日の前ならその次の支払日に請求がきます。
25日にカード決済をして30日締めであれば、その翌月の支払い分に請求が含まれているという事になります。
決してカード現金化業者からお金を振り込まれた日が関係するのではありません。

業者を利用して現金化してもカードを使って決済した日が関係してきます。即日振込みならその日が決済した日です。

利用日を調整できれば支払日を延ばせる

先ほどからお伝えしていますが、クレジットカードには締め日があります。その日をまたぐかまたがないかで大きく返済日が変わります。
例えば、10日にJCBカードで2万円お買い物をしたとします。
JCBカードは15日締め翌月10日支払いですから、この2万円は翌月10日の支払いになります。

けれど、このお買い物を16日にしたとすれば、翌月15日締めに回りますから支払いは翌々月の10日になります。
このように締め日を考えて現金化することができるなら、現金化の支払いを先に延ばすことができます。

セゾンカードであれば、月末締めの翌々月払いですから1日に決済すれば2ヶ月以上もの猶予があります。
それだけあれば、現金を調達することもでき計画的に返済していきやすいですよね。

とはいえ期間があっても油断はしないようにしましょう。

入金は前日までにしておくのが安心

クレジットカードの支払いは、ほぼ口座引き落としが設定されているでしょう。
口座からどのタイミングで引き落としされるのかは、金融機関によっても異なるようです。
例えば朝一のみ引き落としがかけられる場合もありますが、朝・昼・午後と数回引き落としがかけられる場合もあります。

ぎりぎり15時までに口座入金すれば引き落としに間に合うはずと考えていても、朝一1回のみしか引き落とししない金融機関であれば処理に間に合わず支払遅延となってしまいます。
そんな事がないように、できるだけ前日までに口座へ必要な金額を入金しておく事が大事です。

カード現金化とクレジットカードの締め日・支払日の注意点まとめ

クレジットカードの締め日・支払日について要点をおさらいしてみましょう。

・締め日、支払日は自由に選べないので、支払日に合わせて毎月お金を確実に用意する事
・引き落としに確実に間に合うように、前日までの入金を済ませておく事
・店舗からカード会社にデータが届くまで数日ずれが生じる事もある
・請求額は自分で計算した金額ではなく、必ずカード会社から届いた請求書を確認する事

以上の点を踏まえた上で、カード現金化時でも計画的にクレジットカードを利用するようにしましょう。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、ハピネスです。

最高換金率も98.8%と非常に高くて人気の高い現金化業者です。 即日プランなら最短3分で振込可能で迅速。ネットバンクで夜間の振込可能。カードトラブル0件、リピータ率88.2%で実績も十分。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、ハピネス公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年11月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス