• トップページ
  • カテゴリ
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問
  • トップページ
  • カテゴリ
  • 自分でやる現金化
  • 基礎知識
  • 良くある質問
  • 裏技
  • 詐欺トラブル
  • その他
  • 裏技現金化
  • 自分でやる現金化
  • 良くある質問

クレジットカード現金化でカードの利用停止をされない方法

クレジットカード現金化は違法行為ではないものの、クレジットカード会社の規約には違反する行為です。
クレジットカードを作る際、その規約に同意しているわけですから、その規約を破れば、それなりにお仕置きが待っています。

クレジットカード現金化がどのような規約に違反するのかというと、「転売目的での商品購入」です。
転売を目的とした商品購入は規約の中で禁止となっています。

もし規約に違反した場合、クレジットカードは利用停止になってしまうということです。

今回はクレジットカード現金化をする際に気を付けたほうが良い点を含め、利用停止されないように現金化する方法を説明します。

クレジットカードが利用停止されないためにはどうしたら良いか

自分で現金化する場合

自分でクレジットカード現金化する場合、商品を転売した方法を使うことになるでしょう。
クレジットカードで換金性の高い商品を購入し、それを買取業者に持ち込んで現金に換える方法です。

ここで気を付けなければならないのは、換金性の高いものはクレジットカード会社がチェックしているということ。
転売する時、高く売れる商品を選びますよね。でも高く売れる商品=換金性の高い商品の購入はカード会社が目を光らせているから要注意です。

換金性の高い商品を何度も頻繁に購入したり、何個も大量購入したり、明らかに転売目的だとバレるような行為は避けたほうが良いでしょう。

換金性の高い商品とは・・・

*ブランド品
*新幹線の回数券
*高級時計
*ゲーム機類
*パソコンやタブレット
*金券類

この辺りが高く買い取ってもらえますが、クレジットカード現金化に使う際は要注意が必要です。

このように自分で現金化する場合、気を付けなければならないことがたくさんあり、リスクも高い反面、自分で現金化できるため、上手くすれば最大限換金率を高めることができます。

ショッピング枠に注意

ショッピング枠を超えた額を決済しようとすると、カード会社にチェックされ怪しまれます。
自分のショッピング枠を把握しておき、毎月使った額もきちんと覚えておきましょう。

ショッピング枠は超えないよう注意しましょう。

現金化業者を利用する場合

クレジットカード現金化は専門の現金化業者に依頼して現金を受け取ることができますが、ここで利用停止を避けるために大切なことがあります。

優良業者を選ぶこと

ここで優良業者を選ばないと、カード会社に現金化がバレて利用停止を食らうことになってしまいます。

中には悪徳業者もいますが、そのような業者を選んでしまえば、現金化がカード会社にすぐにバレてしまいます。悪徳業者は金儲けしか考えていませんから、利用者がどうなろうと気にしていません。

優良業者なら、カード会社に現金化がバレないよう決済代行業者を挟むなどして、きちんと対策してくれています。
優良業者を利用すれば現金化がバレることはほぼありません。安心して依頼することができます。

キャッシュバック式の業者を利用する

現金化業者では商品買取式とキャッシュバック式の2つが主流となっています。
キャッシュバック式のほうが現金化はバレにくいといえます。

キャッシュバック式は、業者が販売している商品を購入し、その特典として現金を受け取ることができるキャッシュバックが用意されているものです。
商品買取式のように換金性の高い商品を購入するわけではないので、カード会社では現金化だとは分からないのです。

そして、決済も現金化業者が自身でするわけではなく、決済代行会社がクレジットカードの決済を行うため、カード会社は現金化だとは気づきません。ですから、利用停止にはなりにくいといえます。

きちんと支払いすること

現金化したあとは必ず支払いがやってきます。
現金化で利用しても一括、分割、リボと支払い方法は選ぶことができます。

自分に合う支払い方法を選びましょう。もし、支払い困難などで延滞すれば現金化を疑われることもあるでしょう。

現金化に限らず普通にクレジットカードを使った場合も同じですが、必ず使ったあとは支払いをしましょう。
支払いをしなければそのうち利用停止にされてしまいます。

カード会社が要チェックしている人

カード会社は常に現金化を監視しています。
しかし、クレジットカード利用者はとても多く全員を常時監視するのは不可能です。カード会社は利用者を絞って監視しているのです。

例えば、キャッシング枠を全て使い切っている人、いつもの月より急激に利用額が増えている人、返済が遅延する人などは目を付けられているので注意しましょう。

カードの利用停止前に連絡が来る

カードの使い方が怪しいとカード会社に思われてしまえば、利用停止の前に電話で問い合わせがきます。
どのような利用目的で購入されたのか問われます。念のため言い訳を考えておくと良いでしょう。

換金性の高い商品を購入した場合に問い合わせがくることが多いので、自分で現金化する場合はやはり注意が必要です。

利用停止になった例

実際にクレジットカード現金化をしてカードが利用停止になった人がいます。
どのようなことをして利用停止になってしまったのでしょう。

・1度に高額な決済をした。

・換金性の高い商品を購入した。

・利用限度額を超えてしまった。

このように先ほどから説明している通りの注意ポイントです。
利用停止にならず、安全に現金化できる方法としては、現金化業者を使うことです。

現金化業者はカード会社にバレないよう徹底しています。
しかし、カードの利用停止のリスクは低いものの、デメリットは換金率があまりよくないことです。

そして自分でやる現金化は利用停止のリスクは高いですが、やり方次第では高換金率が期待できます。
どちらで現金化するかはあなた次第ですが、利用停止のリスクを避けるなら、現金化業者を使うのが良いでしょう。

この時、優良な業者を選びましょう。
決して悪徳業者などを利用しないよう、良く調べてから申込みしましょう。
口コミサイトや比較サイトなどに掲載されていて、上位にきている業者を選びましょう。

クレカを使って即日現金を調達する方法

クレジットカードでお金を作る

クレジットカードで現金を作ることができます。

やり方は、現金化業者へ申込をして、指定商品をクレジットカードで購入するだけです。

30分くらいで現金を振り込んでもらえます。

仕組みは自分でやる現金化とさして変わりません。

業者にやってもらうと、カード利用停止のリスクが軽減されるのと、不安点を専門家に質問することが出来るのがメリットです。

もちろん「在籍確認は不要」「給与明細も不要」ですし、そもそも借入れでは無いので総量規制は無関係。収入がない無職の人や、専業主婦でも利用できます

返済はリボ払いや分割払いで、いつも通りクレジットカード会社へ返済するだけ。

闇金みたいに給料日に電話催促がくるなんてこともありません。

私がおすすめする現金化業者は「アースサポート」です。

営業時間は7:30〜22:00と遅くまでやってくれているし、土日祝日も営業していてい即日振り込み可能です。

最高換金率は98.8%、ホームページにもちゃんと換金率表が掲載されています。


アースサポート

金額はカードにもよりますが、私の楽天カードでは30万円まで行けました。

無料見積もりも出来るので、気になる方は是非公式サイトから申込してみてください。