クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

カード会社にばれないように現金化するには

家族や知人にばれないようにカード現金化したいという人もいますが、そこは特に気にしない人もいます。
しかし家族や知人に現金化利用が知られても、カード会社だけにはばれたくないのではないでしょうか。
いったいどうしてカード会社に現金化がばれてはいけないのか、そしてばれないようにするにはどうしたらいいのかを考えてみましょう。

カード現金化は利用規約違反?

カード現金化は違法ではありません。
しかしクレジットカード会社の利用規約違反なのです。
もし規約違反が見つかれば強制退会され、一括弁済を求められる恐れがあります。

損な利用規約なんて見たことないという人もいるかもしれませんが、「換金目的でクレジットカードを利用することを禁止」このような文言が必ず会員規約に記載されているはずです。

これはどのクレジットカード会社でも同じです。
法的にはグレーゾーンなので現金化しても現金化利用者は摘発されませんが、カード会社からはペナルティを化せられます。

自己破産するときに面倒なこともあり

カード現金化が法的には問題ないといっても、ルール違反をして作った借金であることは間違いありません。
その為、自己破産する時に問題になることがあります。

自己破産は払いきれない借金を帳消しにして人生を再スタートできる方法として知られていますが、どんな場合でも自己破産が認められる訳ではないのです。
自己破産には免責不許可事由というものがあります。

これは自己破産が認められない理由という意味です。
免責不許可事由に当てはまるのは、著しい浪費、ギャンブルで作った借金です。

もちろん浪費で作った借金でも自己破産できる場合はありますが、不許可事由に当てはまるからという理由で認められない可能性は十分にあります。
不正して借金した場合も当てはまります。

FXは投資といいますが、ギャンブルのようなものです。
FXの投資するお金を作る為に借金をし破産を申し立てても、免責不許可自由になるかもしれません。

そしてカード現金化も同様です。
キャッシングができず他の借金もできないとき、追い詰められて最後の手段でカード現金化する人もいるでしょう。
カード現金化は何度も繰り返すと支払うべき金利の負担もだんだん増えるし、現金化業者へ支払う手数料も負担になります。

結局借金が払えなくなって自己破産を申し立てる人も多いですが、手続きしようとしたときに現金化行為が発覚すると、免責不許可事由になるかもしれないのです。

なぜ現金化業者にばれるのか

人気クレジットカードの場合、カード会員は何万人といるでしょう。
その一人一人のカード利用をいちいち監視することはできないですし、効率が悪いです。
それでもなぜ現金化がばれるのでしょうか。

公開はしていませんが、現金化しているのではないかという動きを独自にシステム化しており、そのシステムに引っかかったときにカードが利用停止になるのです。

ただ、必ずしもシステムに引っかかるのは現金化をした人ばかりとは限りません。
中には現金化とはまったくの濡れ衣で、何かの手違いで引っかかってしまうこともあります。
システムに引っ掛かって利用停止になるのはあくまでも仮の手段なので、その後カード会社に連絡して事情を話し疑いが晴れれば、利用再開ができます。

どんな人が疑われるのか

カード現金化が疑われやすい属性の人もいます。
それらの属性に当てはまる人は、カード会社も目を光らせています。

・キャッシング枠を使い切っている人
・他の借金が多い人。
・ここ最近借金の申込みが重なった人
・支払いが遅れる事が何度かある人
・ショッピング枠も使いきってしまうことが多い人

これらの条件に当てはまる人は、お金に困っているのではないかということが予想されます。
お金に困っていると思われている人は、カード現金化をするのではと疑われやすいのです。

もしかしたら途中審査されているかもしれません。
カード会社によって途中審査はどのタイミングで行われているのかは分からないのですが、何か不安要素があると監視の目を光らせてくることがあるのです。

現金化に厳しいクレジットカードもある

カード会社によって特に現金化行為に厳しいところがあり、よりばれやすいこともあります。
アメックスやJCBは有名ですね。

VISAやマスターカードはカード現金化でも定番の国際ブランドなのですが、クレジットカードの発行会社ではありません。
発行会社によっては現金化行為について厳しいところもあります。
同じVISAであっても発行会社によって利用停止になる基準も異なるかもしれないのです。

現金化がばれないようにカードを利用するコツ

これは明らかに現金化行為だろうと思われる行為は、利用停止になった後にカード会社に弁明しても利用再開できない恐れがあります。

それは換金性の高い商品の大量購入や連続購入です。
具体的には新幹線やギフト券があります。
でも金券類はクレジットカードで変える種類や金額の上限が決められている。一度に大量購入はできないはずです。
それでもショップや日を分けて連続して買うことはできるでしょう。

同じものを大量購入する行為は、なんだか商売の仕入れのために買っているのではないかと思われますね。
同じゲーム機は何台も必要にはなりませんから、大量に買ったら明らかにおかしいだろうと思われるのです。

一度利用停止になってもその後カード現金化じゃないと主張して疑いが晴れれば、利用再開ができるのですが、本当に現金化しているならその保証はありません。
ですからなるべくカード会社には疑われたくないものです。

クレジットカードで現金を作る方法

もしクレジットカードを持っていれば、 ショッピング枠(買い物するための残高)を使ってお金にすることも可能です。

クレカを使って現金を作る方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は業者を利用することです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、和光クレジットです。

24時間で振り込み対応可能で、夜間や祝祭日も対応していくれます。最高換金率は94%で、最低額(3万円)でも87%と換金率は良好です。 営業歴も長く私もだいぶ以前からお世話になっていますが、今も変わらず運営しているところがいいですね。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、和光クレジット公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2018年08月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。


おすすめの現金化サービス