クレジットカードを現金化する方法のまとめ集

vプリカの残高を現金化する裏ワザ・メリットやデメリットについて

プリペイドカードというシステムが生まれて長くなりますが、最近はクレジットカードを持っていない人でもクレジットカード代わりに使用できるプリペイドカードが増えています。

その中でもvプリカというカードを知っているでしょうか。
vプリカもクレジットカード代わりに使えるプリペイドカードの一つですが、インターネットをよく利用する人に特化したカードなのです。

しかし、プリペイドカードの最大の欠点といえば、一度チャージしてしまうとお金を引き出す事ができないという点です。
vプリカもそのような性質がある為、どうにかして現金化できないかと考える人も少なくありません。

また、vプリカがどのような特徴があるプリペイドカードなのかもよく分からないという人も多いでしょう。
そこでvプリカの特徴や現金化する方法について考えてみました。

vプリカとは

vプリカはインターネット専用のVISAプリペイドカードです。
国際ブランドのVISAがついているので、VISA加盟店であれば国内外問わずチャージした枠内で通常のクレジットカードのように使えます。

vプリカはプリペイドカードなので、クレジットカードに申し込んだ時に行う借入審査はありません。
借入が多かったり過去に金融事故を起こしたりしてクレジットカードが作れない人でも、Vプリカなら持つ事ができます。

vプリカ最大の特徴は、インターネット専用という点です。
カードの実態はなく、カード番号やシークレットコードを入力してオンラインショップの決済にのみ使用します。

ネットショップやサイトの中には、銀行振り込みやATM、コンビニ支払に対応せずクレジットカード決済しか受け付けていない事もあります。

クレジットカードを持てない人だと、そのようなサイトはとても困ります。
そんな人でもvプリカは簡単に作れるので、便利に支払に使えます。

また、海外のゲームサイトの使用料金を支払うのにも便利です。
海外のサイトはセキュリティ面で不安があるためクレジットカードの使用が心配ですが、そんな人には使い切りのプリペイドが安心なのです。
vプリカ申込条件もシンプルで、日本国内在住の18歳以上であれば誰でも発行できるとの事です。

vプリカの種類

Vプリカには2種類あります。
アカウントを開設するタイプと、アカウント開設が不要なタイプです。
アカウント開設が不要なタイプは、Vプリカギフトと呼びます。
Vプリカギフトは使い捨てのプリペイドカードのようなもので、ギフトとして贈るのにも向いています。

わざわざアカウントを登録するのは面倒くさいと考えるかもしれませんが、開設するのもメリットがあります。
それは複数のVプリカ残高を合算できる点です。
Vプリカギフトもアカウントで登録する事も可能で、既存のカード残高に合算したり各種サービスを利用したりすることができるようになります。

vプリカの買い方

vプリカはコンビニでも簡単に購入する事ができます。
アマゾンギフト券などのように陳列されているので、すぐ分かるでしょう。
他にもオンラインショップで購入する事も可能です。
アマゾンギフト券と同じようにカードに記載されている番号がとても重要なので、決してSNSなどで画像をアップしないようにしましょう。

また、vプリカ公式サイトからでも購入が可能です。
その場合の支払方法はクレジットカードかネットバンキングのどちらかになります。

vプリカのチャージ方法

vプリカのチャージはコンビニでできます。
コンビニにあるマルチメディア機を利用すれば、必要な金額をチャージできます。
ただし、それにはちょっとした手間があります。

まず、マルチメディア機で必要な額面のvプリカを購入します。
レジで支払った後、vプリカのマイページにログインしてカード情報→残高合算ボタンをクリックし、購入したvプリカの情報を入力します。
つまり、チャージする場合もいったんは新しいvプリカを購入し、合算という方法で残高をまとめるのです。

vプリカの現金化

vプリカはインターネット専用のプリペイドカードというとても便利なカードなのですが、実店舗では使用できません。
ゲームサイトを利用する為にvプリカを購入したものの、使い切る前に不要になってしまったなんて人も多いのではないでしょうか。
でもプリペイドカードは一度チャージしたお金は現金として引き出す事ができないのです。

vプリカの残高をそのまま現金で引き出す事はできないので、まずは何かを購入してそこから現金化する方法を考えなくてはいけません。
その時に活用できるのが、アマゾンギフト券です。
アマゾンのサイトからアマゾンギフト券を購入し、それから専用サイトで買い取ってもらえれば現金化ができます。
Eメールタイプや印刷タイプのアマゾンギフト券は、15円以上1円単位で購入ができます。
だからVプリカで半端に残った残高を無駄なく現金化ができるのです。

Vプリカでクレジットカードのショッピング枠を現金化できる?

vプリカは公式サイトからだと、クレジットカードでチャージが可能です。
そのvプリカでアマゾンギフト券を購入して売却すれば、間接的にカード現金化が実現します。
ダイレクトにクレジットカードを使うと利用停止のリスクが高いですが、vプリカを買えばそのリスクも減ります。

vプリカを直接売れないのか

クレジットカードでvプリカを購入する方法があるなら、わざわざアマゾンギフト券を買わなくてもvプリカを直接売ってしまえば簡単に現金を作れます。
でもvプリカを売る方法はあるのでしょうか。

vプリカはクレジットカードと同じような扱いをされるため、金券ショップには売れません。
ただし全く売る方法が無いという訳ではなく、ヤフオクで取引されているケースもあります。
プリペイドカードをヤフオクで売るには、そのアカウントに評価がまったくついていないと買い手がなかなかつかないというデメリットもあります。
ヤフオク取引に慣れている人なら、試してみてもいいかもしれませんね。

vプリカ残高を電子マネーに換える方法もあり!

vプリカはVISAカードのように使えるプリペイドカードですから、他電子マネーへのチャージも可能です。
Edyやnanacoなど、クレジットカードチャージできるタイプなら問題はないでしょう。
ただし、電子マネーへのチャージはほとんどが1000円単位なので、1円など半端な金額は残ってしまいます。
もし15円以上あればアマゾンギフト券に換えていた方がいいでしょう。

vプリカ現金化のデメリット・注意点

vプリカには有効期限があります。
発行日より1年後の月末が有効期限なので、ぐずぐずしていると現金化もできなくなります。
また、クレジットカードと同様に大事なカード番号やセキュリティコードが洩れてしまうと、不正利用されてしまう恐れがあります。
しばらく使わないvプリカは、マイページでセキュリティロックしておくのも大切です。
vプリカをダイレクトに売却ができない為、わざわざアマゾンギフト券を買ってから現金化する手間が面倒でもあります。

vプリカ現金化まとめ

個人間で取引をするときを除き、vプリカを直接売ったり、残高を引き出す事はできません。
もしクレジットカードのショッピング枠を現金化したいなら、結局アマゾンギフト券を購入して売却するシンプルな方法を活用する事になります。
手持ちのクレジットカードがあればvプリカサイトよりチャージも可能なので、困った時のカード現金化方法として覚えておくといいでしょう。

簡単かつ高還元率でクレジットカードを現金化する方法

クレジットカードの枠を現金にする方法はいくつかあるのですが、一番簡単で確実な方法は専門の業者を利用することです。 特にオンラインで手続きと振込が完結する業者がおすすめです。

自分で現金化をしようと思うと、なにをどこで購入してどこに売りに行ってということを調べる必要もあるし、間違えるとちゃんと現金に出来なかったりと初心者にはハードルが高いです。 それに、どうしても現金化したことがカード会社にばれる危険性も高くなります。

そのような失敗のリスクを極力下げるためにプロのサービスを利用するのが一番の近道になります。

私がおすすめするのは、ハピネスです。

最高換金率も98.8%と非常に高くて人気の高い現金化業者です。 即日プランなら最短3分で振込可能で迅速。ネットバンクで夜間の振込可能。カードトラブル0件、リピータ率88.2%で実績も十分。

カードローンや消費者金融のように収入の審査とかも無いので主婦や学生でも利用することができます

私も過去に何度か使っていますが、カードの事故(利用停止など)もないし、ここまで条件が良い業者は他にもないのでおすすめしています。

登録方法は簡単で、ハピネス公式サイトのお申込みフォームに、必要事項(年齢、連絡先や希望金額)を入力して送信、すぐに担当者から折り返しの連絡がありますのでそちらの指示に従い手続きをするだけです。 手続きが完了したら、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

どこかに出向く必要もないし、スマホ一つあればその場で手続きは完結して、早ければ数時間でお金が手に入ります。返済はいつも通りカードの引き落としのみなので面倒がなくていいですね。

その他調査済み業者

その他の調査済みの業者は以下の通りです。 最近の調査(2019年04月現在)で換金率の条件も良く、対応もしっかりした優良な業者です。