クレジットカードを現金化する方法のまとめ集
預金通帳男性

ブラックリストでもカード現金化は可能か

ブラックリスト入りすると、お金を借りることは非常に難しいですね。
もし現金がピンチになってしまったら、頭を悩ませることでしょう。
そんなときカード現金化でも利用できたら、そんな風に考える人もいるのではないでしょうか。
でもキャッシングの審査に落ちてしまうブラックリストの人が、カード現金化を利用することができるのでしょうか。

審査なしだからブラックでもOK!

ブラックリスト入りになっている人でも、条件さえ満たせばカード現金化は利用できます。
カード現金化を利用するには、ショッピング枠が利用可能な自分名義のクレジットカードさえ持っていれば大丈夫なのです。

クレジットカードを持っていれば、特に現金化サービスを利用する時の審査は一切必要ありません。
カード名義の人か確認するため、本人確認書類をチェックするだけです。
ですからブラックリストであるかどうかは、カード現金化利用で何も関係ないのです。

ブラックリストとは

そもそもブラックリストとは一体何の事なのでしょうか。
名前は聞いた事あるけど、詳しくは知らないという人は多いはずです。
知っているはずでも誤解されていることもあるので、ブラックリストが何のことなのかチェックしてみましょう。

信用情報機関にネガティブな情報が掲載されること

ブラックリストとは、信用情報機関にネガティブな情報が掲載されることです。
信用情報機関とは、収入や勤務状況、住まいの状況、借入情報、公共料金の支払い状況などのことです。
借入審査ではこれらの情報を分析し、社会的にどれだけ信用があるかを判断します。

そして信用情報を取り扱う第三者機関が、信用情報機関といいます。
信用情報機関ではクレジットカードの利用状況やローンの支払い状況や申込状況が登録されています。

ローン申込があれば、金融機関は信用情報機関に照会をかけます。
するとその申込者の債務情報がすぐに分かるのです。
信用情報機関はあらゆる金融機関が利用しているので、他社で借りた履歴も分かるようになっています。

クレジットカードでブラックリストになる

実際にブラックリストがあるわけではありません。
しかし、あまりにも金融面で悪いことが起こると信用情報に登録され、その状況がブラックリストと呼ばれるのです。

具体的には返済が3ヶ月以上遅れてしまったり、債務整理をしたりすることです。
1日、2日支払いが遅れただけでブラックリストになるわけではありません。
ブラックリストはかなり悪い状況なので、信用情報を照会したら一目でブラックと分かり、即借入審査に落ちてしまいます。

だからといって、3ヶ月以上延滞していないから安心という訳ではありません。
1日でもクレジットカードの支払いに遅れてしまったら遅延金が発生します。
そして期日に遅れたという事実は、しっかりと信用情報に記載されます。

ブラックリストが赤信号なら、その手前は黄色信号ということになるでしょう。
もちろん黄色信号ばかりの人も信用的には悪いので、借入審査に落ちてしまう原因になります。

また、クレジットカード会社は新規申込者だけではなく、既に利用している人でも途中で信用情報の照会をすることがあります。
これを途上与信と呼ぶのですが、その際にブラックリストが発覚したりその他不安要素があったりすると、カード利用停止されてしまう恐れは十分にあるのです。
カード利用停止にする基準はカード会社によっても異なるので、常に利用状況には注意が必要です。

一度ブラックになるとどうなる?

もし一度ブラックリスト状態になってしまったら、いったいどうなるのでしょうか?
信用情報機関には、ブラックリストの情報は約5年間保管されます。

ブラックリストと呼ばれる状態は、どんな金融機関でもお金を貸してくれません。
貸してくれるのは信用情報機関の照会を行わない、闇金ぐらいなものです。
ブラックな情報が消えてしまうまで、借入新規申込が一切できなくなるのです。

ブラックになるとキャッシングやカードローンだけではなく、家電ローンや携帯電話端末の分割ローン審査でも響いてきます。
5年間は欲しいものがあれば、お金を貯めて一括払いで購入するしかありません。

カード現金化がブラックリストに影響を与える?

なんとなく後ろめたいのがカード現金化です。
それはカード会社の利用規約に違反してしまうからでしょう。

でもそうなると、心配なのがカード現金化利用自体がブラックになってしまわないかという点です。
カード現金化を利用後も、ローンのお世話になることはあるでしょう。

ブラックになってしまっては数年間分割払いができなくなってしまうのですから、カード現金化がブラックの対象にならないか調べてみましょう。

現金化はブラックリストにならない

カード現金化の利用のみで、ブラックリストになることはありません。
そもそもカード現金化サービスへの申し込み自体は借入申込とは異なる為、その行為自体が信用情報機関に記録されることはないのです。
記録されるのは、ごく普通にクレジットカードを利用した履歴のみです。

ただし、カード現金化によってクレジットカードが強制解約のペナルティを課せられたときには、信用情報に掲載されてしまいます。
強制解約は何らかの違反をしたことが予想されるので、借入審査にはかなり不利益になるでしょう。

過去に強制解約になった履歴があったとしても借入審査にまったく通過しない訳ではありませんが、問題視される可能性は非常に高いです。

そして、カード現金化の利用後しっかりと返済しなければもちろん不利益な情報が残ります。
期日までの支払いをしっかりと行うことはとても重要です。

カード会社内でのブラック?

債務整理などの本当のブラックリストでも、数年経てば情報はすっかり消えてしまいまっさらな状態になります。
その状態になれば、キャッシングもカードローンも申し込めますし、審査通過できる可能性が広がります。

ただし、どんなに信用情報がまっさらな状態になったとしても、絶対に消えない情報があるのです。
それは社内ブラックです。

社内ブラックとは、カード会社が独自で保管しているブラックリストの事です。
表にでないリストなので、第三者信用情報機関が決めているような保管期間もはっきりしていないのです。

例えばAというカード会社で現金化した人物がその事実を会社に知られてしまうと、強制解約となります。
その事実は半永久的にA社に保管されてしまい、二度とA社のクレジットカードが作成できなくなるのです。

別の会社の借入なら利用できるチャンスはありますが、信販会社は銀行の保証会社をしていることも多いので、どの保証会社が審査を行っているかも大切なポイントになります。

ブラックリストだと利用停止のリスクは高い

別のクレジットカードやキャッシングで滞納してしまい、ブラックリストになってしまったとしても、返済を正常に行っているカードが利用停止になることはありません。

ただしカード会社は契約途中で審査を行うことが多々あります。
もし契約途中の審査で他の借入状況に不安視されるような情報があれば、利用停止されてしまう恐れがあります。

ブラックリストになるような借入状況の人は、かろうじて利用し続けているカードもギリギリの状態になっているでしょう。
借入利用枠はいっぱいの状態になっていないでしょうか?

そのような人はカード会社も注意している可能性が高く、現金化が疑われるような利用をすれば即カード停止になってしまうかもしれません。
つまり、ブラックリストの人は現金化によるカード利用停止のリスクも高いのです。

目立つ利用は避けよう

ブラックリストでもカードのショッピングさえ使える状況なら現金化できますが、信用情報機関に不利益な情報が掲載されている人は黄色信号が点灯している状態です。

ブラックリストの人はよりカード現金化利用は目立ちやすいので、利用停止のリスクが高いと考えておきましょう。
どうしても利用したいという場合も、高額利用や換金性の高い商品を数個購入する行為はやめましょう。

高還元率でクレジットカードを現金化するなら

換金クレジット
最高換金率 96.0%
特徴 土日祝日や夜間の振込も対応。ネットバンクで24時間振込可能。換金率テーブルも公開されているので検討もしやすい。カードが止まるなどの事故も0で実績も十分
即日振込
夜間対応 ゆうちょ・ジャパンネット銀行・楽天銀行
土日祝日振込
評価 ★★★★★ 4.5 ( 評価を見る )
このサービスを利用する
お手元にクレジットカードをご用意ください

あんしんクレジット
最高換金率 98.8%
特徴 運営15年以上の定番の現金化サービス<。最大換金率に注目が集まりがちだが実質の換金率でみると平均レベル。換金率5%UPクーポンプレゼントのキャンペーンなんども話題。
即日振込
夜間対応 ゆうちょ・ジャパンネット銀行・楽天銀行
土日祝日振込
評価 ★★★★☆ 4.3 ( 評価を見る )
このサービスを利用する
お手元にクレジットカードをご用意ください

大吉屋
最高換金率 95.0%
特徴 最高95%で当日プランでも94%と平均して高い換金率で人気。VISA以外のJCB、Masterなどのブランドにも幅広く対応。運営年数も長くリピータが多い。
即日振込
夜間対応 ゆうちょ・ジャパンネット銀行・楽天銀行
土日祝日振込
評価 ★★★★☆ 4.1 ( 評価を見る )
このサービスを利用する
お手元にクレジットカードをご用意ください

換金クレジット
お申し込み

最高換金率96.0%

即日振込

振込対応土日祝○ 24時間(ネットバンク)

リボ・分割

評価★★★★★ 4.5

特徴土日祝日や夜間の振込も対応。ネットバンクで24時間振込可能。換金率テーブルも公開されているので検討もしやすい。カードが止まるなどの事故も0で実績も十分
>> レビューを見る

お申し込み
あんしんクレジット
お申し込み

最高換金率98.8%

即日振込

振込対応土日祝○ 24時間(ネットバンク)

リボ・分割

評価★★★★☆ 4.3

特徴運営15年以上の定番の現金化サービス<。最大換金率に注目が集まりがちだが実質の換金率でみると平均レベル。換金率5%UPクーポンプレゼントのキャンペーンなんども話題。
>> レビューを見る

お申し込み
大吉屋
お申し込み

最高換金率95.0%

即日振込

振込対応土日祝○ 24時間(ネットバンク)

リボ・分割

評価★★★★☆ 4.1

特徴最高95%で当日プランでも94%と平均して高い換金率で人気。VISA以外のJCB、Masterなどのブランドにも幅広く対応。運営年数も長くリピータが多い。
>> レビューを見る

お申し込み
※ご利用の際はお手元に自分名義のクレジットカードをご用意ください。